« 『すばらしきかな、人生』 | トップページ | 『ナニワ・モンスター』 海堂 尊 さん »

2020年7月29日 (水)

このあとの世界  最上敏樹さん

0016_20200725194101  写真は、アジアンハイビスカスの花です。

友人から種をいただいて三年目。今年も咲いてくれました。

 さて、『婦人の友』の連載記事 「未来の余白」に最上敏樹さん(早稲田大学教授)が「このあとの世界」という文章を書いておられます。(2020年7月号)

   ◇     ◇     ◇    ◇

 ・・・この危機はいわば、ギリシャ神話にいう「パンドラの箱」を作り直す機会なのだ。人間に薬身を与えるすべての原因が飛び出してきた箱である。荒涼とした世界を見つめ、廃すべきものは廃し、残すべきものは残す。もちろん、最後まで箱の中に残ったとされる「希望」という要素だけは、取り出してしっかり残しておこう。

   ◇   ◇    ◇     ◇    ◇

 6ページにわたる文章で5つの章からなっています。その最後の章 希望と連携を引用・紹介させていただきます。ありがとうございます。

 不幸の中の連携ではあるが、それは利益に基づく結束よりはるかに強い ・・・7000キロメートルの距離・170年あまりの時を超えて通い合う温かい心・・・感動いたしました。 今日、そして「このあとの世界」が希望に満ちた日々となりますように。

Photo_20200724093101

|

« 『すばらしきかな、人生』 | トップページ | 『ナニワ・モンスター』 海堂 尊 さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『すばらしきかな、人生』 | トップページ | 『ナニワ・モンスター』 海堂 尊 さん »