2019年4月11日 (木)

松葉杖と教務主任さんと子ども

 教員志望の学生たちの教育実習を受けてくださっている小学校を訪問させていただいたときのお話です。

 二本の松葉杖に支えられながら教務主任さんが迎えてくださったのでした。何でも、全校研究授業を準備している先生の授業案について一生懸命に考えていたら、どうなったものか 気がついたときには階段から落下していて、こうなったのですとのこと。

 その熱心さに心を打たれたのですが、さらにこんな話をしてくださいました。理科の授業を受け持っているクラスの子たちが数人職員室にやってきて、教科書や教材などを運んでくれたのですが、持っていく物が見当たらなくなった子が、いろいろ思案した表情でこう言ったのだそうです。

 「先生、その松葉杖を運びます」

 教務主任さんは戸惑いました。 「今、僕はこの松葉杖とは切っても切れない関係で・・・・・」とおっしゃったかどうか・・・

  ◇    □    ○   ※   ☆

 「足の負傷で 痛い思い 不自由な思いをしています。 でも、子どもたちの優しい心を 身に染みて感じましたから、今度のことは私の大事な宝物です」

 ・・・ この先生 この学校 で 教育実習できる学生たちの幸せを思いつつ、辞去させていただきました。 10年ほど前のことです。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

子どもの一言

 入学式のシーズンですね。 小学校に勤めていたときの子どもの一言を思い出しました。

 入学予定の子どもたちに、前年の秋「就学時検診」で保護者の方と一緒に学校に来てもらった時の一言。

眼科や歯科、内科などの校医さんたちの検診が終わって、運動場で遊んでいた子に一声かけました。

 「四月には小学一年生だね。元気に登校してね、待っていますよ」

 その子は、おずおずと言いました。

「虫歯があっても、入学できるの?」

 な、なんと いじらしいのでしょう。その子は先ほど受診した歯医者さんの検査で数本の虫歯が見つかったことに心を痛めていたのでした。

「もちろん、あなたは四月には新一年生だよ。安心して入学式にきてください」

 ぱっと、その子は顔を輝かせました。

 2019年4月 元号が代わって初めての入学式。 どの子も 笑顔でスタートできますように。

  入学式には 桜が似合うということで、関根一夫牧師先生が撮影された新宿御苑の写真を転載させていただきます。関根先生、美しい写真をありがとうございます。

Photo_9
B
B

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

「先生の夢は」 と尋ねられて

 岐阜県では、1月8日(月)に始業式を行った小中学校はおよそ半数だそうです。 残る半数の学校は、県内でも雪が降りやすい地域で、そういう地域は、夏休みを少し短くして、その分、冬休みを長くしているということであると思います。

 その始業式の日に、書き初めで今年の決意などをしたためた学校が岐阜新聞に紹介されていました。

0009 その記事を読んでいて、思い出したことがあります。

  書き初めではなく、四月、新年度がスタートして間がない頃、休み時間校庭で出会った四年生に、「あなたの将来の夢は?」と問いかけました。(そのころ、カラスが巣を作りかけるのであきらめさせるため、校庭の木に登るなどしていました。)

  その子は、元気な声で答えてくれました。ところが、その後で、「校長先生の今年の目標は?」と問いかけてきたのです。 

  ええっ ・・・予期せぬ逆襲 !! とりあえず「みんなが元気に成長して世の中を幸せに出来る大人になってくれること」とかなんとか答えたのですが、子どもたちに尋ねることだけ考えていて、自分自身の将来の夢ということを真剣に考えたかどうかを省みながら心の中は波立っていました。

  それとともに、おお、自分にも将来があるのだ、少なくとも、その子はそう思ってくれていると、とてもうれしく思いました。

 一年の計は元旦にあり ・・・ 早く過ぎ去る一日一日ですが、それだからこそ貴重なこの年  大きくなくてもよいので、しっかりと目標を定め、ゴールに向かってシュートを放つことが出来るように しっかりとした発射台を築きたいと思います。 半月遅れではありますが、上記の新聞にそう教えられました。ありがとうございます。

  今日も、よい日となりますように。

  日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

「子グマの滑落と登頂」

 今日の二つ目の記事となります。 時々登場していただく関根一夫牧師先生のメールマガジン 「いてくれてありがとう」 の本日の内容です。2分少しの映像です。ご覧いただければ、幸いです。 関根先生、ありがとうございます。

【子グマの滑落と登頂】

[雪の絶壁を滑落する子熊と待つ母熊]という動画がSNSに投稿されていました。
タイトル通り、雪の絶壁を登っていく母クマと子グマ。
母熊は登り終えますが、子グマは何度も滑落します。
Facebookでは「笑ったらシェア」となっていましたが、とても笑える内容ではありません。
それこそハラハラドキドキ、心臓に悪い映像です。
でも、とにかく、子グマは何度か滑落しますが、最後には登り上がります。
拍手!拍手!という感じです。

一ヶ月ほど前「クマにあったらどうするか」という本の紹介をさせていただきました。
その本の中に、春先、穴から出てきた母親と子グマは雪で階段を作って遊んだり、木に登って遊んだりするという内容が書かれていたのを思い出しました。
まさしく、母熊は子グマの自立を願いつつ、難しい道をあえて通過させ自然の厳しさを身をもって教えているのかもしれないと感じました。
母親クマは子グマが何度も滑落し、それでも登ってくるのをじーっと待っています。
そして、登り終わると走って別の場所に移動するのです。
無事に登りきったのをみて、喜ぶ母親の嬉しさが伝わてくるようでした。
映像はこちら
https://youtu.be/IiY9llSN5kY

登りきって、目があったときの母子の心は「いてくれてありがとう」だったのではないかなと
思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

昨日の清流高等特別支援学校の写真たち

 ホームページを見ることができない方もおられると思いますので、写真で昨日のブログの追加をしたいと思います。

0009 正面玄関です。

0014 200円のモーニングセット カフェオレは10円増しとのこと。

  コーヒーの量が少なく見える?

  すみません。 写真を撮ろうと思ったのが少し遅くなりましたので、コーヒーの量が少なめになっておりました。

 臨場感がある ・・・ああ、あなたは優しい方ですね。ありがとうございます。

0005 焼き上がってきた 販売コーナーのパンたち 一個 80円 テーブルロールは この一袋で お値打ちな値段です。

 どれも 美味でありました。

 今日も、よい日となりますように。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

岐阜清流高等特別支援学校 喫茶サービス

  喫茶店のモーニングサービス・・・愛知県や岐阜県では、かなり一般化しているのだそうですね。

  今日、ご紹介しますのは岐阜市芥見の岐阜清流高等特別支援学校で教育の一環として実践されている喫茶サービスです。

0007_2左の、☆印の日 午前9時半~12時ですが、品物がなくなったら閉店です。

 下のUrlをクリックしていただきますと、メニューなど、詳しく見ていただけます。

http://school.gifu-net.ed.jp/seiryu-asns/cafe.html

 生徒さんも自信とノウハウを身につけてきて、とても感じのよい応対をしてくれます。

  ドリンクと焼きたてパン プラスアルファ で 200円  それをいただいていると 売店コーナーに パンが焼き上がってきて・・・ いくつか種類がありますが 一個80円 などなど。

 張り切る若人たち さりげない立ち位置から見届ける先生方 ・・・

 地理的・時間的な条件がうまく合わせていただける方は、ぜひ、どうぞ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

ある小学校のポスター

0005 11月25日(土)のことです。

 学校を訪問させていただく機会は、ほとんどなくなっているのですが、現職時代に同じ小学校で勤務していたかたが、「張り切って授業しますので・・・」と声を掛けてくださいました。

  子どもたちが自分から進んで学ぶこと、学び方を自分のものにしていて、見応えのある授業でした。

  廊下に児童会活動で呼びかけているポスターが掲示されていました。

  明るい表情に、目も、心も嬉しくなり、ご紹介させていただきます。

  このポスターのような明るい表情で、挨拶が交わせたら、すてきですね。

  日曜日。今日も、よい日となります0006_2

ように。

 キリスト教会の礼拝に、よろしけれ

ば、お出かけください。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

すてきな紙細工

0002 ある小学校の特別支援学級の担任の先生にお届けしたい本があって、短時間でしたが、訪問させていただきました。

  クラスの子どもたちも歓迎してくれて、一緒に歌を歌い、辞去しようとしましたら、紙細工をプレゼントしてくれました。

 うーむ、折り紙で鶴をおることができずに、オバマ大統領が広島を訪れたときに自分で折った二羽の折り鶴を持参したことに脱帽した私ですから、このクワガタには驚いて、目が点になりました← だいぶん前の表現ですね。 私には、到底作り得ないすばらしい作品です。

  本当にありがとうございました。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

先見性のある町長さん

0002
 写真は、岐阜公園の一画にある池の上にしつらえられた信長公と濃姫さんの菊人形です。

  さて、昨日、IT教育の先進校のことを書きました。まだまだ、教育へのパソコン導入の黎明期だった時代に、その中学校は、文部省と経済産業省の共同事業、プロジェクト100校の一つとして、教育実践を進めていました。 

 その推進力となったのが、町長さんの先見性と子どもたちへの教育愛に基づく決断力でした。

 当時、コンピューターとネットワークのシステムはとても高価でした。学校からの予算要望に「こんなに金額がかさんで大丈夫だろうか」と関係者が心配しながら町長さんとのヒアリングに臨んだといいます。

 じーっと予算要望書を眺めていた町長さんは、こう言われたそうです。「この台数では・・・・」   関係者が駄目か、と思った瞬間  町長さんはこう続けられたそうです。

 「この台数では少ない。倍にしなさい」 ・・・ 当事者は耳を疑ったそうです。

「この町の学校訪問をして、児童生徒が自分の意見を自信を持って述べる力や、お互いの考えを交流する力の弱いことが気になっている。コンピュータは決して万能の道具ではないが、子どもたちの表現力、考えを交流する力を育てることの一助となることは、期待が持てる。子どもたちの将来のためだ。倍にしなさい」

  そういえば、この町にカラーコピー機が入ったとき、町長さんは、

「一番有効に使えるのは、小学校だろう。小学校に導入して、幸い役場は目の前だから、役場の職員が必要なときに小学校へ出向くようにしなさい」とおっしゃったそうです。

 私がその町の中学校に勤務したとき、その町長さんは引退されて、公民館で、古典の講座の講師を務めておられました。懐の大きな、そして奥の深い文化・教養を教育に生かして尽くしてくださった方だったのです。

  時々紹介させていただく児童の権利条約の根幹の精神となっている「すべての大人は子どもに最善のものを贈る義務を負う」という言葉を、昨日と今日のブログの結びとさせていただきます。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日。キリスト教会では、神様に礼拝をお献げします。よき日曜日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

子どもたちへの 贈り物

0002
  岐阜新聞朝刊に岐阜県内の学校への長年継続されているプレゼントの記事が掲載されていました。(2017年9月7日付けです)

 一つは、小学校の図書館への本の寄贈です。1972年から始まり、本年度までの総合計が。87万1815冊(12億6950万円相当だそうです。 経費をまかなってくださり、図書の選定は学校に委ねてくださっています。

 もう一つは、1979年からの機器の贈呈です。今年度は、プロジェクターで、今までに機器を贈呈された学校は388校に達しているとのことです。

0001
 OECDに加盟している国を対象に行われている学力状況調査PISAで、日本は上位の成績を上げていますが、公教育の教育予算では、日本は下位に属しています。

  保護者と教師の驚異的な努力に支えられて高学力を維持している傾向が強いのです。

 そうした事情もありますので、この記事にあるような、贈り物を長年続けていただいているお志の高さ、子どもたちの学びへのサポートには、本当に感謝の他ありません。

  日本は、もっと子どもたちを育てるために教育予算を大きく増額して本当に豊かな国になることができるはずだと思います。

  PISAによる調査で「世界一高い学力を備えた子どもを育てている国」と讃えられているフィンランドは、経済的に苦しい時代に、なにに力をいれるべきかについて深く考え、教育を優先にすることを決断しました。その結果、経済的にも豊かになった国です。 公立の図書館は、実際に視察に訪れた方の感じたところでは日本のコンビニよりも身近で数も多いそうです。蔵書も、新しい本をたくさん購入して、充実しているとのこと。

  こうした努力も実って、保護者の経済格差がこどもの学力の差を生まないことでもフィンランドは世界一と言われています。

 良い姿は、積極的に採り入れ、見習いたいですね。

 今日も、よい日となりますように。

 今日は、私の身近な女性・・・ムーミンママの誕生日です。おめでとう。これからも、よろしくお願いいたします・

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧