« NHK俳句 1月24日 テーマ「寒」 | トップページ | 「with コロナ」という言葉について思うこと »

2021年1月27日 (水)

『感・謝・離』 ーずっと一緒にー

Photo_20210125123801 62年間ともに歩んだ奥様を看取った河崎敬一さんが書き綴った本です。かけがえのない伴侶を召されて悲しんでおられるのです。けれど、読ませていただくと、なんと申しましょうか、ある意味、文章全体が奥様への〝おのろけ〟と申し上げてよいかも知れません。明るいのです。

『感・謝・離』 ーずっと一緒にー 

著者 河崎 啓一さん

双葉社 2020年3月22日 第1刷発行

 この本が生まれたのは、朝日新聞に投稿なさった下記の文章が掲載されたことがきっかけとのこと。0004_20210127103601

よろしければ、どうぞ。 この本を読まれた友人が「一晩で読みました。」と推薦してくださったおかげで出会えました。ありがとうございます。

 立春も近づいてまいります。どうぞ、暖かくしてお歩みくださいますように。

|

« NHK俳句 1月24日 テーマ「寒」 | トップページ | 「with コロナ」という言葉について思うこと »

コメント

ようやく、少しずつ亡くなった母の品を片付け初めていますが、なかなかはかどりません。ムーミンパパのこの記事に出会え心慰められました。元旦礼拝からずっと毎週、母のスーツ着て礼拝にでていますし、すり切れた母のパジャマ着て寝ています。片方ずつになっている母の繕った靴下もすり切れなくては捨てられない。「錦織か?」と笑われています。
(こりゃ~10年かかっても捨てられないかも)と、気がついたところです(笑)天国で新品買いに行きましょう。そうしましょう!!!感謝離!

※ ムーミンパパより 
瑞穂市で山下秀子さんの講演をお聞きし、月曜日のテレビ番組「わがやの断捨」をよく見ています。山下さんの、寄り添いながら、住む人自身をもっと大切にしてあげましょうと、時には一緒にをながらともに歩む姿に感動しています。今日も、良い日となりますように🎵

投稿: kei | 2021年1月27日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK俳句 1月24日 テーマ「寒」 | トップページ | 「with コロナ」という言葉について思うこと »