« お医者さん 「病を見るのでなく 人を診る」 | トップページ | 初夏の山 »

2020年4月23日 (木)

油断せず わがこととして 記事を読む  ー 新聞 ー 

0002_20200422213901  昨4月22日の岐阜新聞朝刊にこんな記事がありました。 驚きました。

  定期的に医療機関に薬を撮りに行かなければならなかった人が今回、電話で主治医が患者の状態を確認すれば、処方箋を患者の最寄りの調剤薬局に病院から直接ファクスできるようになり、患者は薬局に電話して薬が準備された頃に受け取りに行けばよくなった ・・・これによって、患者さんは医療機関と調剤薬局での「3密」を避け、外出の機会と所要時間を減らすことができると前半に書かれているのです。

 私が驚いたのは、20日の月曜日に、月一回、薬を出していただくために行く医療機関でおしえていただいたことが、22日の火曜日にしっかりと書かれていたからです。

 新聞記事というと、どこかひとごとのように思いつつ読む構えになっていることがあるのではないでしょうか。

 そうではなくて、 今日のブログのタイトル 「油断せず わがこととして 記事を読む」ことを心がけたいと 反省いたしました。

 それで、この記事の後半 運動不足による筋力低下 のことも、しっかりと読みました。

久しぶりに6時半からのラジオ体操を、第一・第二と やってみました。

 ウウッ ・・・ 前屈運動をして、 手の指先と 床までの距離が へだったっていることを自覚いたしました。 遠いのです。とても遠いのです。 

 さすがの私も、「こんなにも 自分の足は長かったのか」 とうぬぼれることはありませんでした。 明白な事実  身体が硬いのです。

 継続すれば、この手の指先と床までの距離は知事待っていくことと思います。 まずは続けること 「真っ向法」という健康法の本を図書館で借りて読んだときに、 「1日 1ミリの 命もうけ」 という見出しがありました。 前屈運動のことではありませんでしたけれど、とにかく こわばっていた間接が 続けているうちに 1日1ミリより小さな変化でも積み重ねれば、やわらいできて その分だけ寿命が延びる というお話でした。

 コロナウイルスとの闘いは、長期戦になる可能性があります。 ですから、根負けしないで、この記事「正しい自宅待機」をしっかりと読んで わがこととして 実行していきたいと思います。

 今日も、良い日となりますように。

 

|

« お医者さん 「病を見るのでなく 人を診る」 | トップページ | 初夏の山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お医者さん 「病を見るのでなく 人を診る」 | トップページ | 初夏の山 »