« 「何を今さら?」 なんてない   | トップページ | 『平和のバトン』 2020年 読書感想文コンクール 中学生向け 課題図書 »

2020年10月 8日 (木)

運動会の俳句

 コロナ禍で、運動会・体育祭などの学校行事も縮小の動きがあるかと思いますが、歳時記にある俳句を眺めて見たいと思います。

 角川俳句歳時記 第四版 電子版を活用させていただきました。

 今日も、よい日となりますように。

   ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

運動会(うんどうかい《うんどうくわい》)  
体育祭(たいいくさい)

秋-生活」の季語
天高く空気の澄む秋はスポーツに適し、学校・会社・団体などの運動会が行われる。

運動会村の自動車集まれり        右城暮石
運動会授乳の母をはづかしがる      草間時彦
手廂(てびさし)に子を追ひかけて運動会 土生重次
運動会子の手握れば走りたし       加藤憲曠
運動会消えたる国の旗つらね       戸恒東人
運動会午後へ白線引き直す        西村和子
ねかされて運動会の旗の束        千葉皓史
楡の木の風の湧きたつ体育祭       井上弘美

|

« 「何を今さら?」 なんてない   | トップページ | 『平和のバトン』 2020年 読書感想文コンクール 中学生向け 課題図書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「何を今さら?」 なんてない   | トップページ | 『平和のバトン』 2020年 読書感想文コンクール 中学生向け 課題図書 »