« 文化の灯を 輝かせよう  ー本を生活に ー | トップページ | ヘレンケラーさんのことば 2 ー 手紙を書くー »

2020年5月13日 (水)

ヘレンケラーさんのことば 1

「私は、自分の障害を神に感謝しています。
私が自分を見出し、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからです。」 

    ー ヘレンケラーさんのことば ー

 ヘレンケラーさんは、目が見えず、耳が聞こえず、話すことが出来ない方でした。サリヴァン先生と出会うまでは、です。そのヘレンケラーさんがサリヴァン先生と出会ってからの歩みについては『奇跡の人』の映画などで、よくご存じの方が多いことでしょう。

 日本からの招きがあったとき、ヘレンケラーさんは迷いました。当時、病床にあった恩師サリヴァン先生についていてあげたかったからです。けれど、サリヴァン先生はおっしゃいました。「私は、だいじょうぶ。日本に行ってあげなさい」 ・・・それで、ヘレンケラーさんの来日が実現し、多くの方が感銘を受け、励まされたとのことです。

 冒頭のヘレンケラーさんのことば、とても力強いですね。 感銘を新たにしています。

 今日も、良い日となりますように。

     ツツジが花盛りです。

0022_20200512091001 0021_20200512091101

 

|

« 文化の灯を 輝かせよう  ー本を生活に ー | トップページ | ヘレンケラーさんのことば 2 ー 手紙を書くー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文化の灯を 輝かせよう  ー本を生活に ー | トップページ | ヘレンケラーさんのことば 2 ー 手紙を書くー »