« 暖冬の庭 | トップページ | 『最後の秘境 東京藝大』 二宮敦人 著 »

2020年1月28日 (火)

『本を読む女』 林真理子さん著

0002_20200125123701 『本を読む女』

林 真理子 著

新潮社 1990年5月20日 発行

 読売新聞の夕刊に1989年7月~1990年2月3日まで掲載された小説だとのこと。

 主人公の小川万亀(まき)は大正4年の甲州に生まれ、『赤い鳥』を愛読し、投稿した綴り方が鈴木三重吉に激賞されて掲載される、という出来事がおこります。

 読書好きということは、万亀の生涯、変わることはありません。(題名のまんまですね)

 結婚する気になったけれど、相手の男性よりも大柄だからという理由で縁談がまとまらなかったりいろいろ意に染まないことが起きる中、結婚して中国の張家口に渡ることになった。行ってみると聞いていた話とは違っていることが多く、夫も期待していたような人ではなく・・・というような生涯が描かれています。

 よろしければ、どうぞ。

 良い日となりますように。

 

|

« 暖冬の庭 | トップページ | 『最後の秘境 東京藝大』 二宮敦人 著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暖冬の庭 | トップページ | 『最後の秘境 東京藝大』 二宮敦人 著 »