2019年3月14日 (木)

「ユーモアのセンス」 関根一夫先生のメールマガジンから

 時々、引用紹介させていただく関根一夫牧師さんのメールマガジン「いてくれてありがとう」の3月6日号を引用させていただきます。ありがとうございます。

 今日も、良い日となりますように。

  ◇   □   ○   ※   ☆

【ユーモアのセンス】

「のぞみはもうありません」
と面と向かって言われ、私は絶句した。
ところがその人が言った。
「のぞみはありませんが、光はあります」
なんと素晴らしい言葉だと私は感激した。
このように言ってくださったのは
もちろん、新幹線の切符売り場の駅員さんである」

(京都大学名誉教授 河合隼雄)
+++
いかにも河合先生らしいユーモラスなお話。先日フェイスブックに紹介されていました。
河合先生とは、何度か一緒に仕事をさせていただき、臨床美術の仕事を始めた時金子先生たちと京都のオフィスにも伺って一日お話を聞いたことがありました。
同じ河合先生の言葉を紹介します。
***
冗談による笑いは、世界を開き、
これまでと異なる見方を
一瞬に導入するような効果をもつことがある。
八方ふさがりと思えるとき、
笑いが思いがけぬ方向に
突破口を開いてくれる。

   ***
自立ということは、
依存を排除することではなく、
必要な存在を受けいれ、
自分がどれほど依存しているかを自覚し、
感謝していることではなかろうか。
依存を排して自立を急ぐ人は、
自立ではなく孤立になってしまう。

   ***
「まじめに、真剣に」
ということにとらわれると
視野が狭くなります。
これは一番怖いこと。
視野を広げるために一番大事なものは、
「道草、ゆとり、遊び」

***
お会いしてお話をしていた時、「いてくれてありがとう」の発想をとて高く評価してくださいました。
楽しい話をしながら、とても真剣で深刻な話も聞かせてくださった
河合先生、いてくれてありがとう。そのユーモアのセンス、忘れません。
すでに先生はこの世にいませんが「心の処方箋」という本をはじめ、
心のほっとする本を残してくださいました。
いてくれてありがとう!

+++++++++++

◎主の平和と祝福がありますように!

関根一夫
pastor.kaz@gmail.com
https://www.kazsek.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

壊れた友情を立て直す法則

壊れた友情を立て直す法則

 

※ 出典 「SAIWAINAHITO CALENDAR 2019」

     発行 小牧者(しょうぼくしゃ)出版 

 これも、立て直すには、まず倒そう ・・・ などと早まらないでくださいね。壊れていない友情をわざわざ壊して立て直す必要はありませぬ。

「壊れた友情を立て直す法則」

友の過ちは砂の上に書くものだ。

満ち潮で消されてしまうように。

友への感謝は岩の上に刻むものだ。

雨風に負けず永遠に覚えているように。

友の涙は雲の上に乗せてあげよう。

つらい時、雨が降ったら、

自分も一緒に泣いてあげるために。

生きていれば、誰かのせいで、

さびしい思いもするし、

ありがたいこともあるのが常だ。

ほとんどの人は、感謝はすぐに忘れ、

心のしこりは長く心に留めておくものだ。

しかし、思慮深い人は、感謝はいつまでも忘れず、

さびしさはすぐに払い落とし、

心のしこりを捨てて生きている。

友よ。

私たちも、もし誰かに対する心のしこりが残っているなら、

今、この瞬間からそれを振り払おう。

 

 ◇    □   ○   ※  ☆

 

 弟子たちに、どう祈ったらよいかと云われてイエス・キリストが教えられた主の祈りの一節に「われらが許すごとく われらの罪をも 許し給え」とあります。 お互いにゆるし、ゆるされあう存在へと成長してまいりたいと願うものです。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

夫婦げんかの秘訣

 

 グレースチャペルの新会堂の献堂式のおりにいただいたカレンダーから

1月の下旬に「学べるカレンダー」を何回か引用紹介させていただきました。

 

 好評でしたので、改めて何回か引用・掲載させていただきます。

※ 出典 「SAIWAINAHITO CALENDAR 2019」

     発行 小牧者(しょうぼくしゃ)出版 

 初回は、「夫婦げんかの秘訣」です。 ・・・ご安心ください。聖書には頭から「人は愛し合わなければなりません。夫婦げんかなど、もってのほかです」と書いてあったりしないのです。

 ちなみに、この項には、こんな聖句が書かれています。

「怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません」 エペソ書 4章26節

「夫婦げんかの秘訣」

1.必要ならばけんかをしましょう。ぶつかることを恐れてはいけません。

2.過去の失敗を掘り返さず、今の問題についてだけ話すことを心がけましょう。

3.力で相手をねじ伏せようとしてはなりません。

4.相手の傷の部分に触れないようにしましょう。

5.ふたりが同時に怒らないようにしましょう。

6.どちらが正しいかを争うのではなく、相手の感情を受け止めてあげましょう。

7.手をつなぎ、目を合わせてけんかしましょう。

8.その日のうちに決着をつけましょう。強い人が先に謝りましょう。

  ◇    □    ○    ※    ☆

 

 夫婦になってから一度もけんかをしたことがない、という方々もおられるかもしれません。

 したくもないのに無理矢理、けんかをしなさいと勧めているのでもありません。 「必要ならば」 と最初に書かれています。

 

 「手をつなぎ 目を合わせてけんかしましょう」 ・・・ ちょっと無理なことばかもしれませんね。  どうぞ、それぞれのご夫婦バージョンを開拓なさってください。

 明日は、「壊れた友情を立て直す法則」の予定です。

 

 今日も、よい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

『乳と蜜の流るゝ郷』の一節

 昨日の賀川豊彦の『乳と蜜の流るゝ郷』のなかから、講演会での講師の話の部分を引用・紹介させていただきます。

 この小節の書かれた時代にあって先進的で実際的な実例、知識などが端的に盛り込まれていたのではないかと、読みながら思いました。

 漢字の字源についても興味を覚えるところがありました。

0001_2 今日も、良い日となりますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

詩 「青春とは」 サムエル・ウルマン

 立春という言葉に誘われて、青春ということば、そして「青春とは」というサムエル・ウルマンの詩へと心が導かれました。

 ご存じの方も多いと思いますけれど、新たな心持ちで、引用・紹介させていただきます。

   ◇    □    ○    ※   ☆

詩 「青春とは」 サムエル・ウルマン

青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。
 
若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する冒険への希求がなければならない。
 
人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。
 
歳月は人間の皮膚に皺を刻むが情熱の消失は心に皺を作る。
 
悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。
 
六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。
 
人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。
 
自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
 
希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。
 
自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、その人は若いのだ。
 
感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。
 
そのような人は神のあわれみを乞うしかない。

    ◇    □    ○    ※   ☆

 ダークダックスが「YOURTH」という題でこの詩に作曲された歌を歌っていますね。

 今日も、春に向かって進むよい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

カウンセリングについて  関根一夫牧師先生のメールマガジンから

 時々、引用紹介させていただく関根一夫牧師先生のメールマガジン「いてくれてありがとう」2019年2月6日号から引用紹介させていただきます。

 カウンセリングについての大切な心得を学ばせていただきました。ありがとうございます。

 今日も、良い日となりますように。

  ◇    □    ○   ※  ☆

【カウンセリング】

カウンセリングの仕事をしながら、痛切に感じることがあります。
相手のために、答えを見つけて、相手に代わってその答えを届けてあげることはできないということ。
どんなに真剣に考えても、最終的にはその人自身が納得し、考え方を修正し、自分自身でその方向に行動を起こさない限り、問題自体は解決に向かうことはありません。
今週も月曜と火曜の二日間、クリニックでいろいろな方とお会いし、いろいろな問題を聞かせていただきました。

そのたびに私は自分の中にある経験不足や処理能力不足を強く感じました。そして私自身が答えを出すことはできないことも思い知らされていました。
お話を聞かせていただきながら、私が読むべき本、学ぶべき内容がよくわかってきます。
そういう気付きは本当にありがたいことだと感じます。

私はそこにいて、丁寧に言葉を聞かせていただき、表情をしっかり確認し、「いてくれてありがとう」の心がどうにか通じるようにそこにいること。そして、しっかり、聞かせていただいていることを感じてもらうこと。

毎回、私が想像もできないような大変な諸問題が「人間関係」「個人的経験」の中に起こっているのだなぁと思い知らされる月曜と火曜。
でも、そこにいて、お話を聞かせていただけることで、相手が「ちょっと安心できました」という気持ちをほんの少しでも持ってお帰りいただけるなら、私の役割は半分くらいは果たせているのだろうと感じます。
その日が終わり、疲れますが、同時に、それらの方々のために祈ることができるので、疲れは案外溜まりません。
行きと帰りの自動車の中で、また、いろいろな落語を聞き始めました。私にとっての気分転換の方法の大事なひとつです。
カウンセリングの現場で、「いてくれてありがとう」の空気がもっともっと伝わればなぁと思っています。


+++++++++++

◎主の平和と祝福がありますように!

関根一夫
pastor.kaz@gmail.com
https://www.kazsek.com/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日々の聖句
  のバックナンバーはこちら
https://archives.mag2.com/M0037610/index.html?l=pcl05ac420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

「平和こそ最大の福祉である」

0003 月刊雑誌『百万人の福音』 2018年11月号に坂岡隆司さん(早稲田大学法学部卒)という クリスチャンで、障害者福祉施設「からしだね館」を開設された方が次のように書いておられます。

http://karashidane.or.jp/houjin.php

 福祉について考えるとき、どうしても書いておきたいことがあります。それは、端的に言えば、平和こそ、最大の福祉である、ということです。

 福祉は、人間の尊厳をどこまでも大事にする営みです。それは、平和を脅かすいかなる力に対しても、はっきりノーと声を上げていくことなのです。

        ◇   □   ○   ※  ☆

 見開き2ページに書かれた文章の冒頭と末尾を引用・紹介させていただきました。

 途中には、相模原市の障害者施設で起きた残忍な殺傷事件を取り上げて、戦争の時代兵隊になれない障害者が、〝ごくつぶし〟と言われたのと同じ思想が、今の社会にも影のように残っているのかもしれませんと書かれています。

 私たちが、真剣に良い福祉を願うなら、まずは平和について考えることが大切ではないでしょうか。 との一節も心に響きました。

  歴史を学び、そして現在の状況に目を向け、見識を高めることの大切さを思いました。。

  今日も、佳い日となりますように。

  立春 ・・・ 気候的にも 社会の在り方にも 暖かい春が訪れますように。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

学べるカレンダー その5

 ニーバーさん・・・この方の祈りは、いろいろなところで見かけます。 このブログでも初めてではありません。 思いを新たにして、心から祈ることが出来たら・・・と思います。

Photo 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

学べるカレンダー その4

 その3までが好評でしたので、今日は、その4を・・・。

Photo
 27日には、叱るでした。ほめるのと順序が逆のほうがよかったでしょうか。

 でも、多分、叱ることはほめるよりも難しいと感じておられる方が多いでしょうから、この順序でよかったことにしてください。 私自身、叱ることは苦手なほうですし・・・。 若い教師の時は叱るというより、憤慨して怒っていました。 その時期の教え子たち ごめんなさい。 でも、それにもめげず、たくましい大人に育ってくれていて ありがとう。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月28日 (月)

今の時期にふさわしい洒落

0007 時々、台所に立って(立たされて)、料理を学ぶムーミンパパ・・・おでんとか鍋物・・・そんなとき、ふと頭に浮かんだのが、今の時期にふさわしい洒落でした。

 何の得にもならない洒落ですが、鍋物の灰汁(あく)をすくいとっていて閃いたのです。

 大胆にも(あつかましくも) クイズ形式で、ご披露いたします。

 今のこの時期にぴったりの洒落 ・・・ 答えは漢字三文字

 手がかり ・・・ 人気番組で、木久扇さんがときどき「おぬしも悪(わる)よのう」とおっしゃいます。

 しょせん洒落などつまらないと思った方は、読むのをやめて通り過ぎてください。

 今日も、よい日となりますように。

 面白そうだと考えてくださったかたは、「続きを読む」をクリックして、答えを確かめてください。

 おいそがしいときに、ありがとうございました。

 

続きを読む "今の時期にふさわしい洒落"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧