2018年9月10日 (月)

温かい血の通う行政へ さらに前進を

 乳がん治療中の妹のためにお祈りいただき、ありがとうございます。回復して、いろいろな働きを元気に展開しております。

 妹は最近のフェイスブックに下記のような文章を掲載しました。了承を得て、転載いたします。

    ◇   □   ○  ※  ☆ 

 台風21号到来の直前に 予定どおりレントゲンや血液検査など診察にいきました。
 癌手術後、自分がよたよただったという自覚はこの一年間ありませんでしたが、同じ病院の中を歩くと、ずいぶん回復して、体力がついているのに気がつきました。神様に感謝!支えて下さった方々に感謝!

  久しぶりの待合室に小さな手作りの新しい掲示物がありました。
「自動車の免許証の写真で、顔を覆わない程度の帽子やウイッグの着用が認められています。帽子は事前に申し出が必要ですが、ウイッグは申し出なくてよいそうです」という内容でした。

  素晴らしいことだと思いました。そして、手作りポスターで、この知らせを広報しようとされた方の思いやりを感じました。
私はたまたま 髪がない時期に免許の更新がありませんでしたが、免許の更新と重なり、髪がない状態で写真を撮らなくてはならないことになった方々はどんなに辛かっただろうかと思いました。免許更新をあきらめた方もあるかもしれません。
 また、ウイッグの着用、申し出をしての帽子の着用での運転免許証撮影の許可は ありがたいけれども、この手作りポスターを見るまでは、そのことを私は知りませんでした。

 こうした変更がされたのはいつからかわかりませんけれど、 私たちの社会は まだまだ 弱者の立場 細やかな眼差しを持って進化スピードをあげていかなくてはならないと 改めて思いました。

   ◇   □   ○  ※  ☆ 

 法律は、取り締まることを前提とするのでなく、人を生かすもの・人の心に温かく寄り添うものであってほしいと改めて思いました。

 今日も、よい日となりますように。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

健康 一口話

NHKテキスト『きょうの健康』2018年8月号から

 薬についての基礎知識 

   慶應義塾大学薬学部 教授 望月眞弓さん

 薬の用法・用量が決められている理由

  1.薬の効果を十分に得るため

  2.薬の副作用を少なくするため

 のむとき

 薬は、コップ一杯(200ミリリットル程度)の水、もしくはぬるま湯で飲む

 少なくて、のどや食道に薬が張り付くと、その部分の粘膜を傷めることがある。

 また、水の量が少ないと、薬の吸収率が低下し、効果を発揮しにくいことがある。

 水や、ぬるま湯以外だと薬によっては効果が減ったり、逆に効果が強く出すぎたりすることがある。

  ※ 実は教え子たちとの同窓会で、ちょっとした胃薬を飲もうとしたら、「水で飲んでください」と教え子がお店の人に頼んでおひやを取り寄せてくれたのです。 この本を読んで、教え子たちの配慮が的確だったことが裏付けされ、改めて感謝いたしました。 ありがとう(^J^)

 のむタイミング 薬の吸収と効果が現れる時間帯を考えて設定されている

 食前 食事をする20~30分以内のこと。

 食後 食後30分以内のこと。 ・・・食事を摂れないときは、ビスケット一枚程度でも食べてから がいいそうです。

 食間 食事と食事の間のこと。 食事をしてから2時間ぐらいのこと。

   ◇   □   ○  ※  ☆

  ムーミンパパは、「食間」を 食前 食間 食後 と勘違いして、食事の途中、中ほどでのもうとして、父に間違いを指摘されたことがあります。 中学生の時だったか、高校生の時だったか 懐かしい思い出です。 父は、「今まで薬に縁がなかったということだから、そのことは感謝するけれど」と笑っていました。

 今日も、よい日となりますように。

 ゼラニウムの花です。

0010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

認知症 その2  サポーター

 8月20日(月)の岐阜新聞朝刊に、下記の記事が掲載されていました。オレンジ色のブレスレット「オレンジリング」を目印にしている認知症サポーターについての記事です。

0014 認知症になりたいと思って認知症になる人は、いらっしゃらないと思います。年齢が高くなることで、いつしか認知症になるかたもあるということです。 それを予防する努力俳味があると思います。 けれど、それでも認知症にならないとは限りませんので、上記のような認知症サポーターの方が増えていくことは心強いですね。

  実は、私も研修の機会があって、「オレンジリング」を持っています。ただ、中身が伴っているかとなると、心もとないです。

 でも、おだやかな心で、聖書にある「自分のしてほしいようにあなたの隣人にもしなさい」という言葉を力まずに実践できたら、と願っています。

 今日、そしてこれからの日々も 良い日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

認知症 その1

   私の初任校の校長先生がPTAの会合冒頭に、こんな言葉を用いられました。

「子ども 叱るな 来た道じゃ 年寄り 笑うな 行く道じゃ」

 その時からほぼ50年経っているのですが、心に残っています。

 ほぼ50年経って、私も還暦プラス12=72 に到達しているからより身近になってきたということかもしれません NHKの健康番組のテレビテキストに認知症が特集されていました。そこから、引用紹介させていただきます。

 下に出てくるBPSDというのは、認知症の中核症状と呼ばれる「もの忘れ・時間や場所の感覚があいまいになる・物事がうまくこなせない・言葉が出て来ない」などに対して、周辺症状といわれる「不安・戸惑い・無気力・無関心・昼間の居眠り・夜間の不眠・トイレや入浴の介護拒否・」などの行動・心理症状のことだそうです。 関心のある方は、ご覧ください。

  お医者さんの「いつも「幸せとは?」 と考えています というコラム 温かくてほっとしました。 ※ 画像をクリックしていただくと、読みやすくなると思います。

 今日も、良い日となりますように。

CE
0005


0007_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

尊厳療法 ディグニティーセラピー

 岐阜県には、平成6年4月1日に県が設立した「岐阜県音楽療法研究所」というところがありました。これは、全国的に、県立ということでは唯一の先進的な研究所でした。この岐阜県音楽療法研究所は、 7百名ほどの「岐阜県音楽療法士」を育て、閉所されました。 私は最終年度の一つ前の第17期生です。

  岐阜県音楽療法所の閉所後は、「ぎふ音楽療法協会」というNPO法人が、音楽療法士や関心を抱いている人の集まりとして、実践検討会や講習会を開催しています。

  先週の土曜日は、この「ぎふ音楽療法協会」主宰で、緩和ケアと児童デイサービスにおける音楽療法の実践検討会がありましたので、得がたい機会として参加しました。

  その会の中で、「尊厳療法 ディグニティーセラピー」について、教えていただきました。少し、専門的な内容になりますし、まだ聞きかじりの段階の私ですので、関心のある方は、下記のURLをクリックしてご覧ください。 私も、これからの参考にしたいと思います。

https://www.pref.aichi.jp/cancer-center/hosp/15anti_cancer/dignity-therapy.html

  ところで、音楽療法と申しますと、集まってくださる方を患者さん扱いするような印象が生まれるように思います。そういう場面も、時によってあることは確かですけれど、そういう場面でないときには、「音楽時間コーディネーター」とか「音楽時間パートナー」というような呼び名がいいかなぁと思っています。

  今日も、よい日となりますように。

  明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ、いらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

元気になる書  「遊ぼう」

0002  「遊ぼう」 ・・・ 武田双雲さんの元気になる書 第9回 NHKテレビテキスト『きょうの健康』2015年12月号から引用させていただきました。
 エッセイが別のページにありまして、およそ、こんなことを書いておられます。
 ◇   □   ○  ※    ☆
 やるべきことをしっかりとやらなければならない。それはもちろんわかるのですが、「やるべきことを減らす」ことが大事だと思うのです。 ・・・ 講演を依頼されたとき、20代の頃は、当日現場について講演会が終わったらすぐにとんぼ返りというような感じだったのですが、あるときに思いました。「せっかく行ったことのない土地、会ったことのない人々と接する機会なのだからもっと堪能したいと。
  講演前日の午前にその土地に着いて、レンタカーで名所をまわったり、郷土料理や温泉などをたっぷり楽しんでから次の日の講演に臨み、その土地の素晴らしさを織り込んでお話ししたら、こちらのエネルギーは高く、本気で伝えられるからお客さんにもガツンと伝わりました。
  お互い一度きりの人生、ドキドキワクワクしていきましょう。
           ◇   □   ○  ※    ☆
  うーむ、インドの詩人 タゴールの詩の一節を思い浮かべました。
  張り詰めすぎた弦は、美しき音を奏でること、能わず(あたわず)。
 もちろん緩みすぎても 美しい音色で演奏することはできませんので、弦の張り方は微妙ですね。
 今日という日が、美しき音色を奏でることのできる日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

朝の 三つの 「た」

 『クロワッサン』 2015年4月25日号 は 「カラダ ココロ アタマ 軽やかに はじめる、朝時間の つくり方」という特集が組まれていました。 

 ※ 4月号なのですが、人気のある雑誌なので、借りる方が多く、図書館でわたしの目にとまったのが、ごく最近だったのです。
   その特集の中に、アナウンサーの中井美穂さんと医学博士の石川善樹さんの対談が組まれています。
     ◇    □    ○    ☆   ※
テーマ  ぱっと目覚めてぐっすり眠る 健康の基礎は朝  三つの 「た」 から
 三つの 「た」  ・・・  太陽の光  炭水化物   タンパク質  です。  
 ・ 「朝早く起きる」ではなくて 決まった時間に起きることが大事
 起きる時間が自分のリズムを作るから。  人の体のリズムは、24時間周期 正確には24時間と5~6分 周期。 起きる時間がぶれると 体が時差ぼけを起こす。少しくらいは大丈夫ですが、2時間以上ぶれると、朝、起きたときから、体がつらくなる
※ 起きる時間をぶらさず 起きたら体をしっかりと目覚めさせるために 太陽の光を浴びて、朝食を食べる 
 体内には2種類の体内時計 主時計と末梢時計がある ・・・ 太陽の光を浴びると体のリズムを作る司令塔である主時計が調整され、食事をとることで、体の各組織が持っている末梢時計が調整され、この二つの時計が協調することになる。
・炭水化物とたんぱく質を朝摂取し、一日の血糖値を安定させる
 血糖値を安定させると、自制がききやすくなる ・・・人が一日に使える意志力は限られていて、欲望に負けやすくなるのは、その日の意志力を使い切ってしまうから。 血糖値が安定していると、意志力の使用量を節約できる。

 意志力が、食事の内容、食べるタイミングに大いに関係しているというのは、私にとって特に大事な学びとなりました。 いわゆるきれやすい子は、朝食を定時に食べていなかったり、糖分の多い清涼飲料水などをたくさん飲んだりという傾向が明らかだそうです。
 まだ、よく分かりきらないままに書いているところがあり、申しわけありません。でも、大切な示唆を受けたので、紹介させていただきました。
 今日も、よい日となりますように。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

「息」という漢字 武田双雲さん 元気になる書から

0001  NHKテレビテキスト『今日の健康』に、武田双雲さんの「元気になる書」が連載されています。2015年10月号には、その7回目 「息」という漢字と文章が載っています。今日は、その本から引用紹介させていただきます。ありがとうございます。

  書で元気に 第7回
 まず、息を整えてみる
 漢字というものはよくできたもので、どのような人々が創案し決定していったのか、そのプロセスにとても興味があります。
 たとえば「やさしい」という形のない概念を漢字で表現するときに「憂」という漢字を当てはめたアイデアは素晴らしくて拍手を送りたくなるくらいです。
 人を憂(うれ)う。「優」という漢字を眺めていると、まるで落ち込んでいる人の隣でそっと見守っている人のように見えてきます。
中略
 僕が感動したのは「息」という漢字。呼吸を表現するのにもっと物理的な表現、風や空気のようなものが思い浮かぶのですが、なんと「自分の心」と表したのです。確かに心が乱れているときは呼吸も荒くなるもの。息と心が密接につながっている人のアイデアとしか思えません。中略
 息と心が密接に繋がっているとすれば、心を変えようと試みて難しい場合はまず息を整えてみる。深い呼吸尾することは誰でも今すぐ出来ること。人生を変えるのに最もシンプルで効果のあるものが呼吸だと思います。
 ゆっくりした呼吸をしながらネガティブにはなりにくいものです。これは問題が起きた時だけだけではなくて、何かに取り組もうとする時に、いきなりとりかかるのではなくて、息を整えてから始めるとよいでしょう。息が整い、自分のこことが整うと体も整ってきます。すると行動にもよい影響が起き、よい結果を引き寄せることでしょう。
   ◇     □       ○       ☆       ※
 うーむ、1975年生まれで、3歳から書道家であるお母さんに師事して書の道を歩んでこられた方だそうです・・・深く、広いですね。
 そういえば、命 ・・・ 「いのち」 という言葉は 「息の内」からきている という説もあるのでした。
 このさわやかな季節の新鮮な空気をいっぱいに呼吸して、 今日も、よい日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

筋 肉

0002   体重を減らすといっても、筋肉が減ってはいけないと気にしていましたら、図書館でいい本に出会いました。 NHKテレビテキスト『今日の健康』の2015年9月号に 「筋肉を鍛えて 転倒・寝たきり予防」が特集されていたのです。

 かいつまんで、私のためのメモをしてみました。
 加齢や生活習慣などの影響で、急速に 筋肉減少 (サルコペニア) しないように
 20歳をすぎると、何か運動をしていないと、1年に1%ずつ筋肉は減少。これは、一般的な老化。 維持には、一日に6000歩~8000歩は歩くこと。
 筋肉減少診断の着目点は、三つ
1.筋肉量  1平方メートルあたり 男性は 7.0キログラム未満 女性は5.7キログラム未満 にならないように  手すりにつかまらなくても階段を上れる
2.歩行速度 1秒間に80センチ以下の歩行速度にならないように
         青信号の間に横断歩道を渡りきれる
3.握力  男性は26キログラム未満 女性は18キログラム未満 にならないように
         ペットボトルのキャップを開けることが出来る
 食事・運動のことにもふれられています。皆様のほうが、詳しく学ばれ、実践しておられるかと思いますが、上記の本から、要注意のタイプの三つを引用させていただきました。画像の上でクリックしていただくと、すこし見やすい大きさになるかと思います。
 体重の数値だけでなく、幅広く目を向け、実践の質を大切にして励みたいと思います。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

健康 「BMI」 と 「体重」 のこと

 昨日のブログの末尾に「BMI」のことにふれました。皆様のほうが「BMI」についてよくご存じかと思いますが、私の学びのためにNHKのテレビテキスト 『きょうの健康』(2015年4月号)から引用・紹介させていただきます。

0001 クリックしていただくと画像が少し大きくなると思います。
 私の「BMI」の数値は、今まで、この表、理想的なBMIの圏外でした。(もちろん、上限を超えていたということです)
 それが、この表の数値に収まってきたので、喜んでいるわけです。
 付録ですが、今年の4月から、5年ごとに見直されている「日本人の食事設置基準」が改訂されたのだそうです。 日本人の食事の傾向をみると、エネルギーと食塩を摂取しすぎていて、逆に不足しているのが食物繊維とカリウムだそうです。 ← これは、全体の傾向ですので、すでに対応して、バランスと量的にも望ましいよい食事を続けておられるかたも、たくさんおられることでしょう。
 毎日のことですので、食事の積み重ねは、とても大きい成果になることと思います。せっかく積み重ねるなら、マイナス要因ではなく、プラスの要因を楽しみながら・・・ということを我が家は遅まきでしたが、実行してまいりたいと思っています。
 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧