« 関根一夫牧師の 2020年 新年礼拝のメッセージの要旨 | トップページ | 明智光秀の娘 細川ガラシャ »

2020年1月12日 (日)

島倉千代子さん

 私が小学生のころ、高山市の上三之町の高山キリスト教会の牧師館が住まいでした。観光客が散策するニュースの映像には必ずと言ってよいほど画面に登場する上三之町の通りで、夏休みのラジオ体操などをしていました。そうそう、映画「二十四の瞳」の大石先生が自転車で通勤していましたが、母がこの上三之町通りで自転車に乗る練習をしていました。

 その頃、夏休みには土俵が町内に設けられ、小学生男子は豆力士として登場することになっていました。六年生は自動的に横綱 ・・・ 私は五年生で転居したので、町内の土俵には大関で登ったところまでで力士の経験は結びとなりました。

 そうそう、島倉千代子さんの話でした。高山キリスト教会の近くに浴衣などを扱う呉服店があり、その店の初夏の宣伝チラシを見た父が、なかなか、あの店、いいセンスだなぁとほめていたのを思い出したのです。かなり昔のことですから、うろ覚えですけれど、およそ、こんなキャッチフレーズでした。

「 浴衣来て 島倉千代子の 歌を聞く この夏 こんな夕涼みは いかがでしょう ・・・」

 そんなことを思い出したのは、歌謡番組で、藤あや子さん・伍代夏子さん・坂本冬美さんの三人が島倉千代子さんの歌を歌う場面があって、その三人のそれぞれが島倉千代子さんから送られた着物を召していると紹介されたことからでした。 ・・・ 「徹子の部屋」に登場した山田邦子さんも、島倉千代子さんのものまねをした縁ですてきな着物と帯をいただいたと登場していたのも、ごく最近のことでした。

 心優しいかただったのですね。 ・・・ 美空ひばりさんとの交友のこと  南こうせつさんが作曲した最期の歌のレコーディングのときのことも、ネットで知り、改めて心を打たれました。

 しんみりと けれど 心温まるエピソードがたくさんある方 島倉千代子さんでなければ歌えないように歌い上げるかただったと思います。

 夕涼みではありませんけれど、ゆっくりとその歌たちに心を浸したくなりました。 父、母のことも 思い出しながら・・・。

 今日も、良い日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ。

|

« 関根一夫牧師の 2020年 新年礼拝のメッセージの要旨 | トップページ | 明智光秀の娘 細川ガラシャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関根一夫牧師の 2020年 新年礼拝のメッセージの要旨 | トップページ | 明智光秀の娘 細川ガラシャ »