« 姿を現したヒマラヤ山脈  ー インドの工場が停止して ー | トップページ | 感染症と闘った医師 カルロ・ウルバニさんのこと  ー関根一夫牧師のメールマガジンから ー »

2020年4月18日 (土)

庭 エンドウ 芽吹くスズラン

0023_20200415194901   もともと家に居る時間は少なくないのですけれど、最近は、さらに外出を控えています。毎日、数千歩歩くことは心がけているのですけれど。

 菜園のエンドウ、花がやがて収穫につながることを思うと、頼もしいです。0021_20200415101801

 ムーミンママが手入れしたことに応えて、スズランがたくさん咲きそうです。 明るい未来に繋がる光景は嬉しいものですね。

 幼い子どもたちに 明るい希望を抱かせることの出来る光景・ニュース、「あんな大人になりたい」と憧れられる生き生きとした大人の姿をたくさん見せられたらと願います。

 政治に携わる方にも、いっそう頑張っていただきたいですけれど、まず自分自身から ・・・ 「今、こんなことに張り切っている自分を われながら好きです」といえる時間を大切にしたいです。

 蒔かぬ種は 生えぬ ・・・ ピアノの練習 机上の整頓 作れる手料理のメニュー増加

 それと、小さな菜園ですが、昨年は連作を控えたゴーヤを今年は植えようか などと 考えています。

 けっこう、かさばっている写真アルバム ・・・ スキャナで取り込んで、CDに収めるということも進めますね。

 電気の来ない事態になったら CDを見るためにテレビをつけたり、パソコンを起動することもできないじゃないか という考えも浮かびますが、そもそもそういう事態になったら写真アルバムを取り出して ゆっくりと眺めるどころではないでしょうし・・・ 「ターミネーター」などの映画の影響でしょうか、そんなことも、ふと思ったりします。 いえいえ、今日のテーマは希望を持って、より明るい未来を描きながら歩むということでしたね。

 今日も、良い日となりますように。 

 身を挺してコロナウイルスなどと戦ってくださっている方々に感謝しつつ、エールを送らせていただきます。

 

|

« 姿を現したヒマラヤ山脈  ー インドの工場が停止して ー | トップページ | 感染症と闘った医師 カルロ・ウルバニさんのこと  ー関根一夫牧師のメールマガジンから ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姿を現したヒマラヤ山脈  ー インドの工場が停止して ー | トップページ | 感染症と闘った医師 カルロ・ウルバニさんのこと  ー関根一夫牧師のメールマガジンから ー »