« 初夏の山 | トップページ | メダカの好奇心 »

2020年4月25日 (土)

庭のマーガレット

0012_20200423212701  今年も、我が家の庭にはマーガレットがたくさん咲いてくれています。 ウエディングブーケがマーガレットでしたので、これは嬉しいことです。「(そのときのマーガレットがそのまま庭で今も咲く ということではありません。 何しろ50年経っていますし。)

  結婚記念日は、年数を重ねるごとにこんなふうになっているのですね。

 諸説 あるかもしれませんので、 一例です。

   ◇     □     ○   ※   ☆

 結婚記念日の中でも、結婚から25年目の「銀婚式」、結婚から50年目の「金婚式」は有名です。しかしこの2つ以外にも呼び名が定められている結婚記念日はたくさんあります。結婚記念日発祥の地であるイギリスでは、15年目までは1年単位、それ以降は5年単位で祝う風習があり、それぞれに呼び名が付いています。なお、結婚記念日には記念日に贈るものの名前が付けられています。

【1年目】紙婚式
【2年目】藁婚式(綿婚式)
【3年目】革婚式
【4年目】花婚式
【5年目】木婚式
【6年目】鉄婚式
【7年目】銅婚式
【8年目】ゴム婚式
【9年目】陶器婚式
【10年目】錫婚式(アルミ婚式)
【11年目】鋼鉄婚式
【12年目】絹婚式
【13年目】レース婚式
【14年目】象牙婚式
【15年目】水晶婚式
【20年目】磁器婚式(陶器婚式)
【25年目】銀婚式
【30年目】真珠婚式
【35年目】珊瑚婚式
【40年目】ルビー婚式
【45年目】サファイア婚式
【50年目】金婚式
【55年目】エメラルド婚
【60年目】ダイヤモンド婚

例えば、結婚1年目は「紙婚式」と言い、アルバムや手帳などの紙製品を贈ることが習わしです。2年目は「藁婚式」「綿婚式」と呼ばれています。質素倹約をして贅沢をしないように、木綿製品を贈ることが風習です。結婚後、年数を重ねれば重ねるほど、結婚記念日の贈り物も豪華になります。1年目は紙ですが、「アルミ婚式」「錫婚式(すずこんしき)」と呼ばれる10年目は、アルミや錫(すず)でできたものを贈ります。さらに20年目は「磁器婚式」「陶器婚式」は、磁気や陶器の食器を贈ることが一般的です。25年目は銀製品を贈るため「銀婚式」、50年目には金製品を贈るため「金婚式」と言います。さらに海外では、結婚75年目になるとプラチナ、80年目には樫、85年目にはワインを贈ります。

  ◇     □     ○      ※      ☆

 戦争している時代には、応召前に結婚された方々が ごく短い期間をともにすごしただけで戦地に出発された例が少なくなかったこと、聞き及んでおります。

 50年を共に歩むことが出来ていることを感謝しております。

 さて、いただいたヨモギをふんだんに使わせていただいて、ホッ0039 トケーキを ・・・ 香り 味わい 素晴らしいです。 ありがとうございます。

 今日も、良い日となりますように。

 

 

|

« 初夏の山 | トップページ | メダカの好奇心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏の山 | トップページ | メダカの好奇心 »