« 「with コロナ」という言葉について思うこと | トップページ | コックさん »

2021年1月29日 (金)

歌人 永田和宏さん

1bann  ある方から、歌人 永田和宏さんがやはり歌人であった奥様、河野裕子さんを偲んで書いた文章の載っている新聞をいただきました。朝日新聞1月13日(水)朝刊。 ありがとうございます。

 画像を2枚に分けて掲載させていただきます。2_20210128162401   

 短歌は太字で書かれています。

 永田和宏さんが岐阜で講演なさったとき、「私の中では妻は生きています」とおっしゃいました。 俳優の仲代達矢さんが美濃加茂市でお話しなさったとき、「私の中では、家内は生きています」と語られました。 平均寿命は女性のほうが長いのですけれど、年下の奥様が先立たれる例もあります。

 75歳以上の女性の半数以上は伴侶を亡くされているという文章に先日出会いました。FFMという冊子です。 下に掲載させていただきます。

0003_20210128164801 こういうことは、なかなか覚悟できないことですけれど、

お互いをかけがえのない存在として、毎日、大切にしあって歩んでいきたい

と改めて思いました。

 

 今日も、良い日となりますように。0006_20210128164901

 

|

« 「with コロナ」という言葉について思うこと | トップページ | コックさん »

コメント

永田和宏さん、河野裕子さんの夫婦愛に心うたれます。
※ ムーミンパパより
  そうですね。歌人夫婦はほかに与謝野鉄幹さん・与謝野晶子さんご夫婦、三浦光世さん三浦綾子さんご夫妻のことが思い浮かびます。
 短歌でお互いの思いを伝え合う それも家族だけの内輪の存在にせずに本にして出版してくださるというのはなかなか得がたいことだと思います。 そのおかげで、いろいろなことを感じ、学ばせていただけますね。 今日の岐阜市にはけっこう雪が降りました。近づく春に思いを馳せながら、暖かくして元気で歩みましょう。

投稿: marianoyuri | 2021年1月29日 (金) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「with コロナ」という言葉について思うこと | トップページ | コックさん »