« ノーベル賞と身近な生活 | トップページ | とんちで答える 地名・国名クイズ »

2019年12月23日 (月)

クリスマス 

0002_20191222230401  昨日の日曜日 ・・・ 朝10時から イエス・キリストの誕生を感謝し、お祝いする礼拝。礼拝後、食事会、そして歌を歌ったり、クリスマスの由来を記した絵本の朗読・・・子どもたちがヴァ0007_20191222230501 イオリンを演奏してくれたり、クイズを考えてみんなを楽しませてくれたり・・・素敵な時間を過ごさせていただきました。

 お食事は、栗ご飯の赤飯、おでん、ミートローフ・デザートなどなど、とても種類が多く、そしてたいへん美味しかったです。砂糖煮のきんかん、なまのきんかんが好きな方は、枝からちぎってどうぞ という コーナーもあり、心があたたまりました。



0018_20191222230701 クリスマスの主役は、救い主として

遣わされたイエス・キリスト 遣わしてくださった神さま ・・・

 そのイエス・キリストは、ベツレヘムの家畜小屋で誕生しました。 宿屋などには泊めてもらう場所がなかったのです。

 そのことが描かれた絵本をプロジェクターで拡大して写し、朗読していただきました。0009_20191222232001

 イエス・キリストが誕生したところに訪れたのは、社会的に低い地位にあった羊飼いたちでした。

 

 救い主としてこの世に来たのに、どうして王宮などではなく、家畜小屋で誕生 ・・・

 聖書に、イエス・キリストについて いろいろな表現がある中の一つで、私の心を捉えている表現に「ワンダフル・カウンセラー」という言葉があります。

 大きな悩みをかかえてカウンセリングに訪れる人の心の重荷を軽くするのがカウンセラーの使命だと思います。 この世のすべての人のために遣わされた「ワンダフル・カウンサー」であるイエス・キリストが、家畜小屋で誕生したのは、 お風呂の排水口がお風呂の一番低い位置に設けられている理由に通じるものがあると私は思います。 その位置でなければ、お風呂の水を排水しきることは出来ないように、世の中の一番底辺に位置しなければ、すべての人の苦しみ、悩みを聴き、理解し、心の重荷を受け止め、ともに担ってかつぐことは出来ません。

 イエス・キリストを、救い主として心に・・・自分の魂にお迎えすること・・・それこそが本当のクリスマス ではないでしょうか。

 今日も、良い日となりますように。

 岐阜駅に設置されている駅ピアノは、12月25日までのようです。 一度、弾かせていただきましたが、もう一度訪れて クリスマスの讃美歌を中心に弾かせていただきたいと願っています。

 

 

|

« ノーベル賞と身近な生活 | トップページ | とんちで答える 地名・国名クイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノーベル賞と身近な生活 | トップページ | とんちで答える 地名・国名クイズ »