« 『もういちど 会える日まで』 | トップページ | 高山市で だいく  »

2019年12月19日 (木)

岐阜新聞から

0002_20191218111601  12月16日の岐阜新聞から、三つの記事を ・・・ 関心を持っていただけるものをお読みくだされば幸いです。

 コメントを考えている間に、時が経っていきます。まさに「光陰矢のごとし」ですね。0004_20191218111801

 中村哲医師の歩まれた道 ・・・ 体の命を奪うことは出来ても、その方の志、信ずること、人生を持って築かれた生きたあかしを抹消することはできません。 その大切なことを改めて教えていただいています。

 

 OECDの実施するPISAでの読解力の低下のデータ・・・ これは、文学的な文章の読み取りだけでなく、映像、画像、グラフ、なども読みとることを含めた総合的な力を指していると思います。 じっくりと向き合い、自分の考えを持つ時間を保証せずにこうした読解力が豊かに育つことは難しいと考えます。

 押し寄せてくる情報の中から、これは大切だと選択し、いくつかのことを組み合わせて自分自身の意見を構成し、周囲の人に説得力を持って語ることが出来ることは大事です。そのことに大人自身が、どれだけ、腰を据えて取り組んでいるでしょうか。

 そんな中で、ヨーロッパで、日本の若い人の作った曲が高く評価されたという記事を目にして、嬉しく、頼もしく思いました。   今日も、良い日となりますように。

0005_20191218111901

|

« 『もういちど 会える日まで』 | トップページ | 高山市で だいく  »

コメント

恕、 いいですね この記事もいいですね!

※ ムーミンパパより
  コメント、ありがとうございます。
 かけがえのない宇宙船 地球号 には いろいろな方が 同乗していますね。 せっかく同時代を歩んでいる同乗者同士、良い交流、信頼関係を築いて、高めあい、力づけ合って歩んでいけたら、どんなに希望も豊かになって、棲みやすくなることでしょう。 祈りつつ。

投稿: Kh | 2019年12月23日 (月) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『もういちど 会える日まで』 | トップページ | 高山市で だいく  »