« 『上機嫌の才能』  その2 | トップページ | 中尾ミエさんの元気  ー 徹子の部屋 ー  »

2020年8月19日 (水)

『上機嫌の才能』 その3

0005_20200819093801   ホットな日が続き、7月にはあまり生長が見られなかったシシトウがこの8月中旬になって、俄然 元気に花をつけ、実を提供してくれるようになりました。深みのある緑色をしています。7つ並んで、七人の侍といった感じでしょうか(^J^)

 さて、田辺聖子さんの『上機嫌の才能』 その3です。

◇ 苦労が聞いたら 怒りよるやろ

 田辺聖子さんは、「よいことばかりあるように日記」という日記をつけておられたそうです。うーむ、この題名からも、前向きの方であることがはっきり伝わってきますね。

 その日記を読み返していたら「いささかは 苦労してますと いいたいが 〝苦労〟が聞いたら 怒りよるやろ」というのもあり、自分で書いている内に笑ってしまったそうです。

 人生の苦労のそこは深く、果てしもない。私みたいな苦労ぐらい、誰でもしている、と、〝苦労〟は怒るかもしれない。

    『ひよこのひとりごと』より

 

◇ 人生の荷を軽くしていく

 ・・・ありがたいことに先に行くに従い、一つずつ荷を落としていける。才能や出世欲や美貌のお荷物を・・・(もちろん最後まで重荷を背負い続ける人もいるけど。

 愛するものとの別れも、人生の荷を軽くすることなのかもしれない。  

   『夢の櫂こぎ、どんぶらこ』より

◇ 自分もエライんだ

  他人はエライが、自分もエライのだ。よく戦ってきたじゃないか。満身創痍の身で戦場を馳駆(ちく)し、生きのびた。〈自分もエライんだ〉と思わなきゃ、長生きしてる甲斐もないじゃないか   『ひよこのひとりごと』より

◇ 「人間の最上の徳は

 私は人間の最上の徳は人に対して上機嫌で接することと思っている。しかしこれは中々にむつかしい。相手の許容能力にもよるし、性格にもよる。上機嫌の登場方法にもよろうし、生育文化の質にもよろう。

   『老いてこそ上機嫌』より

 

 

|

« 『上機嫌の才能』  その2 | トップページ | 中尾ミエさんの元気  ー 徹子の部屋 ー  »

コメント

なんだか可愛らしいお人形のようなシシトウさんたち。
マリア菜園のシシトウがいっちばん美味しくて忘れられません。
※ ムーミンパパより
  コメントありがとう(^ー^)
  濃いグリーンで、この夏のは特に味が良いみたいに思います❗懐かしの味覚に入れてくれていて、嬉しいです。 オクラも収穫できるようになってきました。生長がゆっくりで、どうかなと思っていたのですけれど、有難いです。新鮮・無農薬というのがなによりですね。 暑いけれど、暑さのおかげで実っているやでは、と思います‼️

投稿: rommy | 2020年8月19日 (水) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『上機嫌の才能』  その2 | トップページ | 中尾ミエさんの元気  ー 徹子の部屋 ー  »