2020年9月 8日 (火)

公園の鉄棒  

 酷暑のため(そればかりではないですけれど) ウオーキングの歩数がとても控えめになっているので、曇り空の夕方、ウオーキングに出かけての戻り道、小さな公園の鉄棒のところで元気な声を上げていた二人の小学生が家内と私に声をかけてくれました。

 「鉄棒で回転できるようになったので、見てください」

 そして、一人ずつ、その日に出来るようになったわざを披露してくれました。

 前転、後転 見事に決め、輝くばかりの笑顔・・・

 ウオーキングのご褒美をいただいたようなすてきな時間となりました。

 子どもたちのこれからに良いことがたくさんありますように!!

 写真は、瓶の水を替える間、芝生の上においたメダカの画像です。時々、新しい世界を見せてあげようと思っています。メダカたちがどう思っているかは分かりませんけれど。

Photo_20200907113101

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

田村セツコさん 

0002_20200810094901  岐阜新聞8月9日の朝刊に、田村セツコさんの文章が載っていました。引用紹介させていただきます。「屋根裏部屋」という文字を見ると、『小公女』のセーラや『アルプスの少女』のハイジを思い浮かべます。

 田村セツコさんも、セーラやハイジと屋根裏部屋で楽しく明るく暮らしておられるイメージいっぱいの方ですね。 今日も、良い日となりますように。Ouo4rdzg

| | コメント (2)

2020年8月 4日 (火)

「昔 むかし あるところに・・・」

Photo_20200803093601

 庭に、秋海棠の花が・・・ 季節は秋に向けて進んでいるのですね。

 さて、テレビで芸人さんがこう話し始めました。

「 むかし 昔  あるところに おじいさんと おばあさんがいました」 ・・・桃太郎などのお話が始まると思いましたら、こう続きました。

「いいですか、昔は あるところに、おじいさんとおばあさんがいたんです。 今は、どうでしょう。そうです。今はいたるところに おじいさんとおばあさんがいるんです」

 会場がどっとわき、テンポよくその芸人さんは、話を続けていきました。 残念なことに、その続きは思い出すことができません (^_^;

  ◇     ◇      ◇       ◇      ◇

 一世を風靡したアイドルのその後 ・・・ 過去の栄光にすがらなくて、明るく元気に暮らしている方はたくさんおられると思います。

そして、そうあってほしいと願います。

 人は、ものではありませんから、賞味期限・消費期限の過ぎた食品のように、ポイッと捨てられたり軽んじられたり、身を縮めて申し訳なさそうに日々を送ることになっていては、寂しすぎます。

 どの人も老いるものですから、一所懸命に歩んでのゴールが そういうことになっては悲しすぎます。

 歌劇「椿姫」や「アイーダ」などを作曲したヴェルディは、名声を博した歌手や音楽家などが必ずしも恵まれた老後を送っていないことを見聞きして、その人たちが安心して暮らせる大きな館を建ててお世話をしました。ヴェルディの奥さんはその館を「あなたは素晴らしいオペラをたくさん書いたけれど、私たちの生涯の最高傑作は、あの館ね」と語っていたそうです。

 一人ひとりが大切にされ、その国に生まれたことを心から誇りに思い、愛し、愛される国 弱肉強食ではない社会 お金に心まで左右されない社会 ・・・ 今は途上であっても、目指しているのがそういう心豊かな国であり、そこへつながる歩みを築いているのだと展望が持てたら、我が国の少子化には歯止めがかかると思います。 大人が希望を持って生きていなかったら、子どもに希望を持て、と心からいうことは難しいと思います。

 ある日、突然、暴力で拉致され、家族と引き裂かれた人が、何年経っても帰国できず、家族との再会を果たすことが出来ない・・・こんな理不尽なことを解決できないまますごしているのに、政治の責任者が休暇を取って笑顔でゴルフをしている、というのは考えものですよね。

 新型コロナウイルスの渦中にあって、しばらく前までの社会に戻すことに焦るのでなく、新しい社会へのスタートを腰を据えて熟慮し、進んでいきたいと思います。

 身に余ることを書き連ねてしまいました。 おゆるしください。 良い日となりますように。

 

 

 

| | コメント (1)

2020年7月22日 (水)

原子力発電所に関して 

 原子力発電所に関して、こういう記事を読みました。

インターネット上の百科事典、ウイキペディアで、メルケル首相について書かれているページの中にありました。

   ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

 2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故により、ドイツ国内でも脱原発の機運が上昇。原子力発電推進派として稼働年数を延長する政策を採ってきた首相も、この動きを見て3月14日に計画の凍結を表明した。しかし、ドイツ国内の原子力発電所不信は拡大していき、地方議会選挙で緑の党が躍進するなど与党が相次いで敗北。5月30日には「2022年までに国内17基すべての原発を閉鎖する」という方針を示し新たなエネルギー政策へと舵を切った。

  ◇      ◇     ◇     ◇    ◇

 私がメルケル首相のページを見たのは、最近になって、メルケルさんがドイツでは初めての女性首相で、牧師さんの娘だということを知ったのがきっかけでした。 メルケルさんは、物理学者でもあるそうです。

 ドイツでは「2022年までに国内17基すべての原発を廃止する」・・・ その真似をしようというのではありません。原子力発電推進派だったメルケルさんが上記のように廃止する方針にかわったのは、日本の福島第一原子力発電所の事故がきっかけだとのことですから、当事者の日本がそのことに学び、これからに活かすのは当然ではないか、と思うのです。

 コロナウイルスの収束・終息まで、2年かかるとも、5年かかるとも言われています。放射能を浴びた環境がその影響を心配しなくてよくなるには、そんな年数をはるかに超えるのです。

 安心・安全で、毎日の生活と未来に希望を持って暮らせる国 日本 ・・・ そうあってほしいですね。

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

十人十色 ・・・ 三百合三色

0009_20200713100901  ウオーキングコースで見かける百合・・・お世話くださるご夫婦のお心が花開いて香っているのを感じる一角があります。

夕暮れの涼風の中で、それぞれの百合がそれぞれの色で、輝いていました。0010_20200713101001

島倉千代子さんの♪「人生いろいろ」を思い浮かべました。

 今日も良い日となりますように。

0012_20200713101201

| | コメント (1)

2020年7月10日 (金)

料理愛好家 平野レミさん

 7月3日のNHKテレビ、あさイチに平野レミさんが出演なさっていました。歌手でもあるんですね。

 番組の内容に入る前置きですが、、私にはレミさんのお父さんがレミさんに贈ったことばが思い出されました。ある国語の教科書会社のさっしで紹介されて居たのです。

「嵐のとき、神さまは、靴のかかとにいましたもう」 ・・・少し考えておっしゃることが伝わってきました。激しい暴風に吹き倒されまいと踏ん張るとき、一番ポイントになる靴のかかとのところで神さまは支えてくださっているということなのですね。

 そのお父さんが天に召された後、レミさんとともに歩み、支えておられたご主人 イラストレーター和田誠さんがお亡くなりになりました。

朝イチでは、そのときに谷川俊太郎さんが和田誠さんを追悼して書かれた詩が紹介されていました。その詩を紹介させていただきます。


Photo_20200708072401
 明るく元気に、美味しい料理の作り方を教えてくださる平野レミさん これからもご活躍くださいますように。
 
 雨の降り続く今週 ・・・これ以上、被害が出ませんように。 災害に遭われた方々のことを思い、お祈りいたします。

| | コメント (1)

2020年7月 7日 (火)

散歩道の花

0011_20200705153001  ウオーキングコースの一つに、そのコースの近くのご夫妻が手入れしてくださって、すてきな光景が展開しています。ちょっと雨模様のなか、傘を携えて出かけたのですけれど、そういう天候の中でも手入れしてくださっていました。本当に有り難いことです。

 「今年の見ごろは もうしばらくだけど、また来年も見に来てください」と声をかけてくださいました。

 さて、孫娘の1人は今日が誕生日 ・・・おめでとう  (^J^)

 (もう1人の孫娘は、5月5日生まれ。) よく、そろったものです。

 良い日となりますように。

 天候のほうは分かりませんけれど、七夕の歌詞を掲載させていただきます。

0005_20200706193901



| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

18歳と81歳

 18と81・・・左右の数字をチェンジするだけですが、それが年齢の場合だと、こんな違いが生まれるということをユーモアを込めてリストアップしてある印刷物です。

1881  ユーモアと書きましたが、ブラックユーモアともとれます。 もちろん、これはすべての18歳、81歳の人に当てはまるということではありませんし、原作者も分かりません。

 友人がどこかで見かけて、写真に撮って送ってくれました。

  一つ、追加がありました。

「オリンピックに出たい18歳。オリンピックまで生きていたい81歳」

です。 うーむ、冴えていますね ・・・ 世間は広く、優秀なかたに満ちている、と 改めて 感心、安心 いたしました。

少し、掲載を迷ったのですけれど、よくこれだけ考えたものだなぁと 思います。大きな心で楽しんでご覧いただければ、と考えて 掲載させていただきます。

 テレビ番組「笑点」や、綾小路きみまろさんの毒舌漫談などに通じるところがあるかもしれませんね。

 0002_20200703201701

 7月3日、メダカの瓶を小雨の中にしばらく出しました。雨粒が水面をたたくことに興味を覚えたのか、切れの良い動きで、元気に泳ぎ回っていました。 なかなかの好奇心の持ち主たちです。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

ミニトマト 2種類

A_20200628175201   菜園に今年は2種類のミニトマトの苗を植えましたら、順調に育ってくれました。すぐそばでそれぞれの苗の特性を発揮し合って、仲良く立っています。

 NHKの朝ドラ、「エール」で、レコード会社のオーディションB_20200628175301

を受けた登場人物が、結果が出た後、お互いを励まし合ってさわやかにそれぞれの道を歩み始める場面がありました。

 ミニトマトですけれど、存在は決してミニではない・・・

ドラマと結んでそんなことを考えました。

 フレーフレー トマトたち   

今日も良い日となりますように。

 明日からは、7月 ・・・どうぞ、お健やかで !!

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

菜園の実り  キュウリ・ミニトマト

0004_20200624211701  初生り(はつなり)というのでしょうか。 我が家の菜園では、初めて取り組んだキュウリが、食卓に登場いたしました。

 ミニトマトは毎年作っていますが、ちょうど同じ日に0001_20200624210901

少し青い状態でしたけれど、最初の収穫をいたしました。収穫して1枚。そしていただく前にもう1枚。

はい ポーズ!!

 鮮度・安心度 味わい 抜群 でした。

 小さな菜園ですけれど、そこで育ち、実を結ぶ作物にとっては、まぎれもなく母なる「大地」なのですね。 感謝いたします。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧