« 『脳がめざめる「教養」』 茂木健一郎 著 | トップページ | 『菜種晴れ』・『戌亥の追風』  山本一力 著 »

2020年3月 3日 (火)

チョウチョ

0001_20200229103601  岐阜城が山頂にある金華山のふもとにある岐阜公園内に名和昆虫博物館があります。そこで、ギフチョウが羽化したとの記事が岐阜新聞2月28日朝刊で報じられていました。

 ご承知の通り、コロナウイルスの収束を図るため、27日に小学校・中学校・高等学校を3月2日から春休みの終わりまで休校に、との要請が政府から出されました。

 その翌日、28日(金)の夕刻、ウオーキング中に見かけた小学生たち・・・ランドセルを背負い、両手に一杯の荷物を抱えて下校していました。 坂道で一息入れている子たち・・・歩き出そうとしている一人は、教室の花の世話係のようです。いくつかの花の鉢を入れた浅い段ボール・・・微力ながら手を貸し、しばらく歩きました。 家の近い子が自分の荷物を家に置いたのでしょう、駆けて追いついてきて、礼儀正しく挨拶して花の段ボールを受け取り、二人で元気に歩いて行きました。 さわやかで、とても感じが良かったです。

 とはいえ、卒業式を規模を縮小して行ったり、式そのものをなくしたり、岐阜県では3月10日に公立高校の入学試験を控えていますので、体調を万全に整えてそれに臨めるようにとか、卒業していく憧れの先輩に制服の第二ボタンをもらおうとしていたのにその機会が無くなるとか、保護者が勤務を休めない状況で幼い子どもだけが留守番することになるなど・・・深刻な場面が出てきていると思います。

 気候にも 史上初の現象が出ている中、美しい姿を見せてくれたギフチョウ 人間社会もいろいろあって大変ですけれど、落ち着いて対処しつつ歩んでまいりましょう。 2020年 春です。

 良い日となりますように。

|

« 『脳がめざめる「教養」』 茂木健一郎 著 | トップページ | 『菜種晴れ』・『戌亥の追風』  山本一力 著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『脳がめざめる「教養」』 茂木健一郎 著 | トップページ | 『菜種晴れ』・『戌亥の追風』  山本一力 著 »