« 何のための憲法九条  『日本児童詩歳時記』より | トップページ | かんごふさん   『日本児童詩歳時記』から »

2020年5月 7日 (木)

お母さんは すてきなかんごふさん  『日本児童詩歳時記』から その3

お母さんは すてきなかんごふさん  熊本県 小学3年生  げじま ゆりこ

「お母さん、お父さんと どうゆうふうに出会ったの」

お姉ちゃんが聞いた

「まえ病いんにつとめていた時、お父さんが病人できたんだよ

 お母さんにひとめぼれして

『つきあってください』って 言いなったよ

あとから けっこんもうしこみにきなはったよ」

「ドラマににている」

お姉ちゃんが 目を大きくした

わたしのむねも あったかくなった

 

  ◇    □   ○    ※    ☆

 こういう出会い (なれそめ) も あるのですね。

 病の取り持つ縁 ・・・ 人生は たくさんの 不思議に 満ちています。

 それでは、また、明日、お目にかかりましょう。  良い日となりますように。

 

 

|

« 何のための憲法九条  『日本児童詩歳時記』より | トップページ | かんごふさん   『日本児童詩歳時記』から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何のための憲法九条  『日本児童詩歳時記』より | トップページ | かんごふさん   『日本児童詩歳時記』から »