2018年5月 7日 (月)

パソコンのディスプレイの大きさ

0005 ノートパソコンで文章を書くとき、少し大きい文字で作業したいときなどに、この写真のように24インチの外付けのディスプレイにつなぐことがあります。

 大型テレビにつなぐこともできるのですが、流石に文字が巨大になるので、24インチくらいがいいかな、というところです。写真のノートパソコンの画面は15.6インチです。

 ノートパソコンと同じ画面が並んでいると注意が散漫になるので、そとづけだけを表示することもあります。

0004
  こんなことをしていて、ふっと母の言葉を思い出しました。

  何か会話していて、母に「大は小を兼ねると言うね」と申しましたら、「そうやね、でも、しゃもじは耳かきにはならないとも言うよ」と返事が返ってきたのです。

 わぁ、そういう言葉は知りませんでした。 流石に年の功と申しますか・・・。  五月の第2日曜日は、母の日、今年は、今度の日曜日が母の日ですね。

 何かにつけて、母を偲ぶ日が続きそうです。

 花がたくさん咲き、山の緑が勢いを増してきました。 どうぞ、お健やかで、お歩みくださいますように(^J^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

人間と コンピュータ

 しばらく前のことになりますが、コンピュータと対戦してチャンピオンが完敗した というニュースが報じられました。対戦種目は囲碁だったと思います。(時々、計算の速さを競うというような種目もあるようです。)

 以前は、名人の方に軍配が上がることが多かったのですから、コンピュータも力を付けてきたということなのでしょう。

 けれど、以前、こんなコメントがこうした対戦の後に表明されたことを思い出しました。

 「終盤になっても接戦だったとき、名人を応援する人はたくさんいたけれど、コンピュータを励ましているコンピュータは一台もなかった」

 「名人とコンピュータの戦いに見えるが、実際は、名人と何人もの技術者のチームとの戦いなのだ」

 ・・・ あなたは、どう思われますか?

 今回、強さを発揮したコンピュータの開発者は、これで、人間との対局を終了することにしたようです。

  それは、見識ある考え方だと、私は思います。

  マニュアルに従って、1つの局面でベターと思われる手を打つ これは、作業であって、思考・決断・意志決定と一見似てはいますが、そのようにコンピュータの回路を仕組み、参照するデータを蓄積させた人間チームの為せるわざということではないでしょうか。

 あまり、このことをつきつめて考えたわけではありませんし、こうしたことに詳しい方々には別の見解もおありだと思います。

 でも、なんだか、書いてみたかったのです。お読みいただき、ありがとうございます。 「時は金なり」の言葉がクローズアップされる時の記念日に、貴重な時間を注いでいただいて申し訳ありません。

  今日も、よい日となりますように。

  明日は日曜日。キリスト教会では神様に礼拝が献げられます。どうぞ、おいでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

Windows 10 の誘惑

   今、あなたはが使っておられるパソコンの基本ソフトは、ウインドウズXP、ウインドウズ7、ウインドウズ8.1 、あるいは、マックX などでしょうか。

  ウインドウズ9というのはなくて、今年の7月、ウインドウズ10が発表され、今回は、ウインドウズ7、または8.1の入っているパソコンは、全部ではありませんが、無料でウインドウズ10にアップ・グレード出来ることになっています。 もう、ウインドウズ10の入ったパソコンをお使いになっているかたも、おありかも知れませんね。
 ウインドウズ7は、2020年・・・東京オリンピックの年までは、発売元のマイクロソフトがウイルスなどへの安全対策をサポートすることになっています。ですから、それまでは使い続けることが出来ます。
 でも、改良版として出てきたウインドウズ10に脚光が当たって、進んでいくことはまちがいありません。 ウインドウズ7で動いているパソコンの大部分は無料で10にアップ・グレードできる、と書きました、 何ということでしょう 私の使っているパソコンは10にアップ・グレードできません、とわざわざメーカーからお知らせが来ました。
 妙なものです。 10に出来ませんと通知が来るまでは、2020年まで、何とか7でいこうと思っていたのに、10にできませんと知らされた途端に、10にしたくなりました。
 誰も私に向かって、「あなたのパソコンは時代遅れの7ですか」などと言わないのに、やがてそう言われるようになるような気がしてきたのです。
 さあ、私は、どうしたらよいでしょうか。
 普通、パソコンは5年ほどが寿命と言われています。私が使っているのは2010年12月に購入したものですから、替え時といえば替え時です。摩耗部分があるハードディスクが、「5年で寿命」の根拠のようです。 ハードディスクを新品に取り替えれば寿命は延びそうですが、主流が10になっていくときに、この判断は難しいところです。
 せめてもの抵抗、私は、『できるWindows 10』という本を購入して、予習を始めました。
  どんな点が改善されたのかを知って、ウインドウズ10を使っている自分を思い浮かべて多少なりとも心がときめくようになったら、買い換えなどを検討しようと思います。  なんと、はかない抵抗でしょう。0004   あるパソコン雑誌では、「10にしないようにと言われたパソコンを10に出来ないかと挑戦してみました」という記事も掲載されています。 うーむ、そこまで挑戦できる私でしょうか。 しばらく悩んでみますね。
 今日も、よい日となりますように。 パソコンとそんなにつきあわなくても生きていけますし・・・ねっ (^0^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

ウインドウズ10

0002  現在、あなたのパソコンに入っているのは、ウインドウズ7、あるいはウインドウズ8.1である可能性が高いと思います。アップルのパソコンやスマホ、アンドロイドのタブレットということもあるかも知れません。ウインドウズXPという場合もあるかも知れませんね。

 「ウインドウズ9」というのは、ありません。(多分。)一気にウインドウズ10にしたほうが、大きく変わった印象を与えられる とマイクロソフトが考えた、というくらいのことだろうと思います。
 ウインドウズ10は、ウインドウズ8でスタートの画面を変えたら、ウインドウズ7のほうが分かりやすく、使いやすかったという反応が多かったので、ウインドウズ7のスタート画面に戻そうということのようです。
 こんなことくらいでバージョンアップを有料にしたら、ユーザーは嬉しくないですから、無料にし、ウイルスへの防衛機能を高めるなどの付加価値を付ける ・・・ そんなところではないでしょうか。
 新しいOSにすぐ飛びつくのは、実際の動作を見ながら改良の手直しを進めていく実験台になるような面もありますから、半年くらいは様子を見る、というのが常識のようです。
 ワード、エクセル、パワーポイントなどのオフィスソフトはマイクロソフトの製品ですから、スムーズに動作するはずです。
 マイクロソフト社以外のソフト ・・・ ウイルス対策のソフト、ワープロの一太郎、年賀状や住所録関係のソフト、それから写真の編集ソフトなど・・・は、事前にマイクロソフトから情報の提供を受けて、ウインドウズ10で動くように対応を進めていることでしょう。 あまり規模の大きくない会社のソフトは、自己努力でそうした対応を、会社の存続問題につながりますから必死で進めていることでしょう。
 プリンタ、スキャナ、そしてデジカメ ・・・こうした周辺機器・外付けの機器は、ウインドウズ10のパソコンと仲良く働くための握手をする必要があり、その働きをするドライバの更新が準備されていると思います。  
 インターネットにパソコンをつなぐ回線業者(プロバイダ)も上記の努力をして、ウインドウズ10との親和性を高めていくことでしょう。
 技術革新という名のもと、パソコン業界の活性化のために、ユーザーが付き合わされる数年ごとの行事という気がしてきたかたもおられると思います。そして、その考えは正しいと私は思います。
 まあ、パソコンで使われている部品にはハードディスクのように消耗していくものもあり、寿命があるものが多いですから、パソコンを使い続ける必要とメリットがある人は、ウインドウズ10に徐々にですが付き合う、スマホやタブレットなどで用事が足りている人は、そちらのほうへ軸足を移していく、あるいは、固定電話やファックス、手書きの手紙や葉書を活用することにしよう、という道もある ・・・ こういうところでしょうか。
 携帯電話は、連絡をとりたい人をつかまえやすくしました。・・・ということは、自分もつかまえられやすくなったということです。メリット、デメリットは簡単には測れません。
 ウインドウズ10が7月29日にリリースされるのを契機に、私が考えたのは、上記のことです。
 不備なこと、到らないこと、多いと思いますので、ご自分のお考えを大切になさってください。 つたない考えをここまでお読みいただき、ありがとうございました。
 今日も、よい日となりますように。
※ 7月13日、14日の朝顔の写真は、小学一年生が大切に世話をし、花開かせたものです。掲載させていただき、ありがとうございます。
 ジョークを一つ ・・・ 今日は7月14日 ・・・ せんべいのカーニバルですね 。
「どういうこと?」とお思いになった方は、「続きを読む」をどうぞ。

続きを読む "ウインドウズ10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

すねる ? パソコンの不思議な感受性 

 いつも、夜中の12時に、記事を更新するようにセットしています。今日は、更新の準備に手間取りました。

0003  7月29日にウインドウズ10が発売されるというニュースをご存じの方は多いと思います。マイクロソフトとしては、初めて、無料でバージョンアップということです。(期間は、区切られていますけれど。)
 ウインドウズ7、ウインドウズ8からは、無料でバージョンアップできるということでしたが、一応、ウインドウズ7は2020年、ウインドウズ8は2023年まではウイルス対策が講じられるようなので、このままでいこうと思っていました。
 ところが、私が使っているパソコンのメーカーから、「お使いの機種は、ウインドウズ10にバージョンアップ出来ません。」というメールが来ました。 ウインドウズ7が入っているのですが、作られた年代によっては、こういうことになるようなのです。
 ウインドウズ10にアップする気はなかったのですが、不思議なことにこういう通知が来ると、「買い換えようか」「いっそ、今までも無料でOSをバージョンアップしてきたアップルのパソコンに乗り換えようか」などと、やや気を悪くした気分で考えました。
 すると ・・・ パソコンの動きが微妙になったのです。 作業が出来るには出来るのですけれど、微妙に動きが遅くなったり、文章を作成しているときカーソルの位置がへんなところに行ったり ・・・ まるで「ふん、どうせ、僕のこと、見限ろうと思っているんでしょ」とすねているとしか思えないタイミングで、決定的な不調ではなく、ボクシングでいうとジャブを打ってくるような感じなのです。
 そういえば、パソコンの、私より初心者のかたに「人間だって、文句を言われながら仕事するのは気分がよくないから、パソコンの悪口を言いながらパソコンを使うのは、やめようよ。励まして、お礼を言いながら使うと、頑張ろうという気になってくれるよ」となかば冗談でアドバイスしたことがあります。
 驚きました。次に行ったとき、彼の機嫌がよいのです。そしてパソコンの動作も好調なのです。彼いわく、あれ以来、パソコンに文句を言わないでほめるようにし、パソコンの気に入るようなマスコットをそばにおいたら、調子よく動いてくれるようになった・・・
 さて、そこで、今日のブログのタイトルとなりました。
 記事の更新は出来るようになりました。 でも、パソコンには内緒ですが、今後どうするか、ちょっと迷っております。
 明日は、ウインドウズ10について、私なりの思いを書かせていただきます。(科学的・合理的にというよりも心理的・文学的?な面からですので、期待なさらないでくださいまし。)
 今日も、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

パソコンが 花粉症 ?

 外部へのご迷惑をかける事態ではないと思いますが、私のパソコンで、作業させようとすることが一部ですが、出来ない状態となりました。

 しかるべき技術者に診ていただいて問題が解決するまで、このブログの更新を控えさせていただきます。
 どうぞ、ご了承くださいますように。
 私自身は、とても元気にしておりますので、ご案じくださいませんように。 4月15日は、7千9百歩ほど歩きました。 なかなか一万歩まではいけないものですね。
 それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

パソコンにも気分の波が (^J^)

 小さい子をあやすときは、相手の気分にムラがあることが、およそ分かっていて、鷹揚な、広い心で対応が出来る のが望ましい大人だという気がします。

 でも、パソコンが相手だと、こちらがいつもと同じ操作をしているつもりのときに期待する動作をしてくれないと、ちょっと大人げない思い・・・いらだったりあるいは不安になったりします。
 こうしたことは、えてして、時間に余裕のないときに起こる気がします。マーフィの法則 ?!
 ところが、25日・・・ 少し前に期待したソフトが立ち上がらず、今回も駄目だろうなと思って操作していましたら、何と、パソコンが涼しい顔で (あくまでも比喩ですが) すいすいと期待した作業を完成してくれたのです。
 むむっ  次回もこうであれば、よいのですけれど・・・。好調の原因は、パソコンに詳しい方に、好ましい動作をさせるにはどうしたらよいかを立ち話で2,3分、相談したことくらいしか思い浮かびません。 教えていただいたことをパソコンは受け付けてくれなかったのですが、その後、(パソコンが)思い直したのでしょうか。
 科学的ではないかも知れませんが、機械類が不調に陥っているときに、悪口を言わないようにし、今までの労をねぎらい、どうか、期待に添う働きを、かっこよく果たしてくださいな、と声を掛けることを心がけていることが、どこかでパソコンに通じたのでしょうか。
 さて、次回はどうでしょう。 何だか、駄々っ子を抱えているような感じです。
  師走のお忙しいときに、妙な話題ですみません。
 今日も、よい日となりますように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

「F5」のキーの働き

 インターネットにつないで、ホームページを見ているとき、必ずしも最新のページになっていないことがあります。 

 大学に勤めている詳しいかたに「ワンポイントレッスンを」と、上記の問題の解決について尋ねました。

1.上のほうにあるUターンのような絵柄のマークをクリックする

2.もっと手軽には、キーボードの上部にある「F5」のキーを押してもよい

3.閲覧ソフト ・・・ インターネットエクスプローラー や グーグルのソフトをヴァージョンアップする 〔無料)

4.それでも思ったような動きでない場合は、いったん閲覧ソフトを消去して、再インストールする

 と、教えていただきました。 

  もし、不都合を感じておられる方は、お試しくださいませ。 

 根気よくマニュアルを読んでもいいのですが、詳しい人に手ほどきしていただくのは、またありがたいものですね。 

 「コントロールキー」(Ctrlと記されています)と「p」のキーを一緒に押すとプリンタへの指示を出すことの出来る画面になります。もちろん、普通の手順通り、左上のファイルのところをクリックして印刷を選んでもよいのですけれど。 

 こういう方法をショートカットキー(ショートカット・・・近道の意)というのだそうです。 

 うーん、便利ですけれど、人生そのものは、あまり近道をさがさないで、地道にこつこつと歩むのがいいのでしょうね。 

 今日も、よい日となりますように。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

モバイル端末

Photo_4

「人は最新機器にあこがれる。その最新機器を使いこなしている自分の姿には、もっとあこがれる」

 By ムーミンパパ ← ほんとかな?

 スマートフォンを所有すると体型がよりスマートに見える、ということではありませんが、コマーシャルなどで,指先で画面にタッチして写真をスライドしたり、二本の指を画面に当てて広げると写真が拡大されたりするのは、なかなかにカッコイイですよね。

 実は、私もしばらく迷いました。けれど、私の場合、自宅と勤め先にパソコンがあるので、携帯電話があればそれで用は足りると考えて踏みとどまりました。

 ただし、新しい機器、その使い方を体験はしておきたいと考えていましたら、写真のモバイル端末をほぼ5千円で入手し、それによる通信費の増額もないという道が開けました。今のところ、使い勝手は分からないなりに、手に持って本体の向きを変えるだけで、画面を縦にしたり横にしたりできることに感心しながら試行錯誤・暗中模索しています。

 文字入力には手間がかかりますから、画像を人にみてもらったり、気に入った音楽を保存しておいてイヤホンかスピーカー、時にはテレビやステレオなどにつないで楽しむくらいかなと思っています。

 若い人、活動範囲の広い人などが情報を受け、発信するのに活用するにはいいだろうなと思います。文字・音・画像などを一つの機会で取り扱える、いわゆるマルチメディアな環境が帯同できるというのは、今の時代にあっているのでしょうね。

 さて、今日は日曜日。キリスト教会の礼拝においでくださると神様が喜んでくださいます。

 モバイル端末も、携帯も、そして電力も用いないで直接神様に祈ることが出来るのは何とすばらしいことでしょうか。

 よい日となりますように。

【聖書】 わたし(神)の目には、あなたは高価で貴い。わたしはあなたを愛している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

油断も隙もありゃしない

 先日、パソコンに新しいソフトを入れるとき、「ウイルス・セキュリティソフトを停止してください」とのメッセージが出ました。今までにもそういうことはあったので、セキュリティ・ソフトを停止して、無事に新しいソフトをインストールしました。

 問題は、その後です。今までですと、インターネットには有線でつないでいたので、ソフトのインストール中は線を外していたのですが、たまたま無線LANというのに挑戦して、無線でうまくつながるようになっていたのですね。

 このときは、無線だったばっかりに、インターネットの線が目にとまらず、従って、「これではつながってしまう」という警戒心が働かず、ソフトのインストール後、セキュリティ・ソフトを再開する前にインターネットにつながってしまったのです。

 パソコンの動きが、鉛の靴を履かせたように、たどたどとしてきて、ようやく事態に気がつきました。まったく「油断も隙もありゃしない」です。幸いと申しますか、パソコンの起動さえおぼつかなくなりましたので、メールを発信してどなたかにご迷惑をおかけするということはなくてすみました。

 バック・アップしてなかったファイルは少しでしたので、パソコンを初期の状態に何とか戻して、現在は大丈夫です。

 心して、昔の剣豪のように、一瞬の隙も作らず、コンピュータ・ウイルスにつけ込まれないようにしたいと、改めて思ったできごとでした。

 インフルエンザのウイルスにも、インターネットのウイルスにもつけ込まれないで、暖かい春を迎えたいですね。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日、キリスト教会の礼拝にどうぞ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧