2020年10月27日 (火)

10月26日 岐阜新聞社説から  核兵器禁止条約発効へ

0002_20201026191201  核兵器禁止条約が、2021年1月下旬に発効します。 既に核兵器を開発し、所有している大国はこの条約を批准したがらないので、批准国が50カ国・地域に達するのに年数がかかりました。 日本は、まだ批准していません。 せめて50番目の国としてでも批准国の仲間入りをしてほしかったのですけれど。 アメリカの核の傘の下に入って守ってもらうので、積極的にはこの条約の批准国にならないというのが日本国政府の考え方なのだそうです。庶民の考えの及ばない寺領なのかも知れませんけれど、地球上で唯一、原爆を実際に二発もの投下されてたくさんの人命を失い、現在もなお、原爆症などで苦しんでいる方々がおられる国として、ほんとうにそれでいいのでしょうか。

 前首相に「あなたはどこの国の首相なのですか」と面と向かって発言した被爆被害者もおられます。

 同じ日の新聞記事によると、原爆投下から75年たった現在、世界には1万発以上の核兵器があるのだそうです。

 その開発費用・製造・運搬・保管に注ぎ込まれた費用・軍事目的の費用を、飢餓対策、雇用対策、医療の推進、教育の充実、世界平和の推進のためなどに支出していたら、どんなにすばらしい地球になっていることでしょう。

 地球上の全人類、全生物のための地球環境を ことわりなしに 大国が自国の繁栄目的で汚染し続け、どんどん不健康な状態にしていく権利は あるのでしょうか。

 そんなことで良いはずがありません。

 全人類の子孫 そして、陸上や 空 海 で生息している生き物たちが危機にさらされる方向へ 進んでいくのを 反対することもできない というのは、情けなさすぎます。

 静まって コロナ禍で スモッグなどが減って 美しい山々 川 海 が 姿を現し 交通事故で亡くなる人も 大幅に減少した時期を これからの指標として 生かすべきです。

 家族が一緒に過ごす時間が増えたことも これからに 生かしたいことです。

 人類の叡智 ・・・古代中国で 大河を いかなる国も 戦略に悪用しない という誓いが為されました。 世界ペンクラブの会長を務めた井上靖さんは、その誓いが行われた土地に記念の碑を立てました。 中国の人自身が忘れていたその誓いの尊さを世界が認識して、叡智ある歴史を築くことができるようにと。

 

 古代中国の人たちにできたことを、大河以上の破壊力を持つ核兵器に対してできないまま、滅んでいくことのないようにと強く願います。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

法治国家であってほしい

0007_20201016193401   岐阜新聞に、こういう記事が掲載されました。「共同通信」発ですから、何社かの新聞にこの記事は掲載されたことと思います。

 政治に携わる人の思惑第一で、恣意的にいろいろなことを進めていくならば、それは「法治国家」ではなく、為政者という人の「人治」という集団になってしまう・・・ この記事の他に、学術会議の運営費の見直しという記事も出ていきました。

 言うことを聞かない集団には国家予算を充分充てることはしない という構えが 丸わかり ・・・ そういうことに思えますけれど、いかがでしょうか。

 この国の民として 希望と誇りが持てる 明るい展望を描くことができる ・・・ そういう政治を と心から願います。

 原子力発電をすることによって産み出される核廃棄物 ・・・ これが完全に安全に処理される技術は確立されているのでしょうか。 地中深く埋めて万年単位の年数がすぎるのを待つ・・・ 文殊とか むつとかいうプロジェクトは巨額の費用をつぎ込んで 確かな成果を上げ得た といえないままになってしまっているのが現状ではないのでしょうか。

 百年の大計 という言葉も 死語になってしまっていませんか。

 私たちの子ども 孫 に負の資産を 負わせる 無責任な先送りが 論議を尽くさないまま たくさん 為されていくことに 歯止めをかけないときに 来ているのではないでしょうか。

 学術会議に こういうことについて 大いに 力を発揮していただかねばならないときが来ていると 乏しい知識ながら 私は感じています。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

グレタさんとトランプさん

0001_20201013150301  岐阜新聞 10月13日(火)朝刊に、この記事が掲載されていました。

 地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」からアメリカの離脱を決めたトランプ大統領と、スウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(17歳)・・・ 地球環境にとって望ましいのはグレタさんの考えのほうです。 アメリカ国民は、「パリ協定」に復帰を表明しているバイデンさんと「パリ協定」から離脱したトランプさんのどちらを選ぶのでしょうか。

 地球環境は、国境と時代を超えて 地球に生息する生命みんなのかけがえのない資産といえるのではないでしょうか。

 アメリカ一国の問題ではないので、大きな視野のもとに大統領選挙に臨んでほしいですね。

 晴れ渡った秋の青空を眺めながら、そんなことを思いました。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

台風にそなえて  ー シシトウの収穫 ー

Photo_20200904185901  海水の温度が上がっていて台風10号が貪欲に成長する条件がそろっているようなのですね・・・被害が出ませんように。

 庭に出ている植木鉢などを取り込み、家庭菜園のシシトウを早めに収穫しました。

 なんと55個 ・・・2株の苗からよくこれだけたくさん実ってくれたものだと思います。

 まだ、小さい実、そして小さな花があります。台風が通過した後も、風に吹きおられることなく新たに収穫できることを願っています。

 それでは、また。 良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

文化の灯を 輝かせよう  ー本を生活に ー

 福音歌手、森 祐理さんの4月30日のラジオ放送をインターネットで聞いて、4月30日が図書館記念日であることを知りました。

http://www.moriyuri.com/radio/index.html

昭和25年の4月30日に図書館法がスタートしたことが、この記念日制定の由来だとのこと。 各市町村に図書館があるのは、この図書館法のおかげだそうです。

 よい法律が制定されると本当にすてきな世の中が築かれるのですね。ですから逆に、悪法が制定されることのないように、厳しく目を光らせることの大切さを思います。

  ◇     □     ○    ※    ☆

0006_20200508211101  読書つながりということで、岐阜新聞4月27日朝刊から、岐阜市の書店のご努力を引用・紹介させていただきます。

 今日も、良い日となりますように。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

す、すばらしい生命力   ー新聞よりー

  4月25日の岐阜新聞朝刊に、こういう記事がありました。読んだとき、なんと驚異的なニュースだろうと思いました。画像をクリックすると読みやすい大きさになることと思います。 ムーミンパパの感想は、今日のタイトルのとおりです。

 今日も、良い日となりますように。

 Photo_20200508211301

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

世界一 ヒツジが幸せな牧場に  ー 新聞から ー

0004_20200420145401  聖書には、よく羊や羊飼いが登場します。4月20日の岐阜新聞朝刊のこの記事に目がとまったのは、そういう理由からかもしれません。でも、やはり、この記事には目がひかれたことと思います。

 羊毛用のヒツジは6歳を越えると洋物品質が落ちてきて、食肉用にレストランに提供されるのだそうです。 この記事に登場しているのは、高齢になったヒツジを出荷せずに、寿命が尽きるまで飼育を続けるご夫妻の「世界一 ヒツジが幸せな牧場」をと考えているご夫妻です。

 普通には、採算が低下するでしょうし、高齢のヒツジを食肉用に出荷することで罪に処せられる0005_20200420151101 ことは、もちろんありません。 けれど、このご夫妻は、そうしないで、羊毛の品質コンテストで全国2位の成績も手にしておられるのです。

 余人にはなかなか出来ない、すてきなヒツジ牧場だなぁ、と心が温かくなりました。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

新聞から  外出を控えているイタリアで 歌声  など

0002_20200320112201  ヨーロッパでは各国の国境の通過をゆるやかにして共同体を形成してきたのに、小さなコロナウイルスが大きな影響を与えて、外出を控える呼びかけも強い調子になってきているようです。 そんな中、3月19日岐阜新聞朝刊の論説にイタリアのことが書かれていました。

 それぞれの家のバルコニーに出て歌曲を歌い交わす ・・・ さすがですね。

 

  3月20日の同じく岐阜新聞朝刊の「海外こぼれ話」の二つ目の話・・・営業停止になる飲食店にお客さんが多額のチップを送ったという話題 ・・・ 何だかアメリカらしい感じで 印象に残りました。

 その上の、象が鉄道列車の事故に遭わないように守るため、蜜蜂の羽音を聞かせるという対策が功を奏しているということにも、大いなる知恵を感じて嬉しくなりました。

 ずっと以前 「愛はアイデアル」と、子どもたちの学習のために知恵を絞る教育の先輩の言葉に胸を躍らせたものですが、象を守るためのアイデアも 愛に根ざしていることを感じたのです。

 

 それにしても、あの大きな象が蜜蜂の羽音を警戒するのはなぜでしょうか。 耳の中に蜜蜂に入り込まれて不眠症になったとか そういうような経験が 象の脳内に 蜜蜂はやっかいな存在として刻み込まれているのでしょうか。

 今日の最初の論説にフランスのルモンド紙の「コロナウイルスは私たちの脳にも伝染する」と思慮を欠く行動をいさめる言葉があります。

 小さな蜜蜂にパニックを起こす巨象のようにならないで、思慮深い歩みを築いてまいりましょう。

 今日も、良い日となりますように。

 明日は、日曜日。キリスト教会の礼拝におでかけください。

 わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している  聖書

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

 3月7日(土)その2 白線流し ー岐阜新聞3月2日朝刊からー

0002_20200307083901  新型肺炎コロナウイルスの広がりを防ぐため、休校している全国の学校 ・・・ その中には、今年度で廃校になる学校もあり、記念のセレモニーも開けなくなったところもある、とニュースで知りました。 とても大きな影響があることを改めて思います。

 そんな中、飛騨高山の母校の卒業式後の伝統行事「白線流し」が途切れることなく行われたとの記事を見て、励ましを受けました。

 この記事を直接見ることのない同窓生も居るので、転載させていただきます。岐阜新聞様、ありがとうございます。

 母校を巣立って歩んでいく後輩の皆さん、そのご家族に、そして、欲張っていますけれど、すべての方に エールをお送りします。

 今は、猛威を奮っているコロナウイルスへの対策も確立されて、花咲く春は、きっとやってきます。 元気でお歩みください。

 良い日となりますように。 心からお祈りいたします。

| | コメント (1)

2020年1月18日 (土)

「麒麟がくる」の巡回展が来る  関市岐阜県博物館

 0007_20200117190101 今年の大河ドラマ「麒麟がくる」の全国巡回展が今日1月18日から関市の百年記念公園内の岐阜県博物館で開催されます。無料だそうです。

 関心がおありでご都合のつく方は、どうぞ。

 岐阜県博物館の2回のマイミュージアムでは、土岐源氏と明智光秀展が開催されています。

 暖冬の影響だと思われます。百年記念公園内で、ツツジの花が咲いているのを見かけまし0008_20200117190701 た。 この花の撮影は、ムーミンママがいたしました。

 明日は、日曜日。

 キリスト教会の礼拝にお出かけください。

 

 なお、百年記念公園内のレストハウスは午前9時から営業、ラストオーダーは15時30分です。

 トーストセット・おかゆセットは350円、

 このセットは値打ちですが、モーニングサービスといううことでなく、営業時間中この値段です。依頼されたわけではありませんが、ご参考までにメニューを掲載させていただきます。

 

今日も良い日となりますように。

0009_20200117192001

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧