« 『走れメロス』とミシュナ  その1 | トップページ | 息の長い実り シシトウ »

2020年11月24日 (火)

『走れメロス』とミシュナ  その2

 お待たせいたしました。昨日の続きです。

 二人の人が向かい合って、右手で相手の頬を叩こうとすると・・・相手の頬は左右どちらということになりますか。

 左の頬になりますね。「走れメロス」の本文では叩いたのは右頬となっていますから、そのことに気づいて生徒は「セリヌンティウスは左利きなのですか?」と尋ねたのです。告白いたします。授業者である私は、事前には気づいていませんでした。

 ここからは実際の授業に戻ります。

   ◇    ◇    ◇    ◇

・この場面を、信頼していた相手のことを三日間のうちに一瞬でも疑ったことを告白し合って、力一杯殴り合ってから抱擁し合った二人に感動して、どちらの頬かなど考えもしなかったのに文章に目をとめて質問したのはすごい。

・すごい。 ただし、セリヌンティウスは左利きだったかもしれないけれど、右手で相手の右頬を打つこともできる。・・・手のひらをかえして手の甲のほうで相手を打つ叩き方をすれば。 ということで、いわゆる「裏拳」という叩き方が 話題になる。

 ここで、授業終了のチャイムとなり、次の時間に結論は持ち越しとなりました。

  ◇    ◇    ◇    ◇

0007_20201122153701  授業者として どう決着するかを 必死に考えたとき、この本に出会いました。

曾野綾子さんのこの本に「ミシュナ」のことが書かれていたのです。

 右の手の甲で手首を利かせて強く相手の右頬を打つのは、奴隷を罰するような非常に大きな侮辱で、手のひらのやわらかい部分で相手を打ったときの倍額に相当する罰金で償うことが「ミシュナ」に明記されているというのです。公教育ですのでこの「ミシュナ」の全文や、曾野綾子さんの文章は直接には示しませんでした。

 授業では、信頼していた友人を一瞬でも疑ったことをメロスとセリヌンティウスは手の甲で力一杯叩き合い、そしてゆるしあって抱擁したのだ というほうが、左利きということよりも読みが深まる、そして暴君の心はそのこともあって人間への不信の思いが変わったのだという方向へ進みました。

 真剣に原文と向き合い、勇気を出して質問した生徒、そしてその生徒の質問を受けとめて一緒に考えたクラスの仲間たちから大きなことを学ばせてもらった忘れられない授業となりました。

 

『聖書を読むという快楽』から「ミシュナ」について書かれたところを下に紹介させていただきます。

 今日は、登山の好きな妹の誕生日です。おめでとう(^J^)

 良い日となりますように。


0005_20201122154401
0006_20201122153801
0004_20201122154601

 

 

|

« 『走れメロス』とミシュナ  その1 | トップページ | 息の長い実り シシトウ »

コメント

二日目、思いがけない展開でした!すごい!!!歴史に残るスーパー授業ですね!
※ ムーミンパパより
  (歴史にはともかく)そのクラスの子たちとの学びのことは、心に深く刻まれています (^J^)
教育の二文字を「教え育てること」と解すると、大人からの働きかけばかりになってしまうきらいがありますので、「教え合い育て合うこと」と読み解きたいと思います。今日も、良い日となりますように。

投稿: kei | 2020年11月24日 (火) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『走れメロス』とミシュナ  その1 | トップページ | 息の長い実り シシトウ »