« 漂泊のピアニスト もののあはれを弾く | トップページ | 空のキャンバスに »

2019年12月16日 (月)

昨日の記事に 画像を補足いたします

0006_20191215193101  昨日は待降節(アドヴェント)の第三週に入った日曜日・・・アドヴェントリースの三本のキャンドルが点灯されました。

22日の日曜日には、四本のローソクが灯されます。

 それと、昨日の記事のピアニスト ヴァレリー・アファナシエフさんが能の「夕顔」を鑑賞しているところと、京都のお寺で、も0003_20191215193601 の    のあはれを感じつつピアノを演奏している画像です。

 16歳の時にモスクワで能のことを知り、以来、とても強い関心を抱いてこられたとのことです。 とても奥深い演奏に思われました。

 

0002_20191215193901

 文化・芸術は、国境を越える ・・・

改めて そう思いました。

 

 アンデルセンの青春小説『即興詩人』は森鴎外のほぼ10年をかけての翻訳によって、原作以上の香気を放つと言われるほどの名訳が完成したという話を思い出しました。

 うーむ、そういうことがこの世の中には起こりうるのですね。

 今日も、良い日となりますように。

|

« 漂泊のピアニスト もののあはれを弾く | トップページ | 空のキャンバスに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漂泊のピアニスト もののあはれを弾く | トップページ | 空のキャンバスに »