« 「戦争の傷跡」 関根一夫牧師のメールマガジンから | トップページ | ステイホーム中の作品 その2 「銀座の恋の物語」 »

2020年7月16日 (木)

ステイホーム中に 準備を その1 「影を慕ひて」

0002_20200714193601 この記事は、私の設定ミスで、昨日、予定より一日早く掲示されていました。15日の午後1時半頃それに気が付いて、引っ込めて、改めて16日に掲載させていただきます。

 ただ、1日、掲載が早くなったことで、よいこともありました。人智を超えた不思議なことがあるものだと感謝しています。

(この記事が1日早くフライイングで出たことで、コメントをくださった夢希さんが15日の訪問に♪「影を慕ひて」を歌おうと計画してくださったことです。)

  ◇    ◇     ◇     ◇     ◇

いろいろな規制は少し緩和されてきましたけれど、油断してコロナウイルスの巻き返しにあってはいけませんので、人が集まって活動する会の多くは自粛されています。 ムーミンパパ・ママの音楽タイムもその一つです。それで、ステイ・ホームの間に歌詞カードと申しますか、掲示用の歌詞ビー紙つくりに励んでいます。

 その最初の作品「影を慕ひて」をご覧ください。

 差し支えなければ、お家で歌っていただければ うれしいです。

 声をだして音読や朗読することは体のためにもとても良い効果があります。

 明日は、その2です。 どうぞ、お楽しみに (^J^)

|

« 「戦争の傷跡」 関根一夫牧師のメールマガジンから | トップページ | ステイホーム中の作品 その2 「銀座の恋の物語」 »

コメント

早くコロナが収束して、これを大勢の方が見ながら歌える日がきますように。
絶対、これは単なる文字だけの歌詞カードよりずっとずっと心が和み、その歌が楽しくなること間違いなしですもの♪♪

※ ムーミンパパより
 コメントありがとうございます。 ムーミンママが、まず絵を描いて、それから歌詞にとりかかり仕上げています。完成したなぁ、と見ていますと、書いたときには気づかなかったけれど、もっと落ち着いた字で丁寧に書かなくては、とスタートし直すこともあります。
 「準備は裏切らない」 ・・・ うーむ、伴奏のムーミンパパも同じ真剣さで練習に打ち込もうと、このところ、毎日、ピアノに向かっています。時間は長くありませんけれど。 歌う会が安心して開かれる日がやってきますように。

投稿: rommy | 2020年7月18日 (土) 11時14分

いつも素晴らしいブログありがとうございます。♪「影を慕ひて」は母久美子がいつも口ずさんでいた懐かしい歌です。77歳で天に召されました。
 今年私も77歳をむかえます。昭和7年に大流行とか、母の20歳のころ美しき天然も良く口ずさんでいました。美しい声で。
 明日敬愛する「くみ様様102歳を施設に尋ねようと思っています。詩歌に優れた才能を持った方。私が第2の母のように甘え方・・・・。
そうだ、明日はくみ様と、母とはかなわなかった合唱(?)・・・・。素晴らしい思い出を作ってみようと思いつきました。感謝です、喜んで眠りにつきます。くみ様お元気でねと祈ります。
※ ムーミンパパより
 コメントをありがとうございます。♪「影を慕ひて」をお母上様が愛唱なさっていたとのこと、今日15日のくみ様ご訪問で合唱のご計画、実現しますように。日々、温かいお心でのお働き、エールをお送りし、お祈りしております。良い日となりますように。

投稿: 夢希 | 2020年7月15日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「戦争の傷跡」 関根一夫牧師のメールマガジンから | トップページ | ステイホーム中の作品 その2 「銀座の恋の物語」 »