2021年1月29日 (金)

歌人 永田和宏さん

1bann  ある方から、歌人 永田和宏さんがやはり歌人であった奥様、河野裕子さんを偲んで書いた文章の載っている新聞をいただきました。朝日新聞1月13日(水)朝刊。 ありがとうございます。

 画像を2枚に分けて掲載させていただきます。2_20210128162401   

 短歌は太字で書かれています。

 永田和宏さんが岐阜で講演なさったとき、「私の中では妻は生きています」とおっしゃいました。 俳優の仲代達矢さんが美濃加茂市でお話しなさったとき、「私の中では、家内は生きています」と語られました。 平均寿命は女性のほうが長いのですけれど、年下の奥様が先立たれる例もあります。

 75歳以上の女性の半数以上は伴侶を亡くされているという文章に先日出会いました。FFMという冊子です。 下に掲載させていただきます。

0003_20210128164801 こういうことは、なかなか覚悟できないことですけれど、

お互いをかけがえのない存在として、毎日、大切にしあって歩んでいきたい

と改めて思いました。

 

 今日も、良い日となりますように。0006_20210128164901

 

| | コメント (1)

2021年1月11日 (月)

「自分のために大切なこと」 関根一夫牧師 恵みの深呼吸 1月6日 から

 時々引用・紹介させていただく関根一夫牧師のメールマガジンからです。ありがとうございます。

  ◇    ◇     ◇     ◇    ◇

【自分のために大切なこと】

ネットにあげられていた言葉にこういうのが
ありました。ご紹介します。
カフカという人の言葉とされています。

『自分のために大切なこと』

・自分を責めないこと。
・笑える余裕をもつこと。
・悩みすぎないこと。
・気持ちに正直であること。
・よく食べ、よく寝ること。
・誰かの味方であること。
・謙虚さと感謝を忘れないこと。
・「お疲れ様」と自分に言うこと。
+++
とても興味深いのは
「誰かの味方であること」というコメントです。
それは自分の飼っているペットでもよいのかも
しれないし、ある人でも良いのかもしれません。
いずれにしても「自分のことだけに頭と心を
向けすぎない」ということの重要さを伝えて
います。
大袈裟ではなく、本当に小さな心であっても
「誰かを思いつつ生きる」という意識をもてると
心が強くなります。
ただ、その結果、報いを求めすぎると心が
歪んでしまうことが起こるかもしれません。
自分がしたことについて忘れるくらいの意識で
人の味方、誰かの味方になれたらいいですね。
深呼吸をしながら、ふと心に浮かぶ人のために
「神様、あの人を今日もお守りください」とか
「私もあの人も今日、健康でありますように」とか
祈れるだけでも大きな心の栄養になると思います。

+++++++++++

◎主の平和と祝福がありますように!

関根一夫
pastor.kaz@gmail.com
https://www.macf.info/

 

 

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

いやしの言の葉  クリスチャン新聞より

0002_20210105132301  昨日に引き続いてクリスチャン新聞(いのちのことば社 2021年1月号)から引用させていただきます。

 日野原重明医師の本に、看護師さんたちが患者さんにかける言葉について話し合っている場面が描かれていたのを思い出しました。詳しくは覚えていませんけれど、たとえば

 入浴嫌いになった患者さんに

 × お風呂に入らないと不潔になりますよ → ○ お風呂に入ると気持ちいいですよ

というようなミーティングだったと思います。

 自分の言動を振り返ると・・・と申しますか、振り返るまでもなく、あのとき自分の口から出ていったあのことば、取り消し、あやまりたいという心ない言葉が わんさかと浮かび上がってまいります。

 そして、あのとき、こう言えたらよかったのになぁ、と口に出来なかった言葉も思い浮かびます。

 けれど、あの日 あのときは帰ってきませんから、これからに今日の「いやしの言の葉」を生かしたいと思います。

  良い日となりますように。 

  今日は高山市で牧師をしている兄の誕生日です。 おめでとうございます!!

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

五日(いつか)は来るが 「いつか」は 来ない

Photo_20210105111601  早いもので、昨日は1月5日(いつか)でした。新しい年2021年は、早くもあと360日となりました。

 少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず 

 本当にそうですね。ムーミンパパにも少年だった日はあったのでした。先日、テレビで整理整頓の身についた小学生が、番組の中で大人の発した「いつか使う日が来ると思って」という言葉に鋭く切り込む場面を見ました。

 「いつか」は来ない ・・・ テレビで活躍している林先生のデビュー当時のフレーズを思い出しました。いつやるの 今でしょ」・・・うーん モラトリアム人間という言葉がかつてありました。調べてみると執行猶予という意味合いでした。

 考えてみると、いえ、実は考えるまでもなく私の生活には、先へ先へと延ばしていることがたくさんあります。

 災害に備えて準備しておくもの  少なくとも10日分の水・食料 救急用品の入ったバッグ 懐中電灯 ラジオ 乾電池 

                   ガス焜炉とボンベ 

                   地震で家が倒壊したときなどのために テントなど キャンプ用品 

 備蓄の大切なことは頭では分かっているのですけれど、実際には先に延ばしてしまっているということは、「災害に自分が遭うことは、まさかないだろう」「今まで、やってきたんだから、これからも大丈夫だろう」という確かな根拠のない願望、いざとなったら誰かが見るに見かねて援助の手を差し伸べてくれるだろうという甘えにすがっているということではないでしょうか。

 今日のタイトル 五日(いつか)は来るが 「いつか」は来ない byムーミンパパ ・・・ 私自身が自分に言い聞かせて、心を引き締め、一日一日 何かをささやかでも「今でしょ」と実行・実現 していきたいと思います。

 写真は、いただき物の落雁、手作りのプレゼントです。ありがとうございます。 さぁ、いついただきましょう ・・・「今でしょ!」

 今日も良い日となりますように。

 

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

スペシャルなデザート

朋(とも)あり遠方より来る また楽しからずや

心の友と呼べるような親友が遠くから訪ねてきてくれるのは、たいへん嬉しく楽しいものです。特に同好の志を持つ者が集まってくることは人生を豊かにします。

0005_20210103140501  遠方から訪ねてくれる友は嬉しいです。けれど、今は、できるだけソーシャルディスタンスを保つことが必要な時期です。

 近隣に住む方とも行き来をできるだけ控えめにしています。そういうご時世に、グッドタイミングで素敵なデザートを届けてくださった友人がありました。温かいお心遣いが心に染みて、おいしさが身体に沁みました。ありがとうございました。

 喜びで、新しいことばを創ろうと思いましたけれど、もとになっていることばを越えるのは難しいと感じましたので、控えました。 奥ゆかしく、けれど元気に歩んでまいりたいと思います。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

『走れメロス』とミシュナ  その2

 お待たせいたしました。昨日の続きです。

 二人の人が向かい合って、右手で相手の頬を叩こうとすると・・・相手の頬は左右どちらということになりますか。

 左の頬になりますね。「走れメロス」の本文では叩いたのは右頬となっていますから、そのことに気づいて生徒は「セリヌンティウスは左利きなのですか?」と尋ねたのです。告白いたします。授業者である私は、事前には気づいていませんでした。

 ここからは実際の授業に戻ります。

   ◇    ◇    ◇    ◇

・この場面を、信頼していた相手のことを三日間のうちに一瞬でも疑ったことを告白し合って、力一杯殴り合ってから抱擁し合った二人に感動して、どちらの頬かなど考えもしなかったのに文章に目をとめて質問したのはすごい。

・すごい。 ただし、セリヌンティウスは左利きだったかもしれないけれど、右手で相手の右頬を打つこともできる。・・・手のひらをかえして手の甲のほうで相手を打つ叩き方をすれば。 ということで、いわゆる「裏拳」という叩き方が 話題になる。

 ここで、授業終了のチャイムとなり、次の時間に結論は持ち越しとなりました。

  ◇    ◇    ◇    ◇

0007_20201122153701  授業者として どう決着するかを 必死に考えたとき、この本に出会いました。

曾野綾子さんのこの本に「ミシュナ」のことが書かれていたのです。

 右の手の甲で手首を利かせて強く相手の右頬を打つのは、奴隷を罰するような非常に大きな侮辱で、手のひらのやわらかい部分で相手を打ったときの倍額に相当する罰金で償うことが「ミシュナ」に明記されているというのです。公教育ですのでこの「ミシュナ」の全文や、曾野綾子さんの文章は直接には示しませんでした。

 授業では、信頼していた友人を一瞬でも疑ったことをメロスとセリヌンティウスは手の甲で力一杯叩き合い、そしてゆるしあって抱擁したのだ というほうが、左利きということよりも読みが深まる、そして暴君の心はそのこともあって人間への不信の思いが変わったのだという方向へ進みました。

 真剣に原文と向き合い、勇気を出して質問した生徒、そしてその生徒の質問を受けとめて一緒に考えたクラスの仲間たちから大きなことを学ばせてもらった忘れられない授業となりました。

 

『聖書を読むという快楽』から「ミシュナ」について書かれたところを下に紹介させていただきます。

 今日は、登山の好きな妹の誕生日です。おめでとう(^J^)

 良い日となりますように。


0005_20201122154401
0006_20201122153801
0004_20201122154601

 

 

| | コメント (1)

2020年11月23日 (月)

『走れメロス』とミシュナ  その1

 先週の土曜日、青春時代以来のチームメイトのことを少し書きました。

 文学で友情というと、太宰治さんの名作『走れメロス』が浮かびます。中学2年生の国語の教科書に掲載されていた『走れメロス』の授業のことを書かせてください。 走りに走ったメロスが刑場に到着した場面です。

    ◇     ◇      ◇   ◇

「私だ、刑吏! 殺されるのは、私だ。メロスだ。彼を人質にした私は、ここにいる!」と、かすれた声で精一ぱいに叫びながら、ついに磔台に昇り、釣り上げられてゆく友の両足に、かじりついた。群衆は、どよめいた。あっぱれ。ゆるせ、と口々にわめいた。セリヌンティウスの縄は、ほどかれたのである。
「セリヌンティウス。」メロスは眼に涙を浮べて言った。「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ。私は、途中で一度、悪い夢を見た。君がし私を殴ってくれなかったら、私は君と抱擁する資格さえ無いのだ。殴れ。」
 セリヌンティウスは、すべてを察した様子で首肯うなずき、刑場一ぱいに鳴り響くほど音高くメロスの右頬を殴った。殴ってから優しく微笑ほほえみ、
「メロス、私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はこの三日の間、たった一度だけ、ちらと君を疑った。生れて、はじめて君を疑った。君が私を殴ってくれなければ、私は君と抱擁できない。」
 メロスは腕にうなりをつけてセリヌンティウスの頬を殴った。
「ありがとう、友よ。」二人同時に言い、ひしと抱き合い、それから嬉し泣きにおいおい声を放って泣いた。

   ◇    ◇    ◇     ◇

 感動のクライマックス ・・・ ここで、一人の生徒がこんな質問をしたのです。

「メロスの右頬を殴ったとありますが、セリヌンティウスは左利きなのですか?」

 むむっ ・・・意表を突かれました。 (その授業で、私は国語教師でした!)

 その生徒はいつも真剣に文章を読みとろうとする努力家でした。

0020_20201123155101  二人の生徒に前に出てきてもらって、彼の質問の意図を確かめました。

 もし、よろしければ、読者の皆さんも、誰かと向き合って、もちろん本当に叩かなくていいですので、右手を出して相手の頬を叩く動作をしてみてください。 そして、今度は左手を出して相手の頬を叩こうとしてみてください。

 彼の質問の意味が分かっていただけましたでしょうか。

 長くなりますので、この続きは明日ということにさせていただきます。

 今日も、良い日となりますように。

  写真は勤労感謝の日の今日、収穫したシシトウです。8月以来、元気に育って、濃いめのグリーンの実をたくさん提供してくれています。 本当に感謝です。

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

愛は意志である

愛は意志である ・・・

 この言葉に初めて出会ったとき、驚きました。それまで、愛は感情に根ざしているものだと、さしたる根拠もなくずっと思いこんでいたからです。

 

 でも、この言葉に出会って考えてみると、確かに「あんぱんが好き」、「ココアが好き」「カレーが好き」というのと「わが子が好き」というのとは次元が違うことに気がつきました。

 

 母性愛・父性愛という言葉は、しばらく前までは特に意志がなくても、子どもが生まれたら親となった大人に自然に備わっているのだと、自明の理のように思われていました。確かにそういう面もあると思います。

 

 でも、もしそうだったら、児童虐待や育児放棄ということがどうして起こるのでしょうか。

 

 赤ちゃんが夜泣くと、大人は眠い目をこすりながら、その泣き声に応えて求めていると思われる対応をします。そのとき、眠気に立ち向かわせてその行為を支えているのは何かの利益を求める気持ちではなく、意志ではないでしょうか。その意志がもてないとき、赤ちゃんを憎いと思い、赤ちゃんの求めているのではない行為によって泣き声を強制的に静めようとしてしまう人もいるということではないでしょうか。

 

  泣くことしかできない弱い存在の幼な子・・・それだからこそ、全身を耳にして幼な子の心を聴き、よかれと考えることを疲れを乗り越えてする、その積み重ねが、幼な子をいとしいと思う心をはぐくんでいく・・・そういう側面もあるように思います。

 

 「愛」には、様々な様態、いろいろなレベルがあって、とても私などが書ききれるものではありませんが、大きくは次の三つだと書いている書物があります。

 相手が見返りを与えてくれることを期待して与える愛

 

 バレンタインデイにおける本命の人へのチョコレート

 

 人間として尊敬し、お互いを磨きあい、成長に向かわせ合う愛

 

 「走れメロス」に描かれているメロスとセリヌンティウスの友情

 

 見返りを期待できないけれど相手のために自分の全存在を賭けて愛する愛

 

 神のゆるしを得させるために、すべてを棄てて十字架に自らの意志でかかってくださったイエス・キリストの愛・そのキリストをこの世におくってくださった神様の愛

 

聖書のことば ヨハネによる福音書 第3章16節

 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

 

イザヤ書 第43章4節

 わたし(神)の目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

 

 とるに足りない私たちを、全知全能の神様が愛していてくださること、そのことを一人でも多くの方が知り、信じてその愛を受け入れることができますように。・・・心からお祈りいたします。

 

 

| | コメント (1)

2020年9月28日 (月)

握りこぶしでは握手はできない   ー 関根一夫牧師のメールマガジン 「居てくれてありがとう」 9月17日から ー

 関根一夫先生のメールマガジンから、紹介させていただきます。 関根先生、ありがとうございます。

今日も良い日となりますように。

 ◇   ◇    ◇     ◇     ◇

【握り拳では、握手できない】

昨晩、友人であり、尊敬するカウンセラーでもある永原伸彦先生と
Zoomで対談をしました。
私の著作を土台にその1章をあれこれ話し合い、1時間ほど白熱の分かち合いになりました。
楽しい時間でした。
その対談のあと先生が以前書かれたという文章を送ってくださいました。
その題は「握り拳では握手はできない」

とても、感動したので、今朝、それを皆様にシェアさせていただきたいと
思います。
+++
「握り拳では、握手できない」
    永原伸彦(茨城カウンセリングセンター副理事長)

インド独立の父で非暴力運動の指導者、マハトマ・ガンジーの言葉に表題に掲げたものがあります。
正確には、「握り拳とは、握手できない」ですが、カウンセラーとしての私には表題のように聞こえてきました。
相手のこととしてではなく、自分のこととして響いてきたのです。

 偉大なガンジーの言う「握り拳」とは、私たちの心の状態のことでしょう。
攻撃や憎しみの心、かたくなで自己中心の心こそ、人類の最大の敵であると、
彼は身をもって教えてくれました。
しかも彼の凄いところは、独立運動において、祖国を隷従させている英国本土よりも、
祖国の内なる強烈な足の引っ張り合いよりも、自分自身の中の「握り拳」こそ最も
偉大なるテーマであったと告白していることです。

 カウンセリングでは、相手と心が通じ合うこと、つまり「心で握手すること」が生命線ですから、
カウンセラーの心の状態が「握り拳」ではどうしようもないということになります。

それでは「握り拳」がゆっくりとやわらかく開かれていくにはどうしたらいいのでしょう。
 ひとつだけ言えることがあります。カウンセラー(よき聴き手)になるためには、
まず「よく聴いてもらう体験」が一番大切だということです。
それは、よく聴いてもらい、受けとめてもらい、感じとってもらうことで、
自分の「心の握り拳」が次第にほどけていき、やわらかくなっていき、
ついには開かれていくという体験こそ、よき聴き手になるための最も重要な体験だからです。
そのとき、人は、相手と握手する姿勢ができているのです。
そしておそらく、自分自身の心とも握手する準備ができている。

こう考えると、やはりカウンセリングを学ぶことは、心のやわらかさを求める人なら、
だれにでも開かれていることで、だれにでも必要なことといえるのではないでしょうか。

 最後にもうひとつ。握り拳ではできないことがあります…。
そうです。「拍手」です。相手をほめること、讃えることです。
「あなたは素晴らしい」と伝えることです。あるオーケストラの指揮者は言いました。
「私は時に思う。演奏会で最も美しい音楽は、鳴り止まぬ観客の拍手ではないかと」

+++++

 

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

社説の役割

0010_20200905095701  9月5日の岐阜新聞朝刊、社説を引用紹介させていただきます。

 社説というのは、こうありたいと、普段は社会の流れに無自覚・無責任に流されているような私なりに思いました。

 写真は、瓶の水を入れ替えている間メダカをガラスの器に移して芝生の上に置いてみた写真です。 メダカにとって新しい景観もときにはいいかなと思ったのですけれど、メダカがどう思ったかは分かりません。落ち着いて愉しんでいるように見えましたけれど・・・。

 今日も、良い日となりますように。0004_20200905095801

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧