« 『下町ロケット ヤタガラス』 池井戸 潤 著 | トップページ | 映画「この世界の片隅で」  平和を願うこころ »

2020年1月 1日 (水)

「ムーミンパパのシルエット」  ータイトルの由来ー

 2020年 明けまして おめでとうございます。 どうぞ、今年も よろしくお願いいたします。

 年明けですので、このブログのタイトルの由来を久しぶりに書かせていただきます。

 多くの方は、ムーミン谷の住人、ムーミンパパと私の体型及び性格、雰囲気に通い合うものがあるから、と思っていてくださるようです。そして、それでよろしいのですけれど、ルーツはもう少し、こんなことにあるのだというお話です。

    ◇    □     ○     ※     ☆

 

ムーミンパパ0005

   このブログ「ムーミンパパのシルエット」という名は現職時代の小学校で「ムーミンパパ」というニックネームを私がいただいていたことに由来しています。

  ちなみに、他にもニックネームがありました。「ドラえもん」「アンパンマン」「たれ目パンダ」などなど・・・。 これらの共通点は・・・あまりにもはっきりしているので省かせていただきます。

 さて、本題に戻ります。小学校のPTAの会合でこんなお話をしました。

    ◇  ○  □  ☆  ※  ☆  □  ○  ◇

 私の長男が小学校に上がるまえのことです。休日に親子で、テレビのアニメ「ムーミン」を見ていました。

 いつもは、平和なムーミン谷なのですが、その日はめずらしく悪人たちが登場し、ムーミンのガールフレンド、ノンノンをさらっていってしまいました。

 ムーミンは、悪人を恐れながらも、勇気を奮い起こしてノンノンの救出に向かいます。

 その場面で、私は長男に話しかけました。

「お父さんはね、おまえにムーミンみたいな子になってほしいな」

 息子が息を呑んだような表情をしました。

 私は、たまの父親の一言はこんなにインパクトを与えるものかと思って、ちょっといい気になりかけましたが、息子があまりにも真剣な顔をして、涙さえ浮かべていたので、どう思ったのかを尋ねました。

 彼は言いました。 「お父さん」  「うん」

「ぼく、あんな顔にはなりたくない。 いつまでも人間でいたい」

 「・・・ ・・・」

 反省いたしました。

 私がムーミンの勇気をイメージして語ったのに、幼い息子は、あのカバとブタの合わさったような、そしてしっぽのある姿になれと言われたのだと思って、驚き、深く悲しんでいたのでした。

  PTAの会合で保護者の方たちへの話をこう結びました。

 休日に寝転がって、アニメの主人公を指さしながら「息子よ、あのように育て」  「分かった、父ちゃん、ぼく、がんばるよ」 こんなふうにことが進むのなら、子育てってとても楽なことです。

 でも、ことはそう簡単にうまく運びません。自分のひたむきに生きる姿を見せながら「わが子よ、お前もこのように生きよ」と、真剣に子どもと正面から向き合って育てましょう。

    ◇  ○  □  ☆  ※  ☆  □  ○  ◇

 ムーミンパパは、平和でおおらかに見えます。それは正しいイメージなのです。そして、私にとっては自戒と反省の大切さをも思い起こさせてくれる存在でもあるのです。

 おつきあいいただいて、ありがとうございます。

 冒頭の写真のムーミンパパたち ・・・ まだまだムーミン谷グッズはあるのですが、どれも、親しくしてくださる方々からいただいたものばかりです。

 本物のムーミンパパとは距離がありますので「ムーミンパパのシルエット」と題していますが、よろしかったら、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、2020年、よい日々の連なる年となりますように。

  

|

« 『下町ロケット ヤタガラス』 池井戸 潤 著 | トップページ | 映画「この世界の片隅で」  平和を願うこころ »

コメント

良いお話なのに、ごめんなさい、かなり笑わせてもらいました。( ´ ▽ ` )

※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。思いっきり楽しんでいただければ、嬉しいです。「医者の不養生」という言葉があたっている面があるかどうかは分かりませんけれど、もし、「教師の子育てベタ」ということばがあれば、ムーミンパパの場合は、かなりあたっていると反省しています。 でも、ムーミンママの奮闘、そして多くの方々のお力添え、教会の兄弟姉妹の祈り・お支えがあって、二人ともそれぞれ、よい子、良い大人に育ってくれました。(といっていいかな うーん) 神さま、皆さま ありがとうございます。 感謝と祈りの内に。

投稿: rommy | 2020年1月 9日 (木) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『下町ロケット ヤタガラス』 池井戸 潤 著 | トップページ | 映画「この世界の片隅で」  平和を願うこころ »