« 『十の輪をくぐる』  辻堂 ゆめ 著 | トップページ | 北海道 塩狩峠駅の石碑 »

2021年2月27日 (土)

競争より協働を   ー 北風と太陽 ムーミンパパ バージョン ー

0029_20210226111501  冬型の気圧配置が戻ってきて、陽射しは暖かいのに風が冷たくて気温が期待するほどは上昇しないという感じがしております。

 そんな状況ですので、道を急いでいるマントを着た旅人 ・・・そのマントをどちらが脱がすことが出来るかを北風と太陽が競うイソップ童話を思い出しました。

 ご存じの通り、北風が吹き付けると、旅人はマントを脱ぐどころか、ますますしっかりと着込み、太陽が暖かく照ると、ほっとした旅人はマントを脱いだというお話です。 そのお話を次のように勝手にアレンジしてみました。 いろいろふくらませていくことができるのもこうしたお話のよいところなのだと思います。← 勝手な思い込み、すみません。

    ◇    ◇    ◇    ◇

 北風が旅人のマントを脱がせることが出来なかったので、今度は太陽の番となりました。張り切った太陽が陽射しに力を込めようとしたとき、何と厚い黒雲がムクムクと起こり、せっかくの陽光を遮ってしまいました。こうした状況になったので、北風と太陽は力を合わせることにしました。

 まず、北風がピューピューと吹いて黒雲を押しのけ、続いて、太陽がぽかぽかと旅人を暖めたのです。こうして、旅人は喜んでマントを脱いで旅を続け、北風と太陽はお互いの力を認めあってリスペクトし合う関係になりました。 こういう関係を協働・・・コラボレーションと呼ぶそうです。めでたし めでたし。

   ◇    ◇     ◇    ◇

 同じ宇宙船 地球号に乗り合わせている 人間同士 ・・・ 勢力争い お山の大将になることを競争するのはやめて、力を合わせて助け合って快適な旅を続けることができるようにと願います。 with コロナ → with 希望 

 咲く花が多くなり、3月も近づいてまいりました。今日も、良い日となりますように。

 

 

 

|

« 『十の輪をくぐる』  辻堂 ゆめ 著 | トップページ | 北海道 塩狩峠駅の石碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『十の輪をくぐる』  辻堂 ゆめ 著 | トップページ | 北海道 塩狩峠駅の石碑 »