« 響き合う悲しみ | トップページ | 「八甲田山の大失敗から学ぶ」 ーリーダーとはー »

2020年3月 7日 (土)

 3月7日(土)その2 白線流し ー岐阜新聞3月2日朝刊からー

0002_20200307083901  新型肺炎コロナウイルスの広がりを防ぐため、休校している全国の学校 ・・・ その中には、今年度で廃校になる学校もあり、記念のセレモニーも開けなくなったところもある、とニュースで知りました。 とても大きな影響があることを改めて思います。

 そんな中、飛騨高山の母校の卒業式後の伝統行事「白線流し」が途切れることなく行われたとの記事を見て、励ましを受けました。

 この記事を直接見ることのない同窓生も居るので、転載させていただきます。岐阜新聞様、ありがとうございます。

 母校を巣立って歩んでいく後輩の皆さん、そのご家族に、そして、欲張っていますけれど、すべての方に エールをお送りします。

 今は、猛威を奮っているコロナウイルスへの対策も確立されて、花咲く春は、きっとやってきます。 元気でお歩みください。

 良い日となりますように。 心からお祈りいたします。

|

« 響き合う悲しみ | トップページ | 「八甲田山の大失敗から学ぶ」 ーリーダーとはー »

コメント

 新聞記事掲載ありがとう!
 いろんなイベントが中止や延期になっている時期に心配してましたが、無事行われたのですね。
 安保闘争で大学の卒業式が出来なかったことなど思い出します。
 「切磋琢磨」横書きというのもらしくてホッとします。
 気持ちを忘れず頑張ります!
※ ムーミンパパより
  掲載してすぐにコメント、ありがとう。 高校時代、そして卒業以降を思い出していましたら、校歌の歌詞が出てきました。頭の中にしまいこまれていたのですね。そうした思い出とバックミラーは見とれて見入ってしまうのではなく、より良き前進に生かしたいと思います。これからも、どうぞ、よろしく。 ショパンの子犬のワルツ、今まで聞くだけでしたけれど、自分で弾けるようになろうと思います。たくさんの樹木を剪定する同窓生によいパワーをいただきましたから(^J^) これからも良い日々となりますように!!

投稿: 坂本 | 2020年3月 7日 (土) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 響き合う悲しみ | トップページ | 「八甲田山の大失敗から学ぶ」 ーリーダーとはー »