2017年11月17日 (金)

携帯電話の故障

Photo 今日のタイトルとつながりはありませんが、写真は、「ノコンギク」だそうです。(聞きかじり まるだしですね。)

  さて、忠実に働いてくれていた携帯電話が、突如、故障。専門店で、いろいろ手を尽くしてくれましたが、結局、交換の品を取り寄せることになりました。うまくいけば、内蔵されているデータを取り出して引き継げるだろうとのことです。

 携帯電話の中にだけ、連絡先などのデータが保管されているのは、考え物ですね。

 電子機器だけに頼らない生活の在り方をこの機会に考えてみたいと思います。

 IT教育の先進の中学校に勤め、全国的な大会の準備を進めていたとき、近くのある市が原因不明の停電になったことがありました。

  いろいろ、調べた結果、送電線の下に柿が一個、焦げた状態で落ちているのが見つかったそうです。 カラスか何かが、柿をくわえて飛んでいて不覚にも送電線の上に落としてしまったのが原因ではないかということになったようです。

  たくさんのコンピュータを活用しての発表会当日、思わぬ停電があって、一台もコンピュータを動かすことが出来なくても、全国から集まった方をうならせるような授業が出来るように準備しておこうと先生方にお話ししました。幸い、発表会当日、そういう不測の事態は起きませんでしたけれど、電気が止まったらどんな生活になるのか、危うい基盤の上に現代の生活は成り立っているのだな、と携帯の使えない状態を経験していて思っています。

  聖書は、砂の上ではなく、岩の上に家を建てよ、と教えています。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

視点と個性

0009   私の撮る食卓ないし食べ物の写真は、近づきすぎて、食欲の旺盛さを必要以上に表現してしまうようです。

 このクリスマスキャンドルの写真は、ムーミンママが撮ったもので、食べ物の場合とはちがって、かなりクローズ・アップで撮っています。
 視点と申しますか、こういうところに個性の違いが表れるのですね。多分。
 いえ、視点ではなく感性の質の違いだよ、という声がどこかから聞こえてくるような・・・
今日、聖書をもとにクリスマスについての学びとお祈りの会をしその後、持ち寄りのランチを教会でいたしました。
 そこで私が撮ったのが右の写真です。Photo
 家内との個性の違い、表れていますでしょうか。
 今日も、個性をよい形で生かして歩む日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

スマートフォンって・・・

Photo しばらく前に、今の携帯電話にしてから2年間が経過し、契約更新の時期を迎えたことを書きました。 

 2年というより、もっと長い間、契約していた会社に話を聞きに行きました。ガラケーのままではあまりメリットのある話はありませんでした。 

 まあ、このままでいいか、と思ったのですが、ちょっとした操作のことで質問したい事態が起きて、その会社のショップに教えてもらいに行きましたら、それほど待っている人は居ないのに、30分ほど待っても人数が減らずに、私の印象では、とてもたどたどとしか先客の話が進んでいかないのです。 

 まあいいや、と帰宅したら、家内が「その症状だったら一度スイッチオフにしたら直るかも」」とのアドバイス。そのアドバイスが見事に効を奏して症状は改善。

 さて、ここからです。私の蓄積した負のエネルギーは、「釣られた魚には対応があの携帯会社は冷たいのではないか」 → 「少しでもメリットがあるならば、他の会社に乗り換えよう。」 → 紹介者にもメリットのある会社のチラシが入ってきた → そこでは、最新のスマートフォンが機種代金ゼロだ → 「よーし」 というわけで、あれよあれよという間に、この写真のスマートフォンと出会うことになりました。 

 ところが・・・ 文字入力の要領がうまくつかめず、なかなか入力できません。指が太いからかと、入力のためのペンを購入しましたが、まだまだ未熟です。 そこで、頭にうかんだのが、次のことです。

「スマートフォンとは、使うために指をスマートにしなさいと促すフォンのことである」 

 ここまで読んで、つまらないギャグに付き合っていただいて申し訳ありません。体型をスマートと申しますか、スリムに出来るように励みたいと思います。

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。私たちを愛してくださっている神様とのコミュニケーションは機器を通さないお祈りで、いつも直通です。これは、素晴らしい恵みですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

携帯電話の更新検討期

 今の携帯にしてから2年間という期間が近づいてきて、他の会社の携帯にするのも、携帯をやめるのも自由の身(多分?!)ということらしいので、ちょっと勉強を始めました。

 まず、「ガラケー」 ・・・ ガラスのケースにでも入っているのかと思ったら、ガラパゴス携帯・・・あのダーウインが進化論を構想する端緒となったガラパゴス諸島からきているのだそうですね。 それで、とっても進化した携帯なのかと思ったら、その反対で旧態依然としているということのようです。 

 E-mailが盛んになり始めた頃、切手を貼ってポストに入れる郵便物を、電子メールに対して「原始メール」と呼んだようなものでしょうか。 

 携帯各社の比較の情報を見ました。特に店員さんの対応のところがおもしろかったです。

 「親切に応対してくれて嬉しかった。ずっと、この会社の携帯でいこうと思います」という意見と「不勉強な担当者で、ミスして謝っても口先だけなのが見え見え。本気で別の会社のに替えようと思いました。」という意見が、どの会社の評判のところにもあふれるほど書かれているのです。 

 うーん、機種の優劣や料金体系、サービスの違いもさることながら、直接顔を合わせてのコミュニケーションが携帯電話の売れ行きを大きく左右しているかもしれません。携帯電話を注文するとき、携帯を使って買うお客さんはあまりいないですよね。 

 顔を合わせての会話の伝わりよさ、伝わりにくさ ・・・ このことに改めて思いを馳せている今日この頃です ・・・ 私の思い、伝わりましたでしょうか。 

 今日も、よい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)