« 「奇跡の星に残された時間」 グレタ・トゥーンベリさん | トップページ | チャップリンの言葉 »

2020年5月 1日 (金)

八木重吉さんの詩

 外出を控えると 人と会話する機会が少なくなりますね。 そうかといって、電話を頻繁にかけて相手を拘束するのも気が引けます。

 そんなとき、詩を朗読するのはいかがでしょう。 

うつくしいもの  八木重吉

わたしみずからのなかでもいい
わたしの外の せかいでもいい
どこにか「ほんとうに 美しいもの」は ないのか
それが 敵であっても かまわない
及びがたくでも よい
ただ 在る、、ということが 分かりさえすれば
ああ ひさしくも これを追うに つかれたこころ

 ◇    □     ○     ※    ☆

詩集の序文に 八木重吉さんは、こういう言葉を書いています。

 「私は、友がなくては、耐えられぬのです。しかし、私にはありません。この貧しい詩を、これを読んでくださる方の胸へ捧げます。そして、私を、あなたの友にしてください。」

 下に引用させていただくのは、八木重吉さんの詩の断章で印象に残っていることばです。

わたしは弱い
しかしかならず永遠をおもうてうたう
わたしの死ぬるのちにかがやかぬ詩なら
いまめのまえでほろびてしまえ
 こういう強い思いが、いっけん 優しい表現で書かれている八木重吉さんの詩を誕生させているのですね。

0015_20200430145401  お話は変わります。朝のNHKドラマ「エール」には、和歌など、印象に残ることばがよく登場いたします。 文学の言葉 というのは、やはり、味わいがありますね。

 画面の言葉は、芥川龍之介さんの言葉だそうです。 文学好きの三女が端的に「運命は偶然ではなく ひとりひとりの生き方とつながっているということじゃないかな」というような解説をしていました。

 主人公が作曲コンクールに応募する曲を書くために苦しんでいるとき、職場の仲間が空の満月に心を向けさせた場面では、次の和歌が紹介されていました。Photo_20200430150201

 山の散歩道 ・・・今、タケノコが道の両側に姿を現し、たくさんのかぐや姫が出願しそうですので、しばらく別の道を歩きますね。

 本題に戻ります。外出をひかえるように呼びかけられている今、図書館も 休館しているところが多くあります。

 「こういうときにこそ、図書館は活躍・貢献したいのに ・・・不要不急 の対象に指定されるのは とても残念で 悔しい 寂しい」 と 図書館の館員さんが嘆いているとの記事を見ました。

 オンラインで読むことの出来る作品もあります。よろしければ、そうした形で読書はいかがでしょう。

 私は、今の機会に、長年読まないままになっている本をどんどん読んで、そして手元に置いておく本を選び出して、すっきりさせます。 整理が実現すると喜ぶ人がとても身近に約1名います。

 今日から5月 ・・・ 誕生月ですので、特に元気で歩みます。

 良い月となりますように。

|

« 「奇跡の星に残された時間」 グレタ・トゥーンベリさん | トップページ | チャップリンの言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「奇跡の星に残された時間」 グレタ・トゥーンベリさん | トップページ | チャップリンの言葉 »