« 『公孫龍』巻1 ー青龍篇- 宮城谷昌光 | トップページ | 競争より協働を   ー 北風と太陽 ムーミンパパ バージョン ー »

2021年2月26日 (金)

『十の輪をくぐる』  辻堂 ゆめ 著

0005_20210223111401 『十の輪をくぐる』

辻堂 ゆめ 著

小学館 2020年12月1日 初版第1刷 発行

 この本も、新着図書コーナーで見かけ、書名の十の輪・・・とおの輪とは何だろうと知りたくなって借りてきました。

 とおの輪 ・・・ 1964年の東京オリンピックと2020年に開催予定だった東京オリンピックの五輪を足し算したものでした。 主人公の泰介(たいすけ)は1964年には3歳、そして現在は58歳です。

 泰介は小さいときから現在にいたるまで、あまり協調性のない、人の気持ちを思いやることのない生活をしてきました。 母にも、妻にも、そして高校生の娘にも、会社の上司、同僚にも迷惑をかけながら歩んでいます。

 読み始めて、そういう泰介の言動に読者の一人として付き合い難さを感じ、読むのをやめようかと思いました。

 著者の辻堂ゆめさんは1992年神奈川県生まれとのこと。 「ゆめ」と作者名にはあるのに、この本の主人公の姿からはゆめの描きようがないではないか・・・ ところが、その前半と申しますか、ほとんど全体の三分の二ほどは、それに続くフィナーレへの周到な布石だったのです。

 ある日、80歳で認知症の母 万津子はテレビのオリンピック特集を見ていて「私は東洋の魔女」「泰介には秘密」とつぶやき始めます。さて、どんなストーリーが展開するのでしょうか。

 今日も、良い日となりますように。

 

|

« 『公孫龍』巻1 ー青龍篇- 宮城谷昌光 | トップページ | 競争より協働を   ー 北風と太陽 ムーミンパパ バージョン ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『公孫龍』巻1 ー青龍篇- 宮城谷昌光 | トップページ | 競争より協働を   ー 北風と太陽 ムーミンパパ バージョン ー »