2019年5月25日 (土)

新聞から 三つの記事

0001_12  5月21日と22日の岐阜新聞から三つの記事を拾ってみました。世の中、いろいろな方がおられ、そしていろいろな出来事が起こりますね。

今日も良い日となりますように。 特にコメントはつけませんので、ご自由にお読みください。

0001_11

Photo_13

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

ヤマボウシ ショウブ

0002_21 初夏の公園で、ヤマボウシを見かけました。同じ木に咲いているのですけれど、中央上部は、光線の加減だけでなく、花自体が緑がかっていました。 ところによってはピンクのヤマボウシも咲いているようです。

 カメラを向けると風が吹き始めるように思えたのは気のせいでしょうか。 別に風が意地悪をしているのではなく、そういうことってあるのですね。

 

 

 

 

 ショウブ も咲いていました。(多分、ショウブだ0005_3

と思うのです) 

 昨年の夏には「命に危険のある暑さ」というフレーズが よく登場しました。

 お米などはよく実って欲しいので、ほどほどの暑さ、そしてほどほどの雨量をと願っています。

 どうぞ、お健やかでおすごしくださいますように。

 今日も良い日となりますように。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

エンドウ 花から実へ

 菜園のエンドウの花です。この花が落ちると実がなります。かなりの速さです。

0009

 

 

 

 

 

 

 

 

 多い日は、同じ日に二回 収穫出来ます。 熱心とは言いがたい菜園主任なのに、寛容な大地の実りに そして、何よりも 神様に感謝いたします。 今日も、良い日となりますように。

 今日は日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

金華山 ーツブラジイの金(こがね)色の花咲く山ー

 5月10日の二つ目の記事です。岐阜市の金華山の名前の由来が5月9日の岐阜新聞に写真入りで掲載されていましたので、引用掲載させていただきます。岐阜新聞社様、ありがとうございます。 「山笑う」夏となりました。 今日も五月晴れの青空でしょうか。良い日となりますように。

0015

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

スズラン

0006_3 五月に入って、庭のすずらんが 咲きました。

 すずらんにとって、岐阜市は少し暑いのかも知れませんけれど、つぶやかずに・・・。

ありがたいことです。

 ダークダックスに「すずらん」という歌があります。歌声喫茶が隆盛だったころに多くの人に歌われていた曲です。

  ご存じでしたら、口ずさんでいただけると、嬉しいです。 その曲を知らない という方は、若さを喜んでいただいてもよろしいのですが、いい歌は年代を越えていい歌として歌い継がれていくものです。 よろしかったら どうぞ (^J^)

 今日も、良い日となりますように。

「すずらん」

ダーク・ダックス訳詞/フィエルツマン作曲



ある夏の夜(よる) 静かな森を
ひとり歩くとき 何処(いずこ)ともなく
ただようその香(か) すずらんの花よ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

すずらんの花 胸に抱(いだ)いた
可愛い娘よ 君の心は
すずらんのよう 気高く香るよ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

愛の香りが 夜にただよう
今日もまた君と 君と僕だけ
二人の花よ すずらんの花よ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

樹齢三百年を越えるフジ

 0003_2岐阜県羽島市のフジの花が八分咲きになったと、岐阜新聞4月26日朝刊にありました。この写真がそれですけれど、一本の古木がこれだけの花を咲かせているとのこと。

 記事にもありますように、1年間、剪定や草取り、花芽の調整などをしてくださる方々があっての景観だとのことです。 5月4日までライトアップ(午後9時まで)されるとのことです。

 昨日の郡上の芝桜、そして根尾の薄墨桜、今日のフジの花 ・・・樹齢の高い樹木・広範囲の芝桜たちとお世話くださる方々とのコラボレーション なのですね。

 今日も、良い日となりますように。

 

| | コメント (0)

郡上の芝桜

 岐阜新聞4月24日朝刊から、この記事を引用掲載させていただきます。ありがとうございます。画像をクリックしていただくと大きくなると思います。(多分)

0002_14
 ここを訪れさせていただいたことがあります。芝桜が好きで、せっせと植え、育てて広げてこられた國田かなゑさんの心を受け継いでお世話くださっているご家族・住民有志の方々のお心を貴く思います。
 花を育てること、木を植えること、山の手入れをすること ・・・ 自分の代には見届けられないことを心を込めて為すことの素晴らしさに思いを馳せています。
 今日も、良い日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。あなたを愛している神様が喜んでくださいます。
 「わたしの目には あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」
                        イザヤ書43章4節

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

瀬戸内寂聴さん

 テレビで瀬戸内寂聴さんを、その局のアナウンサーがインタビューする番組がありました。その女性アナウンサー自身も人生相談にのっていただきたいということだったようです。

 昨年結婚したばかりのアナウンサーの悩みは、仕事に打ち込みたいので、子どもを生むか生まないか、仕事と子育ての両立は出来るだろうかということでした。

 寂聴さんは、こう聞きました。「子どもが出来たの?」「いいえ」

 「あなたは、見かけはエネルギッシュだけど、そうでもないのね。まだ、子どもが出来ていないのに、居ない子どものことで悩むなんて」

 「もし、できたら子育てと 仕事の両方が出来るかどうか 心配なのです」

 「あなたなら、大丈夫。立派に両立できます。」

 「私、相談中に泣いたらどうしようと思って心配だったんですけれど、笑い飛ばしていただいて、何とかなるように思えてきました。ありがとうございました」 ・・・

   ◇   □   ○   ※  ☆

  こうした場面になる前に、たくさんの人に講話している場面が放送されていました。

  質問の時間になったとき、三か月前にご主人を亡くした女性が 「寂しくって 寂しくって・・・」と話しながら泣き出して、言葉が出て来ない状態になりました。

  すると、座って話していた寂聴さんは立ち上がって、その奥さんを手招きしました。前に出てくるのを待ちかねたように歩み寄って、優しくハグしながら「お泣きなさい。誰に遠慮しなくてもいいの。こらえないで思いっきり泣きなさい」そして「わたし、京都にいるの 私の家に たずねておいでなさい」 ともう一度ハグしながら おっしゃいました。

 その場面を見ていて、寂聴さんは こうしたときに ご自分のできる最善のことを判断し、それをすぐ行動に移すことを大事になさる方なのだなぁ、と心を打たれました。

 たとえば、被災地の復興を担当する大臣が このときにこの番組を見ていたら 復興への活動に 拍車がかかるのではないか というようなことも思いました。

 今日も、良い日となりますように。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

花の協奏曲

 花冷えの厳しいこの四月でしたね。 小さな花が、可憐さ、美しさだけでなく、雪にも負けないたくましさを備えていることを、はっきり示してもらった思いもしています。 我が家の庭、菜園で、持ち味を発揮しつつ調和して春を盛り上げてくれている姿を紹介させていただきます。

0002_13 上の写真は、「冬アヤメ」です。 この花をくださった方は、今は天国におられます。

 0010今年は特にたくさん咲いてくれています。

 左の花は、エンドウです。 見よう見まねで、支えを作り、たくさん咲いてくれたので、収穫を楽しみにしています。 実がなる頃には鳥よけのネットを掛けると良いのでしょうね。 

 

 

 

 

 

 右の写真は、マーガレットです。 結婚式のおりのブーケの花ということで

ムーミンママが毎年たくさん咲くように してくれています。感謝です。

0005 チューリップ ・・・ 子どもが「入園式は いつなの」と訊ね、家内が「チューリップが咲いたら」 と答え  それからは 本当に入園式までに咲いてくれるかと 期待と不安の日々

が続きました。 お隣の奥さんも 気に掛けてくださっていたほどです。

 

 そして、なんと入園式の朝に チューリップは しっかりと 咲いてくれました。 人間の願いに合わせて 粋な計らいをしてくれたことに 感激、感謝いたしました。

 

 チューリップ喜びだけを持つてゐる  細見綾子

 今日も、良い日となりますように。

0008

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

表現する場を与えていただいていることの幸せ

 まだ、リニューアルした画面で、画像を今までのように記事の中に取り入れることが、私には出来ないでいます。もうしばらく、お時間をください。

 こうして記事を書いて表現できる場を与えていただいていることの幸せを感謝しています。日夜、リニュ-アルの願いを実現されるために努力し、再びこうした場を与えてくださっていること、本当に幸せです。

 それでは、またこの「ムーミンパパのシルエット」を訪れてくださいますように。 まずは、おやすみなさいませ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧