2019年3月20日 (水)

明るいほうへ   水仙

 花の話題が続きます。 我が家の水仙が 開花し、晴れた朝でしたので、一斉に朝日のほうを向いています。
 向日性というのは、ひまわりの花だけではないのですね。
0013 金子みすゞさんの詩を思い出しました。

明るい方へ

   金子みすゞ

 

明るい方へ 明るい方へ

一つの葉でも           陽のもるとこへ 

        やぶかげの草は。

 

明るい方へ           明るい方へ
          はねはこげよと           灯のあるとこへ
          夜とぶ虫は。

 

明るい方へ           明るい方へ
          一分もひろく           日のさすとこへ
          都会(まち)に住む子らは。

  今日も、良い日となりますように。

※ 3月19日、このブログがお世話になっているココログが、編集画面などをリニューアルなさいました。いろいろな面で新しくなったので、21日以降の記事を何回か書くことに挑戦しているのですが、今のところ、私の進歩が追いつかず、明日から数日ブログが更新できないかも知れません。 努力はいたしますので、もし、しばらく更新できなくても、ご心配なさらないでください。 よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月19日 (火)

アンズの花

0007  教会の庭のアンズが開花しました。
  昨年はある程度の量のアンズを収穫出来て、牧師夫人がジャムを作ってくださいました。
  風雨で実が落ちたり、、鳥がついばんだりして、あまりたくさんは穫れないのです。
  アンズの花の蜜に引き寄せられて、ヒヨドリが訪れていました。
  花が咲くのを喜ぶのは、人間だけではないのですね。
0010  人間の為す努力も、全てが実を結ぶわけではありません。
  けれど、全てが無駄になるわけでもありません。
  こつこつと、根気よく、取り組み続けることそのことが花を咲かせ、実を結ぶことにつながるのだと思います。
  今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月18日 (月)

開花した 緋寒(ひかん)桜

  近くの墓地公園に沖縄からやってきた緋寒桜(ひかんざくら)が美しく開花しました。
撮影者はムーミンママです。 テレビのワンポイントアドバイスを念頭に置いて撮ったそうです。 先週は、雪が積もったところもありましたが、この桜から近いところで、ウグイスの声を初めて耳にしました。
  緋寒桜は、彼岸桜と間違われやすいため、寒緋(かんひ)桜という呼び名もあるそうです。
  今日も、良い日となりますように。
0003

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

芽キャベツ・水仙

0007 先週の日曜日 私の通うキリスト教会の庭では、このように水仙が美しく迎えてくれました。

 3月17日には、きっとアンズの花が迎えてくれることでしょう。蕾が元気にふくらんでいましたから。

 そして、3月生まれの方たちへのプレゼントをと、心優しいクリスチャン女性が芽キャベツを持参くださいました。

 わぁ、芽キャベツってこういうふうにみのるのですね。初めてこういう光景を見ました。 キリンさんもびっくり (^J^)

 今日も、日曜日。 どうぞ、キリスト教会の礼拝においでください。

 良い日となりますように。


0002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

関市の中池

 ウオーキングコースの開拓と申しますか、春の陽気に誘われて、関市の中池というところに行ってまいりました。

0006 表示板によりますと、なんと奈良時代にスタートしたという歴史をもつ由緒ある池なのですね。

  一周 1700メートル ほぼ2550歩 だそうです。

  池には水鳥と、この池に馴染んで棲み着いている白鳥がゆっくりとすごしておりました。

0004 水も温かく、白鳥は顔を上げてもすぐに このようなポーズになって 水中をゆっくりと眺めている時間帯でした。

 春ののどかさを感じた関市 中池でした。  3月17日には 関市シティマラソンが開催されるとの予告が表示されていました。

  今日、そしてシティマラソンの17日、良い日となりますように。

 あ、マラソンに参加の予定はありませぬ。17日は日曜日ですしね。 走るとしたら、それだけの準備をしなければなりませぬ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

芽吹く蕾

  散歩コースの一つの公園内に間もなく開花しようとしている桜のつぼみがあります。

  沖縄からやってきて、この公園の中では一番早く開花します。  濃い紅色が鮮やかです。

0003  だんだんふくらんできて開花する ・・・ 希望というのが ちょうどこういうものかもしれないと、力づけられます。

  応援しているプロ野球のチーム・・・昨年の成績はともかく、今年は有望新人が入団してがんばってくれるのではないかなという期待 も、これに似ています。

  いえ、その球団が負けても、不機嫌になることはありません。  一生懸命にプレイして力及ばないということは人生にはあることですから。

 ↑

 と落ち着いて言えるほどの大人に成長していたいと思います。

 春近し ・・・ 私自身の中にも、成長しているぞ、という手応えの感じられる蕾を育てていきたいと思います。

 ピアノの練習 ハーモニカ オカリナなど、トランペットで培った肺活量などを生かせる楽器の練習 などなど。

  すてきな蕾の開花する春となりますように。

  【追伸】 上の写真は、3月2日撮影です。 

 今日、3月8日には、このようになっていました。 着実に進んでいますね。

0003_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

「岐阜友の会」のオープンハウス

 日本最初の女性ジャーナリスト、羽仁もと子さんとご主人の吉一さんが創刊した月刊誌『婦人之友』の表紙には生活を愛する人とともに116年と書かれています。

  素晴らしい歴史ですね。その『婦人之友』の愛読者の有志で作られている友の会の一つ、「岐阜友の会」の運営なさっている岐阜友の家のオープンハウスが3月2日に開催され、参加させていただきました。

 手作りの衣料品、パン・ケーキなどの販売コーナーと書籍のコーナー、そして喫茶のコーナーなどがありました。

0006  喫茶コーナーでの紅茶セットの写真です。 紅茶・フルーツ・ロールケーキ・・・ 美味しくいただきました。

  お食事は、ちらし寿司・豚汁などの添えられた栗ご飯も魅力的だったのですが、サラダ・リンゴのゼリーとセットになったハヤシライスをいただきました。

 会場の掲示の一つに、羽仁もと子さんの言葉がありました。

0004
  この言葉を見てふっと頭に浮かんだのは、アルプスのハイジでした。ペーターと一緒にアルプスの山にヤギたちと行き来し、クララたちとすごして文字を読めるようになってからは、ペーターのおばあさんに聖書を読んであげたりペーターにアルファベットを教えたり・・・ 生活が 痩せ細っていません。

 羽仁もと子さんのモットー「思想しつつ生活しつつ祈りつつ」が、教育についても端的に表現されているのを感じました。

 小さなお子さん連れのご家族と相席になっての食事でしたが、お子さんの表情、言葉、ぎょうぎがとてもいいのです。 お父さん、お母さんが穏やかにお子さんとやりとりしている姿が印象に残りました。 友の会の会員以外の方も参加できるオープンハウスでしたが、訪れる方が静かに落ち着いて、語らい、すごせるおもてなしの雰囲気が 友の家全体を優しく包んでいたからのように思います。  すてきな時間をいただきました。ありがとうございます。

 岐阜友の会のホームページは、下記をクリックしてご覧ください。

http://gifutomo.iinaa.net/index.html

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

ごく 自然に ・・・

Photo なんと自然に ラブを形作っていることでしょう。

  盛岡市の高松池に飛来している白鳥だそうです。

  池の表面が凍って、氷上ですごすこともあるそうですが、心温まる光景を見せてくれているのですね。

 春は、奥ゆかしく、しずしずとやってまいります。 ♪「北風の中に待とうよ 春を」

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

早春の川辺

0003  早春の川辺をウオーキング ・・・臘梅 柚子(この写真ではちょっと目立ちません ごめんなさい) 樹下には水仙

  黄色と香り の ひと区画 でした。

  このところ 歩数があまり伸びていませんでしたので、ちょっと張り切って歩数を増やしました。

  心地よかったです。

  気持ちが受け身になると、今日はやめておこうかということになるのですが、そこで受け身になってしまうと、だんだんと老いの坂をまっしぐらということになるのでしょうね。

  と申しながら、歩数は八千歩に少し及びませんでした。

  歩数の少ない日を作らないようにして、この眺めのように植物たちにも励まされながら歩もうと思います。

  今日も、良い日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

地に花 天に星 人に愛

0005
   通っているキリスト教会の会堂に礼拝の朝、活けられていた花です。氷雨の降る日曜日の朝、オルガンを弾く準備をしようと到着すると、この花が迎えてくれました。

  天に家族を召された人の心を思いつつ活けてくださった花だそうです。

 その温かい心にも包まれて聖書からのメッセージが心に届いた朝でした。

 ありがとうございます。  人の世における思いやりのことば、美しい花、音楽など、人生を伴走してくれる大きな存在があること、本当に感謝です。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧