« 『まち』 小野寺史宜 | トップページ | 上田敏 『海潮音』から 秋の詩 »

2020年10月31日 (土)

作って置いておかなければ 棚からぼた餅は落ちてこない 

 「棚からぼた餅」というけれど、作って置いておかなければ、ぼた餅は落ちてこないと学生時代に教えられました。

 久々に、その先生の言葉を思い浮かべたのは、昨日、朝のドラマ「エール」で、甲子園で歌われる♪「栄冠は君に輝く」を聞いて感激し、それに続いて、それを歌った山崎育三郎さんが出演しておられたNHKの朝イチを見てのことでした。

 育三郎さんは、小学3年生から歌のレッスンを受け始め、好きだった野球と両立させてレッスンを続け、小学6年生の時にオーディションを受けてミュージカルの主役でデビューされたとのこと。

 中学三年生で声変わりを経験し、子どもの歌も大人の歌も歌えなくなった時期があったそうですが、高校の音楽科と大学の音楽科で声楽を初心に帰って学び、「レ・ミゼラブル」のオーディションを受け、二万人の応募者の中から五次まであった審査に合格・・・その土台となったのは、3時間に及ぶミュージカル「レ・ミゼラブル」のすべての歌をそらんじて歌うことができるほどの熱中ぶりだったそうです。 

 大樹は、地上にあらわているのと同等か、それ以上の根を地中に繁らせている ・・・ 改めてそんなことを感じた昨朝でした。

 役柄のために育三郎さんは5キロ、ウエイトを落としたそうです。 あの歌声を保ちながらの5キロ・・・ムーミンパパとは違って、それまでもぜい肉などはない体型だったのに・・・ その歌声に、感動いたしました。

 今日も、良い日となりますように。 10月から11月にバトンが渡りますね。 お身体、お大切に。

|

« 『まち』 小野寺史宜 | トップページ | 上田敏 『海潮音』から 秋の詩 »

コメント

 土曜日の「SONGS」で直太朗君と「さくら」をデユエットしたのを聴きました。
 まさに芸術でした。
※ ムーミンパパより
  コメント、ありがとうございます。 「SONGS」 録画していて未見でしたが、このコメントをきっかけに見始めました。おお、エール特集ですね。聞き応え・見応えがあります。 楽しませていただいています。 ありがとう(^J^) 音楽の良さが強く伝わってきて幸せです。
 11月も、お互い 健やかで良い日々となりますように!!

投稿: 坂本 | 2020年11月 1日 (日) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『まち』 小野寺史宜 | トップページ | 上田敏 『海潮音』から 秋の詩 »