« 10月4日は語呂合わせで「天使の日」でした | トップページ | 運動会の俳句 »

2020年10月 7日 (水)

「何を今さら?」 なんてない  

0003_20201007102801   いのちのことば社発行のクリスチャン新聞10月号に、こんな記事がありました。

 47歳でオカリナやギターをもっと上達したいと取り組んでおられることと、聖書の創世記のアブラハムとサラのことと結んで、心の奥底からやりたいと湧き上がってくるなら、その道に進んでほしいと思う と力強く書いておられます。

 私は、47歳の数字の位置を逆にした74歳ですけれど、ステイ・ホームの呼びかけの始まった頃から毎日ピアノに向かうようになりました。

 指がよろめきかけていたのが、少しシャンとしてきました。 小学校に通っていたころに今の半分でも熱心にピアノを練習していたら・・・と思うと、いかにも遅まきではありますけれど、日々、こうしたプラスの積み重ねをしていますと、身も心も前向きになってくるようで、いいものですね。

 作れる家庭料理のレパートリーも、この秋にいくつか増やせたら嬉しいです。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 10月4日は語呂合わせで「天使の日」でした | トップページ | 運動会の俳句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月4日は語呂合わせで「天使の日」でした | トップページ | 運動会の俳句 »