« この季節の短歌・俳句 | トップページ | 『それはあまくないかなあ、森君』 »

2020年12月20日 (日)

メダカと金魚

0057  メダカの瓶に、金魚のおもちゃを浮かべてみました。ひと昔まえに♪「メダカの兄弟」という歌が流行りましたね。(ひと昔 どころではないかも) メダカの目にはクジラのように見えるかもしれません。

 仲良くお話ししているような位置にいたメダカでしたが、写真を撮りに行ったら、もう一匹はかくれてしまいました。

 時々、環境に変化をつけていますけれど、メダカにとってどうなのか・・・ありがた迷惑かもしれません。けれど、半円形のトンネルは置いてからしばらくしてお気に入りの場所になったようで、そこから顔を少し出して、こちらの様子をうかがっていることがあります、

 今日も、暖かくしてお健やかでお歩みくださいますように。

 今日は、クリスマスの礼拝が各教会で捧げられます。 教会によってはオンライン礼拝のところもあります。

 メリークリスマス !!

0053

|

« この季節の短歌・俳句 | トップページ | 『それはあまくないかなあ、森君』 »

コメント

この赤い金魚はもしかして、お風呂で子どもたちが遊ばせてもらったあの金魚かしら!?懐かしいです!
今やどこにも売っていないかもしれませんね。めだかさんには巨大なお友達ですが、変化と刺激があって
元気になるかもしれませんね。
金魚や魚の水には、川の石を入れるだけで、水が魔法のようにきれいに保ち、苔が全くできません。
我が家の金魚はもう10年以上綺麗なお水で生きています。
※ ムーミンパパより
  おおーっ まさにその金魚です。ゼンマイを巻くと泳ぎます。 メダカを驚かすといけないので、今は浮かべているだけですけれど。
川の石に、そういう効力があるのですか・・・ 試してみますね。 ありがとうございます(^J^)

投稿: rommy | 2020年12月21日 (月) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この季節の短歌・俳句 | トップページ | 『それはあまくないかなあ、森君』 »