« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月31日 (日)

5月31日の2 空からのエール

 5Image1 月29日 新型コロナウイルスなどと日夜闘っているImage0  医療関係の皆さんに、ブルーインパルスが飛行してエールを送ったそうです。

 写真は聖路加病院とブルーインパルスです。壮観ですね。

 油断は出来ませんが、一歩ずつ展望の開ける力強い六月となりますように!!

 現在のピンチを良いほうに生かして、国々が 宇宙から地球を見るような大きな視野を持って、志高く 手を取り合って 経済や武力で優位を争うのでなく、気高い在り方、生き方をこそ 誇りとする 人類の叡智を輝かす チャンスとなりますように。

| | コメント (0)

ホタルブクロ

0002_20200530120201  友人からホタルブクロをいただきました。 小さい子が♩「ホテルのやどは 川端柳」と歌っていたのを思い出しました。・・・元歌は♪「ほたるのやどは・・・」なのですけれど、かわいいですね。 そういえば、そろそろ近くの山田川に螢が姿を現すころです。

 釣り鐘草(カンパネラ)とは同属で、少なくとも私には同じ花に見えます。

 五月のフィナーレ ・・・ 安心して暮らせるように、よい見通しがひらけてくる六月となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

ニックネーム 「ムーミンパパ」について

0004_20200529163901   我が家には、子どもが幼かったときに家族で知恵を絞り、絵を描いて作ったカルタがあります。40数年前の我が家なりのエピソードが込められている中に、こんな読み札・取り札があります。

 ある夕方、まだ小学校に上がっていなかった長男と「ムーミン」のテレビを見ていたときのことです。 めったに悪人が登場しない「ムーミン」に、その日は悪人が登場し、ムーミンのガールフレンド、ノンノンをさらって行ってしまいました。 ムーミンは悪人たちを怖がりながらも、救出しようと必死で向かいます。

 その勇気に感動して、長男に言ったのです。「父さんはね おまえにムーミンのような子になってほしいな」  

 こんなことをそれまで言ったかどうか、覚えがありません。 父親らしい一言 ・・・ 聞いた長男は、見ると涙を浮かべています。

彼は、しばらくして、力を振り絞って言いました。「父さん」 「うん」 「ぼく あんな顔になりたくない  人間の子のままでいたい」

 大いに反省いたしました。私としては、ムーミンのように勇気を出して友だちを救い出すような子になってほしい、と言ったつもりでした。我が子は、アニメの画面で見るままの、尻尾のついたあのような姿になれと言われたと本気で思い込んで泣いたのです。

 のちに、小学校のPTA総会で、このエピソードをお話しし、寝転がってテレビを見ながら、子どもに あの主人公のように育てと語って、我が子が 「うん、ぼく、あの主人公のようになる」とまっしぐらに育ったら、子育てってこれほど楽なことはありません。やはり、自分自身が「我が子よ、このように育て」と必死に生きる姿を示しながら 本校の児童をご一緒に育ててまいりましょう」と結びました。

 さいわい、PTAの方々が温かく受けとめてくださって力を合わせながら歩むことができたように、いたらないながらも思います。

 体型、性格がどこか似ているらしいのですが、私が「ムーミンパパ」というニックネームをいただいたのは、おもに、ここに書いたことに由るのだと思います。

 えっ、40数年後の長男ですか ・・・ ムーミンというより、どこか寅さんと通うところがあるように思います。

 今日も、良い日となりますように。

 

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

ヤマボウシの花

0038_20200526205501  岐阜県政百周年を記念して関市に作られた岐阜県立百年記念公園 ・・・ 規制が緩和されて入場できるようになりましたので、行ってきました。気を緩めすぎないように、マスク着用です。 ただし、広い公園ですので、訪れる人同士の距離は、ゆとりがあります。

 元気よく咲いて迎えてくれたのは、ヤマボウシです。けっこう背の高い木です。白いヤマボウシがたくさんありましたが、ピンク色の花もありました。

 漢字では山法師・四照花と書かれます。 

 インターネットに、こんな記述がありました。0036_20200526205601

ヤマボウシの果実は8月~9月に赤く熟し、食用になります。

果肉はやわらかくマンゴーのような甘さがあります。生で食べたりジャムや果実酒などに利用されます。

 うーむ、楽しみができました。

 今日も、良い日となりますように。

 

 

 

0035_20200526205301

 

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

花 泡盛升麻(アワモリショウマ)

0009_20200524110001  我が家に入居したころ、ご近所に茶道に造詣の深い方がおられまして、お茶花と申しますか、ホトトギズ・フタリシズカなどとともにいただいたのがこの泡盛升麻だそうです。 ← 自分の家の庭のことなのに、伝聞の表現 これが、ムーミンパパらしいといえば そうなのでしょうね。 いえ、いばっているわけではありませぬ。

 直接にいただいたのではなく、分けていただいた方から、さらに縁あって我が家の庭にきてから四十数年・・・今年、その名を初めて知ったということになります(^_^;

 味わいのある名前ですね。園芸用に手を加えられた種類がアスチルベという名・・・光沢の無い葉というギリシャ語が語源だそうです。 うーむ 泡盛升麻=アスチルベ 

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

仲良しメダカ

 友人から分けていただいて我が家の住人となったメダカ。

0001_20200524144901

 七匹だったのが、水が合わなかったのか、寿命だったのか、二匹になってしまいました。もし、一匹になってしまったら、メダカもさびしいだろうからお返しに上がろうとも思ったのですけれど、この二匹が環境に馴染んだのか、元気に過ごしています。

0031_20200524092001  ツワブキの葉を浮かべてあるのですが、一匹が、その葉の上で

時々すごすようになりました。それを真似たのか、もう一匹も葉っぱ0026_20200524091401

の上で共にいる姿が見られるようになりました。

 

 この写真、一つは「T」、もう一枚はカタカナの「ハ」の人文字(?!)に見えませんか?

 「Tanosiku(たのしく)」 「ッハッハ」

のメッセージだと、都合の良い読みとりをして

一緒に楽しんでおります。

 今日も、良い日となりますように。 

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

声に出して読みたい短歌 

 最近のラジオから、「外出をひかえていると人と会話する機会が少なくなって、滑舌(かつぜつ)が衰えてきている」と聞こえてきました。というわけで、今日は、口に出して読みたい短歌を・・・。

 よろしかったら、声に出してお読みください。 どうしても、というわけではありませんけれど、「短歌」というくらいですから、音読には適している素材だと思います。

 ひまはりのアンダルシアはとほけれどとほけれどアンダルシアのひまはり 永井陽子

 いかがでしょうか。ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ主演の映画「ひまわり」のシーンを思い浮かべてくださったかたもおいでかもしれませんね。 やわらかな言葉の繰り返し(リフレイン)が何ともいえません。

 今度は、がらっと変わって、フクロウの登場する歌です。

 ごろすけほう 心ほほけてごろすけほう しんじついとしいごろすけほう  岡野弘彦

 低い鳴き声 声に出していると、どこか哀愁を帯びた響きと、作者の人を恋う心がただよう森の中へ導かれるような・・・

実際のフクロウには好き嫌いが分かれるかと思いますけれど、ごろすけほうのオノマトペ(擬声語・擬音語・擬態語の総称)が三回登場する内にこの歌の世界にいざなわれていく感じでしょうか。

0001_20200526060201  永田和宏さんの『新版 作歌のヒント』(NHK出版2015年2月20日 第1刷発行)を参考にさせていただきました。

 滑舌を衰えさせないために百人一首 を読み上げるのも よいかもしれませんね。

 良い日となりますように。

 岐阜では、夏の気温・・・なにか写真をと思い、涼しい食卓・・・盛岡冷麺 梅じそ篇 の写真を掲載させていただきます。美味しくいただきました。ありがとうございます。

0007_20200523164001

 

 

| | コメント (1)

2020年5月25日 (月)

若々しい命

0003_20200523112201  

0004_20200523112401

カマキリが孵化しました。卵からかえったばかりなのに、早速歩いています。

 初夏の風に導かれて、外へ外へと出て行きます。

 たいしたものですね。

 私など、まだ、一人歩きできないところがたくさんあります。

 工藤直子さんの詩 を思い出しました。

     おれはかまきり

                かまきりりゅうじ

      おう なつだぜ

      おれは げんきだぜ

      あまり ちかよるな

      おれの こころも かまも

      どきどきするほど

      ひかってるぜ

      おう あついぜ

      おれは がんばるぜ

      もえる ひをあびて

      かまを ふりかざす すがた

      わくわくするほど

      きまってるぜ

 

 工藤直子さんの講演を聴いた方によりますと、実は「ちっちゃなかまきり」が「いっちょまえ」に、かまを上げている

その姿を見て、この詩を書かれたのだそうです。「ちっちゃなかまきり」かまきりりゅうじくんへの工藤さんの応援歌なのだとそのかたは受けとめられたとのこと。これから成長していく若々しい命へのエールなのですね。

  今日も、良い日となりますように。0005_20200523112801

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

カラフルな手作りマスク ー郡上の中学生ー

 コロナウイルス感染を防ぐために、不要不急の外出を控えていた事態も、少し緩和されてきましたね。テレビでは、自宅にいて出来る運動や、手早く美味しいものが作れる料理の紹介、掃除、片付けなどが紹介される番組が多くなっているように思います。

0001_20200523090101  このブログを訪れてくださる方から、中学二年生のお孫さんの手作りマスクの写真をいただきました。普段から、手芸がお好きなお孫さんのようです。いろいろな布を生かしての手作りマスク・・・ サーッと明るい陽射しが心を照らしてくれるのを感じました。休校の日々を前向きに活用しての作品・・・ 待ち望まれている学校生活の再開も間もなくだと思います。 すてきな中学生活を友だち、先生がたとお築きください。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (1)

2020年5月23日 (土)

田植えの終わった田と 刈り入れの近い麦畑

0013_20200521114401  昨日掲載の麦畑と接している田に、植えられたばかりの苗がそよいでいます。それぞれの作物に時があるのですね。

 スケールは遠く及びませんけれど、我が家の菜園にはミニトマト・唐辛子・キュウリ・オクラの苗が育ちつつあります。

 パセリ・イチゴ・ラディッシュも、新鮮な実りを提供してくれています。 植物の確かな生育と実りを見ていると、人間界の騒々しさ、いろいろな人為の不安定さに波立つ心が落ち着きを取り戻すように感じます。

 今日も、良い日となりますように。 聖人・・・「聖」(ひじり)というのは いろいろな作物の植え時、収穫の時期をよく知る人 日知り(ひじり)の意味だとの説があるそうです。

 心を落ち着けて、良き歩みの日となりますように。

| | コメント (1)

2020年5月22日 (金)

麦秋間近

0008_20200520140501   我が家からそれほど時間のかからないところに麦が栽培されています。通りがかりましたら、収穫まで、もう一息という感じでした。

 眺めながら、こんな一句を。

 麦稔る コロナ対策も 実りあれ0011_20200520141001

 今日も、良い日となりますように。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

松本清張さん

 NHKのテレビ番組、新日本風土記スペシャルで、松本清張 鉄道の旅 が放映されました。清張さんの作品「砂の器」などの舞台となったところを現地を訪れて紹介する番組で、見応えがありました。 例えば、「砂の器」に登場する亀嵩(かめだけ)を取材に訪れた松本清張さんに名産である亀嵩のそろばんをお送りしたら、お礼の手紙が来て、そして「砂の器」に亀嵩のそろばんが登場するシーンが描かれていたというエピソードが映像とともに紹介されるという展開です。

 (ちなみに、「砂の器」には私の大学の恩師、奥村三雄先生が方言の研究家の立場から犯人捜査のために重要な示唆を与える役割で登場しておられるので、個人的にも忘れがたい名作となっています。)

0004_20200519052201  番組で、石見銀山を取材で訪れた松本清張さんが、だんだんとさびれていく郷里で会社を興して歩んでいる中村さんご夫婦に出会い、励ましの言葉の色紙と絵を贈られたことが紹介されていました。

 当時36歳だった清張さんの励ましに感激したご夫妻は、その色紙の言葉を刻んだ石碑を建て、後に清張さんもご家族と一緒に石見銀山を再訪されたときの写真も放送されました。

 空想の翼で駆け 現実の山野を往かん  清張

0002_20200519052101

 清張さんが 作品を生み出すまでの取材、そしてそこでの人との出会いを大切にされ、出会った方の意気・志を清張さんならではの言葉で励ます そうした作家としての生き方を歩まれたことが伝わってきて、感銘を覚えました。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

♪ピアニスト 室井摩耶子さん  徹子の部屋に

0012_20200519042601  「徹子の部屋」5月18日にピアニスト 室井摩耶子さんが登場なさいました。1921年(大正10年)生まれの99歳の現役ピアニストです。

「室井摩耶子のピアノ生活」というブログにご自身でその番組のことも書いておられます。

https://mayakomuroi.blogspot.com/

 長野県で、100歳のピアノをほぼ同年齢の室井さんが弾きながらお話しなさるコンサートの様子も、「徹子の部屋」で紹介されていました。

 6歳でピアノを弾き始めて93年 ・・・ 現在の生活のスケジュールにも1日7時間ほどの

ピアノとの時間が確保されています。

 室井摩耶古子さんの年齢 99から、誕生日を迎えたばかりの私の年齢74を弾いてみますね。

 99ー74=25 ・・・何と四分の一世紀もあります。 うーむ ・・・ とても良い刺激を与えていただきました。ありがとうございます。

 今日も、良い日となりますように。

 

0014_20200519042601

0016_20200519042701

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

五月の短歌 

0010_20200517141301  テレビの「NHK短歌」・・・新しい収録が出来ない状態で、昨年5月19日の放送が再放送されました。一度見たはずなのですけれど、一年前のことでもあり、新鮮に見ました。画像は、番組の最初に表れた当時の選者、大辻隆弘さんの短歌です。

 戸袋に若葉のいろのうす闇が吐息のように差しこむ五月

 三十一文字で一つの世界がしっとりと、そして鮮やかに歌い上げられているのを感じました。

 今日、5月19日は誕生日・・・74歳になりました。 

 何歳までに何を成し遂げよう ということは特にありませんけれど、70歳が「古希」・・・「古来まれなり」ということで、次は77歳の「喜寿」を迎えられるように 健康で歩んでいければと考えています。 弾けるようになりたいと思いながら手がけないままになっているピアノの名曲に取り組むこと、そして、縁あって本棚に並んでいる本を走り読みでもいいので目を通すこと などを心がけたいと思います。

 それと、「このメニューならだいじょうぶ、食べられるものを作るから、安心してまかせなさい」 といえる料理のレパートリーをいくつかもてるといいな と、やや真面目に考えています。

 ちょっと今までの歩みから見ると欲張っていますので、あまり無理しないようにいたしますね。

 今日も、良い日となりますように。0018_20200519044101

 バースディカードが届きました。 孫娘の手作りです。

 私自身が小学生の時、祖父に誕生祝いの言葉を贈ったことがあるだろうか、と省みました。

 上記のようなことも大切ですけれど、もっと温かい真心のある自分へと育っていきたいと思います。  ありがとうございます。

 

 

| | コメント (1)

2020年5月18日 (月)

ベートーベンとメトロノーム

 しばらく前に、テレビ番組「題名のない音楽会」で、メトロノームについて紹介されていました。

 ベートーベンは、メトロノームが気に入って、そのおかげで作曲家の意図するテンポを国境を越えて全ての演奏者に伝えることが出来るようになったという意味のことを話していたそうです。作曲に何年もかけた第九交響曲を仕上げることが出来たのも、メトロノームに負うところが大きいと語っていたとのこと。

Photo_20200515085501 Photo_20200515085502  番組で紹介されていたメトロノームの語源の説明画像と、ベートーベンのお墓はメトロノームの形をしているというナレーションの時提示された画像を掲載させていただきます。テレビ局さま、ありがとうございます。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

ベートーベンとコーヒー 

 ベートーベンとコーヒーについて、こんな記事が目にとまりました。

 「コーヒーの雑学」https://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/zatsugaku/coffee02-5.html

 ベートーベンの習慣は、毎日珈琲豆コ-ヒ-まめを60粒数え、トルコ式のコ-ヒ-ミルで丁寧ていねいき、朝食に「ベ-ト-ベンオリジナルブレンド」コ-ヒ-を楽しむことだったそうです。「珈琲豆コ-ヒ-まめはきっちり60粒」でなくてはならず、そのために自分で豆を数えていたということですから、かなりのこだわりようですよね。


 彼の代表曲は数多くありますが、作風である力強さ・壮大さは、「珈琲豆60粒」パワ-から生み出されている、といったところでしょうか。コ-ヒ-を片手にベ-ト-ベンを聴けば、感動もひとしおかもしれませんね。

   ◇      □      ○     ※     ☆

 きっちり60粒のコーヒー豆を丁寧に挽き、良い香りが部屋に満ちて、さあ、飲もう というとき、ベートーベンはどんな表情をしていたのでしょうね。想像すると楽しくなってきます。

0008_20200515092701  写真は、日々ふくらみつつある夏椿のつぼみです。コロナウイルスについては治療効果のあるワクチンが開発されて行き渡るようになるまで油断は禁物だと思いますけれど、きっと、今の状態が落ち着いて花開くときが訪れることと思います。希望を持って、祈りつつ一日一日を大切に歩んでまいりましょう。

 今日も、良い日となりますように。0006_20200517104901

 

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

吉田先生  ー 岡部伊都子集から ー

0002_20200513194501  岡部伊都子(おかべ いつこ)さんのことは、テレビで特集番組が放送されたことがあり、五冊からなる選集が岩波書店から発行されているほどの方ですから、ここでご紹介することは控えさせていただきます。

 図書館が休館している今の時期、家にあって読んだことのない本をできるだけ読もうと考え、本棚に並んでいたこの選集を読んでみました。

 心に響いてくる文章がありました。その中から、5巻に収められていた「吉田先生」という文章を引用・掲載させていただきます。『岡部伊都子集5』岩波書店 1996年8月8日 第1刷発行。

※ 文字の画像の上で左クリックしていただくと読みやすい大きさになると思います。

    ◇     □    ○   ※   ☆

0003_20200513194501



0004_20200513194601

0005_20200513194601
  小学六年生の時に岡部伊都子さんを担任なさった吉田先生には、長年、教職を歩んだ私ですが、遠く及びません。 

 けれど、幸いなことに私自身の出会った先生方、ご一緒した先輩、同僚には、今思い返しても頭の下がる方々がたくさんいてくださいました。この場を借りて、心から感謝申し上げます。

 岡部伊都子さんが、どんな方だったのかと関心を持たれたかたは、ぜひ、この選集に図書館などで出合ってください。 図書館が満を持して開館される日は近づいていると思います。
 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

ラディッシュ 最初の実り

0002_20200512104801  テーブルほどの我が家の菜園ですが、二十日大根 ・・・ラディッシュが収穫できました。

 収穫したての新鮮さ、その食卓から始まる一日もフレッシュな良い日となる予感を抱かせてくれます。

 ニンジンも ラディッシュも赤 一つ皿

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

ヘレンケラーさんのことば 2 ー 手紙を書くー

 印象に残っているものに、ヘレンケラーさんのこういうことばがあります。

 世界の人が、一年に何通か心を込めた手紙を送り合ったら、この世はどんなに輝きを増すことでしょう

 ・・・ 厳密な引用ではないかも知れませんが、内容は上記のようだったと思います。

 さて、このブログで紹介させていただいた上杉くみさん(101歳)から、先日、お手紙を頂戴しました。100歳を越える方からお手紙をいただいたのは初めてです。 皆さまには、こういうご経験、おありでしょうか ・・・ 感激いたしました。

 2019年の暮れにお詠みになった短歌「折り紙と題して」も、お送りくださいました。紹介させていただきますね。

 この施設に 縁ありて迎える聖誕祭 ポインセチアの花折り飾る

 何時知れず 折り紙ばあさんと呼ばれいて 習い覚えし バラの花折る

 変わり鶴 折りつつ祈る 来る年は 災害のなく 穏やかなれと

 門松の 絵に添えたくて水仙の 花折りたたむ まだ指動く

 ◇    □     ○    ※     ☆

 ありがとうございました。

 ずっと以前のことですが、決して器用ではないムーミンパパに ある友人がこんな励ましの言葉を送ってくれました。

 「 鶴は折れないけれど  心も折れない おおらかな ムーミンパパ」

 今日も、あたたかい心を伝え合って 良い日となりますように。

 昨日に続いて、ツツジの花です。 ウオーキングの道で撮りました。

0020_20200512091001 0023_20200512091501

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2020年5月13日 (水)

ヘレンケラーさんのことば 1

「私は、自分の障害を神に感謝しています。
私が自分を見出し、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからです。」 

    ー ヘレンケラーさんのことば ー

 ヘレンケラーさんは、目が見えず、耳が聞こえず、話すことが出来ない方でした。サリヴァン先生と出会うまでは、です。そのヘレンケラーさんがサリヴァン先生と出会ってからの歩みについては『奇跡の人』の映画などで、よくご存じの方が多いことでしょう。

 日本からの招きがあったとき、ヘレンケラーさんは迷いました。当時、病床にあった恩師サリヴァン先生についていてあげたかったからです。けれど、サリヴァン先生はおっしゃいました。「私は、だいじょうぶ。日本に行ってあげなさい」 ・・・それで、ヘレンケラーさんの来日が実現し、多くの方が感銘を受け、励まされたとのことです。

 冒頭のヘレンケラーさんのことば、とても力強いですね。 感銘を新たにしています。

 今日も、良い日となりますように。

     ツツジが花盛りです。

0022_20200512091001 0021_20200512091101

 

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

文化の灯を 輝かせよう  ー本を生活に ー

 福音歌手、森 祐理さんの4月30日のラジオ放送をインターネットで聞いて、4月30日が図書館記念日であることを知りました。

http://www.moriyuri.com/radio/index.html

昭和25年の4月30日に図書館法がスタートしたことが、この記念日制定の由来だとのこと。 各市町村に図書館があるのは、この図書館法のおかげだそうです。

 よい法律が制定されると本当にすてきな世の中が築かれるのですね。ですから逆に、悪法が制定されることのないように、厳しく目を光らせることの大切さを思います。

  ◇     □     ○    ※    ☆

0006_20200508211101  読書つながりということで、岐阜新聞4月27日朝刊から、岐阜市の書店のご努力を引用・紹介させていただきます。

 今日も、良い日となりますように。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

す、すばらしい生命力   ー新聞よりー

  4月25日の岐阜新聞朝刊に、こういう記事がありました。読んだとき、なんと驚異的なニュースだろうと思いました。画像をクリックすると読みやすい大きさになることと思います。 ムーミンパパの感想は、今日のタイトルのとおりです。

 今日も、良い日となりますように。

 Photo_20200508211301

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

母の日 カーネーションの花言葉

0001_20200510090701  母の日の花 ・・・カーネーション 赤は「母への愛」「母の愛」、そして白は、「尊敬」・「不滅の愛」・「私の愛は生きています」です。

 この花言葉を知って、感動しました。

 身体の生命には限りがあります。けれど、その人が生きておられるときに周囲の方に注がれた愛・受けた愛は、不滅 ・・・ そういうメッセージが花言葉に込められていることが伝わってきたからです。

  今日の画像・・・「母の日カード」をすてきな友人が送ってくださいました。昨日の土曜日に届くようにと、大きな郵便局まで足を運んで投函してくださったとのこと。あたたかいお心、ありがとうございます。

 どなた様も、良き母の日をおすごしくださいますように。 心からお祈りいたします。

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

庭の花 バラ マーガレット

0003_20200508085701  庭のバラ ・・・最初の一輪が咲きました。外国の歌に「夏の最後のバラ」という題名の曲がありますが、「夏の最初のバラ」というのもいいですね。

 マーガレットも今が花盛りです。この二枚の写真、ムーミンママが撮りました。0005_20200508090201

 何だか、見る人・撮る人に合わせて花は微妙に表情を変えているような気がしてきました。いえ、ひがんでいるわけではありません (^J^)

 そうそう、我が家の朝食は、海苔じゃこトーストが定番なのですけれど、今週はフレンチトーストに挑戦してみました。

 同じ材料で、ムーミンママにコーチしてもらいながら作るのですけれど、料理も作り手によって、微妙に焼き上がりの表情と味を変えるように思います。

Photo_20200508090901  写真も、料理も 人それぞれの持ち味が反映される ・・・ そういうことが、人生の奥深い味付けなのかもしれませんね、

 今週もフィナーレです。 良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

かんごふさん   『日本児童詩歳時記』から

 今日の詩は、直接自分のお母さんを詩にした作品ではありませんが、コロナウイルスと最前線で戦ってくださっている方々をはじめ、全ての病気と向き合い、病気にかかっておられる方、けがで苦しんでおられる方に寄り添って歩んでくださっている方へのエールとして、紹介させていただきます。 

かんごふさん   長野県 小学3年生 戸谷 友香

わたしは、今年 二回も入院した

そのときから私は かんごふさんにあこがれた

かんごふさんは 歩けない人を はげましていた

私がお茶をこぼした時 かんごふさんが

「あら だいじょうぶ」と言って ふとんをかえてくれた

夜中に鼻血を出したら ボタンをおしてないのに来てくれて

氷で冷やしてくれた

私は すごくうれしかった

かんごふさんて すごいなーと思った

私も しょうらい そんなかんごふさんになりたい

  ◇     □      ○    ※      ☆

 あこがれを抱いて歩む子ども ・・・ 生き生きしていて、私たち大人に元気をフィードバックしてくれますね。

 今日も、良い日となりますように。   

 

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

お母さんは すてきなかんごふさん  『日本児童詩歳時記』から その3

お母さんは すてきなかんごふさん  熊本県 小学3年生  げじま ゆりこ

「お母さん、お父さんと どうゆうふうに出会ったの」

お姉ちゃんが聞いた

「まえ病いんにつとめていた時、お父さんが病人できたんだよ

 お母さんにひとめぼれして

『つきあってください』って 言いなったよ

あとから けっこんもうしこみにきなはったよ」

「ドラマににている」

お姉ちゃんが 目を大きくした

わたしのむねも あったかくなった

 

  ◇    □   ○    ※    ☆

 こういう出会い (なれそめ) も あるのですね。

 病の取り持つ縁 ・・・ 人生は たくさんの 不思議に 満ちています。

 それでは、また、明日、お目にかかりましょう。  良い日となりますように。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

何のための憲法九条  『日本児童詩歳時記』より

今日は、母の日に向けての詩をおやすみにして、憲法九条についての詩を紹介させていただきます。

何のための憲法九条  鹿児島県 中学3年生 岡山 君子

「何のために憲法九条があるんや」

新聞に、関西弁で書かれた手紙の一部が載っていた

私も同じ考えだった

イラクに派遣された自衛隊の人たちは

家族の写真を胸に抱き

船上で生活をしている

何のために憲法九条はあるのだろう

   ◇      □      ○      ※      ☆

 海外への派兵 ・・・ 憲法の解釈をいろいろにこじつけて、イラクへの自衛隊派遣が国民の総意とは言えない形で行われてしまいました。

 かけがえのないたくさんの方の命が奪われた第二次世界大戦 ・・・亡くなられた方たちの魂の結実である世界の国々がこのように憲法を定めたら悲惨な戦争は起こらないし、起こせない憲法第九条です。

 無理が通れば道理引っ込む ・・・ この詩の作者の疑問を決して軽んじてはならないと思います。

 今日も良い日となり、さらにより良き未来への希望を抱いて歩めますように。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

児童詩 おかあさん  『日本児童詩歳時記』より

 昨日に続いて、「母の日」週間ということで、おかあさんの詩を紹介させていただきます。

お母さん  広島県 小学3年生 橋本奈美

わたしが大きくなったら

かんごふになる

お母さんも、かんごふだから。

かぜをひいたとき、

お母さんの病院に行ったら

病院のにおいがした

はりや薬やいろんなのがあった。

ちゅうしゃをするとき

いたかったけど、がまんした。

わたしは、

かんごふの

お母さんがすきです。

    ◇      □       ○    ※     ☆

 現在では、ご存じのように看護婦さんは看護師さん、保母さんは保育士さん、スチュワーデスはフライイングアテンダントと、女性・男性どちらも含む表現になっていますが『日本児童詩歳時記』は2008年4月の発行ですので、看護婦さんとなっています。 温かみが感じられていい言葉ですよね、かんごふさん・・・。

 明日も、お楽しみに。

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

母の日 『日本児童詩歳時記』より

0004_20200503085401  今度の日曜日は、母の日です。今週は、子どもたちが書いたお母さんの詩

を2000篇余の児童詩が収められている『日本児童詩歳時記』江口季好(えぐち すえよし)編 (駒草出版2008年4月25日初版発行)から、引用・紹介させていただきます。

ははの日 東京都 小学2年生 西村けんじ

ぼくは、ずっとまえ、

ママに

「ぼくができることを なんでもいっていいよ」

といいました。

ママが、

「そうね、べんきょうしてくれる。」

といいました。

ぼくは、びっくりして

大きな口で

大きな声で

いいました。

「いやだよ。」

そして、ぼくは、にげました。

   ◇     □     ○     ※      ☆

 うーむ、なかなか 世の中のことは ママならないものですね (^J^)

 では、明日も お楽しみに。  良い日となりますように。

 

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

家に居て 書に親しむ

0001_20200502112301  朝日新聞に、休校が続く小学生・中学生たち (そして大人にも)読書を勧める紙面があり、それをムーミンパパに送ってくださるかたがありました。たくさんの本が紹介されている中で、送ってくださった方のお勧めは特にこの本かな、と思っていましたら、ピンポーン ・・・あたっていました。 以心伝心と申しましょうか。

0002_20200502112501
 長年、テレビの花丸などで明るく活躍しておいでだった岡江久美子さんは、『少女パレアナ』が愛読書で、私はこのパレアナのような生き方が大好きなんです、とご自分の名刺代わりに『少女パレアナ』を手渡しておられる、と耳にしたことがあります。
 パレアナは、ポリアンナとも読めるようで、1960年、ディズニーの映画になったときは『ポリアンナ』という題名で、ヘイリイ・ミルズという女優さんが演じていました。パレアナは牧師さんの娘でしたが、孤児となり、おばさんに引き取られました。 お父さんと始めた「幸せのゲーム」(喜びのゲーム)を大切にして、落ち込んでいる人には「妙薬 パレアナを 一服どうぞ」とパレアナが紹介される場面もあったように思います。
 たしかに 外出を控えることが勧められている今、読書はお薦めの一つだと思います。
 一気に七月並みの気温になったところがたくさんあるようです。 体調を維持・増進し、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

チャップリンの言葉

0001_20200501195501  中日新聞の4月30日朝刊に、チャップリンの言葉が紹介されて居る記事がありました。ちょうど、NHKのBS放送で、チャップリンの「街の灯」「黄金狂時代」などが放送されて、改めてチャップリンの魅力を感じていたときでしたので、興味深くその記事を読ませていただきました。

 画像をクリックしていただくと、読みやすくなると思います。

「笑いのない日は、無駄な1日だ」 チャップリンの代表作の一つに「独裁者」があります。 ヒットラーを強烈に風刺したこの映画は、平和を希求する長い演説でフィナーレとなります。

 まだ、戦争が終結していない時期にこの映画を作ったチャップリンは、もしヒットラーの側が勝利を収めていたらその怒りをまともに受けてどうなっていたか分かりません。

 自分の身命を賭して、映画「独裁者」を制作、上映したのは、すごいことだと思います。

28720 そうそう、ある方が、笑いのある記事(中日新聞)を送ってくださいました。チャップリンさんもニコッとしてくれるでしょうか。 

 今日は、七月並みの気温になるところが多いようです。 体調をくずさないようにして、良い日となりますように。

 

| | コメント (1)

2020年5月 1日 (金)

八木重吉さんの詩

 外出を控えると 人と会話する機会が少なくなりますね。 そうかといって、電話を頻繁にかけて相手を拘束するのも気が引けます。

 そんなとき、詩を朗読するのはいかがでしょう。 

うつくしいもの  八木重吉

わたしみずからのなかでもいい
わたしの外の せかいでもいい
どこにか「ほんとうに 美しいもの」は ないのか
それが 敵であっても かまわない
及びがたくでも よい
ただ 在る、、ということが 分かりさえすれば
ああ ひさしくも これを追うに つかれたこころ

 ◇    □     ○     ※    ☆

詩集の序文に 八木重吉さんは、こういう言葉を書いています。

 「私は、友がなくては、耐えられぬのです。しかし、私にはありません。この貧しい詩を、これを読んでくださる方の胸へ捧げます。そして、私を、あなたの友にしてください。」

 下に引用させていただくのは、八木重吉さんの詩の断章で印象に残っていることばです。

わたしは弱い
しかしかならず永遠をおもうてうたう
わたしの死ぬるのちにかがやかぬ詩なら
いまめのまえでほろびてしまえ
 こういう強い思いが、いっけん 優しい表現で書かれている八木重吉さんの詩を誕生させているのですね。

0015_20200430145401  お話は変わります。朝のNHKドラマ「エール」には、和歌など、印象に残ることばがよく登場いたします。 文学の言葉 というのは、やはり、味わいがありますね。

 画面の言葉は、芥川龍之介さんの言葉だそうです。 文学好きの三女が端的に「運命は偶然ではなく ひとりひとりの生き方とつながっているということじゃないかな」というような解説をしていました。

 主人公が作曲コンクールに応募する曲を書くために苦しんでいるとき、職場の仲間が空の満月に心を向けさせた場面では、次の和歌が紹介されていました。Photo_20200430150201

 山の散歩道 ・・・今、タケノコが道の両側に姿を現し、たくさんのかぐや姫が出願しそうですので、しばらく別の道を歩きますね。

 本題に戻ります。外出をひかえるように呼びかけられている今、図書館も 休館しているところが多くあります。

 「こういうときにこそ、図書館は活躍・貢献したいのに ・・・不要不急 の対象に指定されるのは とても残念で 悔しい 寂しい」 と 図書館の館員さんが嘆いているとの記事を見ました。

 オンラインで読むことの出来る作品もあります。よろしければ、そうした形で読書はいかがでしょう。

 私は、今の機会に、長年読まないままになっている本をどんどん読んで、そして手元に置いておく本を選び出して、すっきりさせます。 整理が実現すると喜ぶ人がとても身近に約1名います。

 今日から5月 ・・・ 誕生月ですので、特に元気で歩みます。

 良い月となりますように。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »