« 木槿(むくげ) | トップページ | ステイホーム中の作品 6 ♪「風の盆恋歌」 »

2020年8月25日 (火)

杉 良太郎さんの 福祉の心

 8月21日(金)、お昼の時間帯のBSコンシェルジェという番組を偶然に数分見ました。ゲストは杉 良太郎さん。

 感銘深い三つのエピソードが紹介されました。

・ ハンセン病の施設を訪問して歌を披露した杉良太郎さんは、歌だけでなく、お芝居の一座と再訪しようという気持ちになり、「今度は、お芝居を観て頂にうかがいます」と挨拶して辞去されたそうです。 そして、5年後再訪して、「遠山の金さん」を上演。その施設でずっと暮らしておられる方々を前にして「これにて一件落着」という決め台詞がなかなか言えなかったそうです。 ともかく幕が下りたとき、ものすごいどよめきが起きたそうです。拍手できない方たちは、足を踏みならしたり、近くの人たちと体をぶつけ合ったりして感謝とエールを送ってくれたのだそうです。一人の方が「口約束をして、その約束を果たしに来てくれたのは、あなたが初めてだ」と言ってくれたのが杉さんの心に大きく残っているとのこと。

0002_20200823085901 ・ベトナムの孤児院を訪れ、子どもたちがみな小柄なのに気づいた杉さんは、次回はチョコレートなどのお菓子・食べ物をお土産に持参してわたしたそうです。 でも、子どもたちは、それを喜んで食べようとせず、理由を尋ねると、こう言ったとのこと。「お父さん、お母さんがほしい」

 杉さんは、自分はこの子たちの思いが何にも分かっていなかった。物やお金ではないんだ と、子どもたちの部屋から出て、泣いた後、園長さんに申し出たそうです。「この子たちのおとうさんになります。 以来30数年、支援を続け、最初に訪れたとき40人だった子どもたちは、現在152人になっているとのこと。

・九州の刑務所を訪問したとき、「私をこの刑務所から出さないでほしい」と刑期を終えるの0004_20200823090001 が間近くなっていた方が懇願されたそうです。高齢になったし、外に出ても温かく迎えてくれる親族も居ないし、迷惑をかけるばかりだ・・・。 杉さんは、これからの刑務所は、その地域の産物、たとえばお茶などの生産活動をして、刑務所の外に作業所や寮などを作り、出所した人が刑期を終えた後、そこに住んで働くなどの受け皿を備えるべきだと考えて、厚生労働省などに働きかけておられるそうです。

 たまたまチャンネルを合わせた番組から、杉 良太郎さんの福祉の心に触れることが出来、感謝しています。

 今日も、良い日となりますように。

|

« 木槿(むくげ) | トップページ | ステイホーム中の作品 6 ♪「風の盆恋歌」 »

コメント

 刑務所にクリスマス音楽をお届けにうかがったことがあります。エレクトーンがあるからそれで伴奏をと依頼されました。リハーサルもできず どきどきでした。学校体育館の緞帳がおろされているようなステージに通され、いきなり緞帳があがると、目の前には 丸刈りで同じ服装のものすごい人数の男性がずーらーーーっーーーと、向こうまで座っていらっしゃいました。びっくりしました。
 エレクトーンは用意した曲の鍵盤が足らないタイプのもので、わたしは慌てましたがとにかく弾きました。素晴らしいソプラノの歌い手さまは、全く動じないで 完璧に歌われ、クリスマスのメッセージを伝えられました。(すごいな!)と思いました。私はつたない弾き手ですが うかがえて光栄だったと思い返します。
※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。 クリスマスに刑務所を訪問しての讃美 ・・・ 私も経験があります。最初の刑務官の開会の言葉に「あなた方も、この時期を刑務所内で迎えることは不本意でありましょうけれど、しっかりとすごして、社会に復帰できる日を迎えられると願っております」との一節があったことを思い出しました。
 訪問して、明るい声でクリスマスの讃美歌を綺麗にコーラスされた方々を私も心強く思いました。 今日も、良い日となりますように。

投稿: kei | 2020年8月26日 (水) 11時18分

いつも素晴らしいブログに感謝です。テレビも色々パパは良い番組に出会われましたね、
また、それに出会えなかった大勢のブログファンに再発信、杉良太郎さんの働きに感動しました。
 今朝のニュースは元法務大臣の情けないもの・・・。

 私は昨日大好きな恩師が、施設入所後1ヵ月と少しで無くなられたことを知り、級友に知らせて
いる中で、静かに福祉活動をしておられる同級生に出会って感動したばかり。身近なところからで
よい、困ってる人の力になれるといいな彼らの働きを祈ったばかりでした。
※ ムーミンパパより
  コメントをありがとうございます。 杉 良太郎さんは、「福祉活動は、こうしなければいけ
 ないという定型があるのではなく、それぞれの方のあり方でなさればよいと思う。ご自分で活動
 できない方が、福祉活動をしていられる方のことを理解しょうと努めてくださったら、もう、
 それで、その方は福祉活動家だと思います」とおっしゃいました。
  その言葉に、また感激いたしました。 今日も、良い日となりますように。

投稿: 夢希 | 2020年8月25日 (火) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木槿(むくげ) | トップページ | ステイホーム中の作品 6 ♪「風の盆恋歌」 »