« 『ティンパニスト かく語りき』 ー 〝叩き上げ〟オーケストラ人生 ー | トップページ | 冬 進行中   »

2019年12月 4日 (水)

短歌の味わい   テレビ NHK短歌 から

 録画して観るのですけれど、NHK短歌 12月1日(日)放送のなかで、特別企画として、来日8年になるのでしょうか、カン・ハンナさんの歌集の出版をお祝いするコーナーがありました。 NHK短歌の 胸きゅんの時間に登場して以来、詠み続けてきた短歌 三百首あまりが収められているそうです。 

0002_20191202144601  初期の時代の仲間、そして、その日の短歌の時間に登場していた人たちが、カン・ハンナさんの歌集の中から心に残った歌を一首ずつ上げながら、祝福のことばを述べました。その中の一首が左の画像です。

 日本に旅立つ娘の出発を少しでも引き延ばそうとしてでしょうか、お母さんの親心が伝わってきますね。

 日常の生活の歩みを誠実に こつこつと書き留め、それを積み重ねることで、周りの人に自分の思いが伝わり、そして詠み手自身にも自分自身への認識が深まる・・・ そんなことが語られて心に響いてきた時間でした。

 再放送も、何曜日かにあるようです。 よろしければ、どうぞ。

 今日も、良い日となりますように。

 

 

|

« 『ティンパニスト かく語りき』 ー 〝叩き上げ〟オーケストラ人生 ー | トップページ | 冬 進行中   »

コメント

カン・ハンナさん、大好き🎀

※ ムーミンパパより
  コメント、ありがとうございます。カン・ハンナさんとお母さんとのあたたかい心が表現された歌も多く、すてきですね。

投稿: Marianoyuri | 2019年12月 4日 (水) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ティンパニスト かく語りき』 ー 〝叩き上げ〟オーケストラ人生 ー | トップページ | 冬 進行中   »