« 春のメダカ | トップページ | 映画 「グレース・オブ・モナコ」 ー 公妃の切り札 ー »

2020年3月31日 (火)

広島県の教育長さん  ー テレビからー

 「教育は 国家百年の大計」という言葉があるように、教育にはそのときどきの為政者に振り回されないように、いろいろな仕組みが設けられています。NHKテレビで、教育長さんとしては異色の登用のされ方をした広島県の教育長、平川さんの活躍が放送されていました。再放送もありましたので、ご覧になった方も多いかと思いますが、紹介させていただきます。

0002_20200330114601  テレビ画面は、平川さんがご自分のお子さんをこう育てたいと考えている五つの柱を、平川さんが恐縮しておられましたが紹介しているときのパネルです。

 二番目の「自然界を五感で感じられる」はシュタイナーの考え方を参考にされたようです。

 四番目にあるクリティカルシンキングというのは、多面的な方向から検討する視野・視点をもつ、というふうに おっしゃっていました。

 福沢諭吉の育った家に限らず、古来、家訓というのが日本の家庭の歩みにはありました。NHKの朝のドラマ、「まんぷく」で松坂慶子さんが演じた母親役の台詞、「私は武士の娘です」も、それを感じさせましたね。

 平川さんのお子さんに対しての五か条をこのままとり入れるということではなく、既にご家庭で大切になさってきていることと対比してごらんになるということでよろしいかと思います。

 生き生き、きびきびとしていて 印象に残るかたでした。

 今日も、良い日となりますように。 いろいろなことのあった三月 バトンタッチ ですね。

|

« 春のメダカ | トップページ | 映画 「グレース・オブ・モナコ」 ー 公妃の切り札 ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春のメダカ | トップページ | 映画 「グレース・オブ・モナコ」 ー 公妃の切り札 ー »