« 合歓(ねむ)の花 | トップページ | 梔子の花 百合 »

2020年6月22日 (月)

6月22日の2 関根一夫先生のメールマガジン 「日ごとの糧」から

 昨6月21日(日)夕方は部分日食が見られたのですね。そのことを私は忘れていて空を見上げなかったのですけれど、多分、午後から曇り空になっていて見られなかったと思います。 今日、22日の関根一夫牧師先生のメールマガジン「日ごとの糧」に「御父には・・・天体の動きにつれて生ずる陰もありません」という聖書の一節があって、日食のことと頭の中で繋がりましたので、引用・紹介させていただきます。

 文章の中の「心の静まり」の部分も印象に残りました。 良い日となりますように。

   ◇       □      ○     ※     ☆

 関根一夫牧師 メールマガジン【日ごとの糧】(ローズンゲンによる)
2020.06.22

あなたは豊作の年を冠として地に授けられます。
あなたの過ぎ行かれる跡には油が滴っています
(詩編65編12節)

良い贈り物、完全な賜物はみな、上から、
光の源である御父から来るのです。
御父には、移り変わりも、天体の動きに
つれて生ずる陰もありません。
(ヤコブの手紙1章17節)
+++++++++
自分の人生を振り返って「いのち」が継続
されてきたことの不思議を感じられる人は
幸いだと思います。
そこに「感謝できる素材、うれしかったなぁ
という感想、これは失敗だったなぁという反省」
など、あれこれ振り返ることができることも
また幸いなことだと思います。

自分を少し「客観化」して自分の意図した
ものとは違う自分の人生を受け止め直し
「神様、ここまでの人生をそのまま受け止めます。
私を生かしてくださって感謝します」
と祈れた時、心に不思議な静まりがもたらさ
れます。

自分の内側にこそ神からの良い賜物、平和が
とどきます。その豊かさを味わうためには
心の静まりが必要です。
「そんなこと無理です」と言いたければ、
それを神様に伝えつつ、でも「生かして
くださったあなたに感謝します」と伝える
のです。
+++++++++++

◎主の平和と祝福がありますように!

関根一夫


 

|

« 合歓(ねむ)の花 | トップページ | 梔子の花 百合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 合歓(ねむ)の花 | トップページ | 梔子の花 百合 »