« 元気な百歳のかた 上杉くみさん・・・「百菜元気新聞」から | トップページ | 乙(おつ)な 雨 »

2020年4月14日 (火)

よもぎパン   ー よもぎの効用 ー

0004_20200413141801  和食料理のお店を開かれたほどの料理の達人が摘まれた春の山菜 ・・・そんな宝物を中将姫誓願桜を詠んだ俳句がご縁になっていただきました。その山菜の一つ、よもぎを入れたパンが出来ました。香りが良く、味わいもすてきです。(^J^)

 「食」という漢字 ・・・「人を良くする」という構成だとの説があります。 インターネットで、よもぎについて調べてみました。よろしければ、下のホームページをどうぞ。

https://kawashima-ya.jp/contents/?p=2302

 なんと、よもぎは「ハーブの女王」と呼ばれるほど大きな存在で、たくさんの効能があることが分かりました。

 ごちそうさまです。

  2020年は、なぜか我が家では「5」と「ゼロ」いう数字が活躍する年となっています。 三月に迎えた金婚式、そしてブログでは、今日のこの記事が5000番目です。

 新たな気持ちで、けれど、りきむことなく歩んでまいります。 どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

  ◇     ◇     ◇    ◇    ◇

 5000回記念に、ずっと以前に紹介したジョークの一つを・・・。

 ある目医者さんで

患者さん: 先生、わたしゃ この頃 目が悪くなってきましたよ

目医者さん: どんな具合なんですか

患者さん: 美人に見えていた先生が そうでもなくなってきたんです  申し訳ないやら 残念やら ・・・

目医者さん:(笑いながら) ああ、それなら、目が悪くなってきたんじゃありません。 良くなってきたんですよ

      安心してください。

  ◇    ◇    ◇     ◇    ◇

 せっかくですから、新作の川柳を一つ

 画面より  顔面見てね   お医者さん   

 私のお世話になっているお医者さんはこういうことはありませんけれど、コロナウイルスにあおられているようなこの頃、キーボードとパソコンの画面のほうばかりお医者さんが見ているように感じられる場面もあるかもしれません。

 日野原重明医師は、「三時間待って三分診療 という場合もあるかもしれません。 医師も努めねばなりませんが、患者さんも、その三分でどうアピールするか、プレゼンテーションを工夫しましょう」と、ご自身が重い症状の患者さんだったことを大切な体験として書いておられました。

 重大な非常事態・緊急事態であるこの時期、力を合わせて難局を切り抜けてまいりましょう。 明るい出口があることを確信すればこそ、私たちは暗いトンネルを歩くときも 希望を抱くことが出来ます。  今日も、良い日となりますように。

 詩 明るい方へ  金子みすゞ

明るい方へ
明るい方へ。

一つの葉でも
陽のもるとこへ。

やぶかげの草は。

明るい方へ
明るい方へ。

はねはこげよと
灯のあるとこへ。

夜とぶ虫は。

明るい方へ
明るい方へ。

一分もひろく
日のさすとこへ。

都会(まち)に住む子らは。

|

« 元気な百歳のかた 上杉くみさん・・・「百菜元気新聞」から | トップページ | 乙(おつ)な 雨 »

コメント

5000回おめでとうございます!
金子みすずの詩も本当にいいですね
ありがとうございました😊
※ ムーミンパパより
 温かいコメント、ありがとうございます。ささやかなブログですけれど、訪れてくださる方、コメントをくださる方があって、気が付いたら5000回に来ていました。 ありがとうございます。これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします🎵 金子みすゞさん、ほんとうに詩人だなぁと思います。師匠の西条八十さんが今の朝ドラに登場しているということのようなのでそのことも楽しみに「エール」を見ています。

投稿: Kh | 2020年4月19日 (日) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元気な百歳のかた 上杉くみさん・・・「百菜元気新聞」から | トップページ | 乙(おつ)な 雨 »