« 新聞から  外出を控えているイタリアで 歌声  など | トップページ | 春のメダカ »

2020年3月22日 (日)

開花した緋寒桜 

0002_20200320161701 緋寒桜が開花していました。気温が20度を越える日もありましたから、しっかりと咲いていました。

 その近くでは、ツツジも花開いていました。0004_20200320161901

一気に春の花、初夏の花が競演という感じですけれど、吹いてくる風は強めで低温。

 どうぞ、皆さま、体調の維持・増進にお努めください。

 健康のことで、一昨日のブログで『歩くと なぜいいか?』に、こんな一節がありました。

  ◇    □     ○   ※    ☆

 体から脳に行く刺激の中で最大のものは、足の大腿筋であり、二番目が咬筋(こうきん)だ。つまり歩けば歩くほど、そして噛めば噛むほど脳に刺激が加わり、脳を活性化してくれる。

 だから歩けば歩くほど、よく噛めば噛むほど人間は元気になる。逆に噛まない、歩かない人間は次第に活力が失われていくことになるのだ。現代人は昔の人に比べて明らかに噛まなくなっている。・・・ 「噛まない」人間から「噛めない」人間 「歩かない人間」から「歩けない人間」並行することになる。

 よく噛まないと脳の満腹中枢がうまく機能せず、満腹感を感じない 結果、食べ過ぎてしまうということになる。

 よく噛めば腹八分目くらいで満腹中枢が働いて、「もう満腹だ」という合図を出す。

 よく噛み、よく歩く。それだけで健康的な生活が送れ、脳の老化を防げるというわけだ。

 ◇    □    ○    ※    ☆

 花のことから 歩くことへ 話が移りました。 実は、この緋寒桜の様子を見に行くために何回か足を運びました。

 一度行くと、数千歩 歩くところに この緋寒桜はあるのです。 今年から通い始めた柔道整復師の院長先生が丁寧に施術してくださる接骨院も、歩いて往復すると数千歩のところにあります。何か目的を果たすことを兼ねて歩くこと ・・・ それを習慣にしたいともくろんでいます。 しっかりと噛んで食べること・歯ごたえのあるものを食べることも習慣化したいと思います。 それを苦労を感じないで、楽しんで出来るように なりたいです。

 今日も、良い日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。 

 

|

« 新聞から  外出を控えているイタリアで 歌声  など | トップページ | 春のメダカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新聞から  外出を控えているイタリアで 歌声  など | トップページ | 春のメダカ »