« 桜紅葉 | トップページ | 江戸は一日にして成らず   『家康、江戸を裁てる』 門井慶喜 著 »

2020年10月12日 (月)

詩 「初恋」  島崎藤村 

0006_20201011170801  秋 ・・・ 芸術の秋 ということで、島崎藤村の「初恋」の詩を。

文語体の詩 ・・・ 何か リズムもあって、この季節に いいですよね。

写真は、いただき物のりんごでのコンポートです。 詩と息が合っていないかな。

とても美味しくいただきました。ありがとうございます。

 今日も、よい日となりますように

 

 

初恋 島崎藤村

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり


やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり


わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな


林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

|

« 桜紅葉 | トップページ | 江戸は一日にして成らず   『家康、江戸を裁てる』 門井慶喜 著 »

コメント

藤村の初恋
ありがとう!
改めて解説を見ました。
明治30年藤村25歳の刊行若菜集に掲載されてるんですね。
日清戦争が終わった時期にこの詩が書けるなんて・・・
ジャパンポップスに使えそうで驚きます。
※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとう!! 書かれた時代のことも調べていただいて嬉しいです。 ジャパンポップスと申しますか、ちょっと古風かと思いますが、歌にもなっていますね。 「初恋」・・・美しく甘い響きがありますね。初代カルピスの宣伝や、ツルゲーネフの小説の題にも。
 秋の日々・・・お健やかでお歩みください。

投稿: 坂本 | 2020年10月12日 (月) 19時32分

林檎の季節は、なんだか うれしいです(笑)
木を植え続けて、冬眠の熊さんと寝た、アップルシードさんに感謝!
※ ムーミンパパより
 涙とともに種蒔く者は、喜びの歌をもって収穫する  ・・・ 稲の実り りんご や 柿 イチジク ザクロ など、実りの秋は特にすてきですね。 よい日とな
りますように。

投稿: kei | 2020年10月12日 (月) 10時37分

藤村、林檎、いいですねえ
ありがとうございます!
※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。 りんご ・・・ その味わいとともに、ニュートン、ウイリアム・テル、白雪姫 など、いろいろな世界に登場していること、すてきですね。 よい日となりますように。 

投稿: Kh | 2020年10月12日 (月) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜紅葉 | トップページ | 江戸は一日にして成らず   『家康、江戸を裁てる』 門井慶喜 著 »