2020年11月29日 (日)

『職業としての小説家』 その2

 『職業としての小説家』のなかで、村上春樹さんがカフカについて書いておられること

 あなたが希有な天才なんかではなく、自分の手持ちの才能を、時間をかけて少しでも高めていきたい、力強いものにしていきたいと希望しておられるなら・・・意志をできるだけ強固なものにしておくこと。そして同時にまた、その意志の本拠地である身体もできるだけ健康に、できるだけ頑丈に、できるだけ支障のない状態に整備し、保っておくことーそれはとりもなおさず、あなたの生き方そのもののクオリテイーを総合的に、バランス良く上に押し上げていくことにも繋がってきます。

 フランツ・カフカは40歳の若さで肺結核で亡くなりました。残された作品のイメージからするといかにもナーバスで、肉体的には弱々しい印象があるのですが、身体の手入れには意外に真剣に気を遣っていたようです。菜食を徹底し、夏にはモルダウ川で1日1マイル(1600メートル)を泳ぎ、日々時間をかけて体操をやっていたそうです。・・・プラハの保険局で公務員の仕事をしながら、職務の間にこつこつと小説を書いていました。かなり有能な、真面目な官吏であったようで、カフカが休むと、局の仕事が滞ったという話です。

   ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

 ドストエフスキー  夏目漱石

 考えてみると僕の好きな小説には、興味深い脇役が数多く登場する小説が多いようです。・・・まずぱっと頭に浮かぶのはドストエフスキーの『悪霊』・・・なにしろ変てこな脇役がいっぱい出てきます。「なんでこんなやつが」と思うようなカラフルな人々、けったいなやつらが次々に姿を見せます。ドストエフスキーという人はきっとものすごく巨大な脳内キャビネットをもっていたのしょう。

日本の小説でいえば、夏目漱石の小説に出てくる人々も実に多彩で、魅力的です。ほんのちょっとしか顔を出さないキャラクターでも、生き生きとして独特の存在感があります。・・・いつも感心するのは「ここでこういう人物が必要だから、いちおう出しておきます」みたいな間に合わせの登場人物がほとんど一人も出てこないことです。頭で作った小説じゃない。しっかりと体感のある小説です。・・・文章の一つ一つに身銭が切られています。そういう小説って、読んでいていちいち信用できてしまうところがあります。安心して読めます。

   ◇    ◇     ◇     ◇

 この本を発行なさった2015年ころ、村上春樹さんの小説は、50カ国ほどのこと場に翻訳されて読まれるようになっていたとのこと。2020年では、もっと増えているかも知れませんね。

 小澤征爾さんと対談した書も出ていて、小説にいろいろな音楽を登場させている村上さん ・・・オリジナリティの定義にビートルズについて書かれた「ニューヨークタイムズ」(2014年2月2日)を引用しています。

「新鮮で、エネルギーに満ちて、そして間違いなくその人自身のものである」

 この本の中から何カ所かをつまみ食いのように紹介させていただきました。おつきあいいただき、ありがとうございます。

0006_20201125214501  今日も、良い日となりますように。 写真は、美濃市のうだつのある町並みで見かけた和紙のあんどんなどです。やわらかい光がすてきでした。

 

| | コメント (0)

2020年11月28日 (土)

『職業としての小説家』 その1

0004_20201124135501 『職業としての小説家』

 村上春樹 著

スイッチ・パブリッシング 2015年9月17日 第1刷発行

 村上春樹さんは1949年生まれ。作家・翻訳家。

村上春樹さんのことは、ノーベル文学賞を今年こそ受賞するのではないか と何年にもわたってその時期が来ると話題になるほどのかたですから、私が改めて紹介することはないと思います。

 この本は、執筆・発行なさるまでのおよそ35年間の小説家生活を土台に、とても丁寧に12章にわたってご自分の考えを綴っておられます。その35年を振り返って、初心のころの思いがご自分でも驚くほど変遷していないそうです。

小説を本格的に書き始めるまでは、東京の国分寺の駅の南口で、ジャズのレコードをかけてコーヒー・お酒・料理を出す店を経営なさっていました。その後、千駄ヶ谷に移転され、経営も軌道に載っていたそうですが、二足のわらじは履かないと決めて、小説家一本に絞られました。

 好きなことなら、文句を言わずに一生懸命やるというのが取り柄だそうです。身体を大事になさっていて、ほぼ毎日1時間走ること、そして年に1度はフルマラソン・レースを走り、トライアスロンに出場することを積み重ねてこられました。

 このかたは、出版社と契約して本を書き始めるということをなさらないのだそうです。

 ご自分の心が、書きたいという思いになったときに書き始め、書くことを楽しみ、出来上がった原稿をじっくりと読み返し、細部までにわたって点検して書き直し・・・それをとんかち仕事と呼んでおられます。

   何度も読み返して響きを確かめたり、言葉の順番を入れ替えたり、ささいな表現を変更したり、、そういう「とんかち仕事」が僕は根っから好きなのです。・・・いつまでやっていてもちっとも飽きません。 (153ページ)

 必ずしも村上春樹さんの小説に心酔している私ではありませんが、文章を書くこと・言葉についての真摯な姿勢には学ぶところのたくさんある本でした。

 一番、響いてきたのは、最初のほう(37ページ)に書かれているこの文章です。

 どれだけそこに正しいスローガンがあり、美しいメッセージがあっても、その正しさや美しさを支えきるだけの魂の力が、モラルの力がなければ、すべては空虚な言葉の羅列に過ぎない。・・・言葉には確かな力がある。しかし、その力は正しいものでなくてはならない。少なくとも公正なものでなくてはならない。言葉が一人歩きをしてしまってはならない。

 よろしければ、どうぞ。 明日、、その2として村上春樹さんが漱石、カフカについて記しておられることを書かせていただきます。

 今日も、良い日となりますように。

 

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

『フラミンゴボーイ』

0003_20201124131401 『フラミンゴボーイ』

マイケル・モーパーゴ  著

杉田七重  訳

 著者のマイケル・モーパーゴさんは、1943年イギリス生まれ。

 翻訳された杉田七重(すぎたななえ)さんは1963年東京都生まれ。小学校教師をなさった後に翻訳の世界にお入りになったとのこと。

 語り手となっているのはヴィンセント・モンタギュー  物語の入り口で、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの絵が登場いたします。

 物語の大半は、メリーゴーランドを組み立てて、それで生計を立てていたロマの一家と、フラミンゴがたくさんやってくる沼地近くで農業を営んでいる一家がナチスドイツの占領下でどう暮らしたかが中心となっています。

 題名のフラミンゴボーイは、傷ついたフラミンゴや動物と心を通わせることのできる自閉症のロレンゾにつけられた愛称です。

 深刻な状況ですけれど、次のような一節もあり、心に残りました。

 農家の貴重な働き手である農耕馬が片足を痛めていることが分かったとき、ロマの家族の馬車を引いているハニーに肩代わりをさせようと人々は考えました。

  ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

 名案に思えたけれど、それからすぐ、ハニーには農耕馬になる気はこれっぽっちもないことがわかった。

火ぶくれを起こしそうな熱暑の中でも、たたきつける雨のなかでも、幌馬車ならハニーは引く。ハエがいくらたかろうが、道が穴ぼこだらけだろうと、耐えられる。

 でも、肥やしを積んだ荷車を畑に引いていくのは断じて拒否した。雄牛や馬やヒツジをよせ集めるのもやらない。そういう仕事をするのは、馬車馬の沽券に関わるといわんばかりだった。

 もともと気むずかしい馬で、一筋縄でいかないのは、パパもママも知っていた。けれどもまさかここまでがんこだとは夢にも思わなかった。

    ◇   ◇   ◇    ◇   ◇

 一頭の馬の性格について、ここまで書き綴った文学作品に出会ったのは、私としては初めてでしたので、引用させていただきました。

今日も、良い日となりますように。。

 

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

『加害者家族バッシング 世間学から考える』

0004_20201121154101 『加害者家族バッシング』

佐藤直樹 著

現代書館 2010年4月20日 第1版 第1刷 発行

 佐藤直樹さんは、1951年仙台市生まれの現代評論家とのことです。 

 犯罪を起こしてしまった人の家族に寄せられる手紙(現代ではインターネットを利用してのメッセージが多い)・・・日本では、匿名で、「どういう育て方をしたんだ。責任をとれ」といった強い調子の非難がほとんどだとのこと。

 著者の調べた外国での加害者の母に届いた段ボール2箱分の手紙は、すべて励ましであったそうです。つらいでしょうけれど、こういうときこそ、刑務所にはできるだけ面会に行ってあげてください、というような具体的な内容の者もあったそうです。

 テレビ会社の記者が訪れ、「ここが犯人の自宅です。犯人には妻と小学生の子どもが居ました」と家をライトアップしてこうこうと照らしながら放送した例が紹介されています。

 加害者も、加害者家族も社会のケガレとみなされ、住むところも仕事も転々とせざるを得なくなるケースがおおく、空き家になった状態の住居が放火で焼き払われた実例も。

 世間に顔向けができない 死んでお詫びをいたします というところは追い込んでしまうことのない 社会を形成していく道は 険しいのですけれど、より成熟した社会へと歩んでいけるように 考えてまいりたいと思いました。

 加害者の家族の人権を守ってやる必要なんかない と、世間みんなが思ってしまい、自分たちの目の届かないところへいってしまえという気持ちをつのらせること その対局にあるのは 罪を憎んで人を憎まず という在り方ではないでしょうか。 大きな罪を犯した人を弁護する弁護士を 「なんであんな奴を弁護するんだ」と非難する声のほうが大きくなっては いけないと思います。 そんなことを考えさせられました。

| | コメント (1)

2020年11月21日 (土)

『十代に贈りたい 心の名短歌 100』

0002_20201118192301 『十代に贈りたい 心の名短歌 100』

田中章義(たなか あきよし) 著

PHP研究所 2014年12月17日 第1版第1刷 発行

 著者の田中章義さんは静岡市の生まれ。大学1年生のときに第36回角川短歌賞を受賞なさっているそうです。

 高校生の頃から短歌に親しんできた田中さんが愛する短歌を、若い世代にも味わってほしいという思いがこの本から熱く伝わってまいります。

 「1300年前の月が目の前に浮かび、鎌倉時代の波しぶきが、生き生きとふりかかってきます」 ・・・表紙裏の一節です。

 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に出(いで)し月かも  阿倍仲麻呂

 大海の 磯もとどろに 寄する波 割れて砕けて 裂けて散るかも  源 実朝

 不尽の山 麗らかなれば わがこころ 朗らかになりて 眺め惚れて居る 北原白秋

 万国の  博覧会に もち出せば   一等賞を取らん 不尽山 正岡子規

 

 

 

 7章からなるこの本の第4章 青春の日の友の顔 の前書きが 心に残りました。

0001_20201119123101

   この前書きにある「十代のチームメイトは、一生のチームメイトにもなり得る」という言葉は、まさにその通りですね。

 私は、中学校・高校では野球やサッカーでなく、卓球部に入りました。

 中学校の卓球部に、たいていのスポーツを見事にこなす同窓生がいました。スキーも達者でした。彼と打ち合ったピンポン球のラリーの一球一球は、まさにこの前書きにある宇宙にたった一球なのだったのだと、今にして思います。

 日常生活で私がいたらない言動をしたときも、彼は非難することなく、いつも暖かく接してくれる存在であり続けてくれました。 今も、本当に一生のチームメイトです。

 あなたにも、こうしたかけがえのないご友人がおられるのではないでしょうか。

 若人に向けて書かれたこの本 ・・・ 昔の若人だった私にも響いてくる歌が何首もあります。

 若竹の伸びゆくごとく子ども等(ら)よ 真直(ますぐ)にのばせ 身をたましひを  若山牧水

よろしければ、どうぞ。 今日も良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

『フィデル 出陣』 海堂 尊

0014_20201117202901 『フィデル 出陣』

海堂 尊 著

文藝春秋 2020年7月30日 第1刷発行

 タイトルにあるフィデルとは、キューバ前国家評議会議長フィデル・カストロのことです。

 この本は史実をもとにしたフィクションと書かれています。・・・2011年10月にキューバを訪れて以来この本を書くために著者が集めた書籍は1800冊を超えたそうです。

 巻末に「オバマ大統領、広島訪問」(「週刊文春」連載開始初回冒頭) 2018年2月15日号) ・「ローマ教皇フランシスコ、広島長崎訪問」(週刊文春」連載最終回末尾 2019年12月19日号)

 オバマ大統領は2016年5月27日、ヒロシマで献花し、「核保有国は『核兵器なき世界』を目指す勇気を持たなければならない」と述べた。

 感銘を多くの人に与えたけれど、カストロは、2016年8月13日、90歳の誕生日を前にオバマ大統領が何十万もの市民を殺戮したことを謝罪しなかったと非難し、高潔でないと党機関誌に寄稿した、と上記の文で海堂さんは書いておられます。

 そして「どんな大国も多くの人命を奪う権利はない。平和を守るため努力し続けなければならない」という毅然とした言葉は、日本の首相に発してもらいたかった・核大国アメリカ合衆国に忖度することなく核廃絶の騎手となるべきだと明言しておられます。

 国民に対して語った言葉を守り、結果的に守れなかった時には率直に謝罪したフィデロ・カストロという政治家の姿がまぶしく見える ・・・ その思いがこの本を執筆した著者の原動力であったことが伝わってまいりました。

 本文の中ではカストロが引用しているホセ・マルティという人の「死ぬべきときに死ぬのであれば、それは生きることだ」(381ページ)という言葉が印象に残りました。

 ※ 私は、情熱的な革命家に憧れるタイプではありません。海堂 尊さんも、前世紀半ばのキューバでは困難だったこと・・・今の日本国民が穏健に銃弾も発さずただ声を上げることで世の中を穏やかに変えようとしているやり方には日本人の一人として、誇らしく思うと記しておられます。 人類が叡智を結集して、平和の内に いろいろな問題を解決していくことができますように。

 平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるからです。 山上の垂訓 マタイの福音書5章9節

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

『作家ソノミの甘くない生活』

0015_20201113085601 『作家ソノミの甘くない生活』

群 ようこ  著

毎日新聞社 2012年11月25日 発行

 小説ですから、作家ソノミさんは、あくまでも作品中の人物です。けれど、実際の作家、群 ようこさんの実生活が どれほどかは反映されているのだろうと勝手に思いながら読み進みました。

 80代で一人暮らしをしている母親の住環境を新しく整えることにして、その費用を振り込みに行った銀行で丁寧すぎるアシストをされ、ソノミさんは振り込め詐欺にあっているのではないかという目で見られる年代に自分が到達していることを感じ、気分が落ち込みます。

 でも、マンションで犬を抱えてエレベーターに乗ってきた人のために目的の階のボタンをおしてあげ、相手の人が犬に「親切なお姉さんに会えてよかったね」といっているのを聞き、気分は爽やかになります。

 母はダンスのサークルで若い人に優しくしてもらいながら、発表会のドレスのことで電話をかけてきて、執筆に打ち込んでいるソノミさんは、ペースが上がっていた仕事をたびたび中断されることになります。

 口は達者な母親ですが、住み慣れている環境で転んでけがをしたりもします。ソノミさんは、担当者が変わって、あまりにも細かな校正をしてくるのにも対応しなければなりません。

 インターネットの発達などによって、出版業界の勢いも以前ほどではなくなってきます。 でも、ソノミさんは、自分の意に染まない仕事は受けないで、作家の仕事を続けます。 読み終わって、何だか、この先どうなるのだろうと、気にかかる作品でした。

 それはともかく、今日も、良い日となりますように。

 

| | コメント (0)

2020年11月14日 (土)

『星の王子さま』 について山本容子さんが・・・

0002_20201111104901  サンテグジュペリの『星の王子さま』について、銅版画家の山本容子さんが岐阜新聞11月8日朝刊で書いておられました。すてきな文章だと感じましたので、引用紹介させていただきます。 ありがとうございます。

 この文を読んでいて、私がお世話になった教育の道の先輩の言葉を思い浮かべました。

徹する ・・・ 井戸を掘るときには水が出るまで掘る 

 山本容子さんの文と読み合わせて 胸の中で じわーっ と 味わっています。

 名作は、読む人それぞれの中に宿り、息づいている ・・・『星の王子さま』を改めてゆっくり読んでみたくなりました。

 今日も、良い日となりますように。

 次男の誕生日です。 おめでとう!!

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野圭吾 著

0012_20201109200801 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

東野圭吾 著

KADOKAWA 2012年3月30日初版発行

       2017年4月5日 3版発行

 東野圭吾(ひがしの  けいご)さんは、1958年 大阪府生まれ。江戸川乱歩賞・日本推理作家協会賞・直木賞・柴田錬三郎賞・吉川英治文学賞などを受賞され、推理小説には、映画化された作品がありますね。

 この本は、大きな事件が起こるわけではなく、本来は、浪矢(なみや)雑貨店なのに、勘違いとかも作用したのでしょうか、なやみを書いておくとその返事が返ってくる雑貨店となっていきました。

 最初は、例えばこんなやりとりだったそうです。

問 ガメラは回転しながら飛んで、目が回らないでしょうか。 ガメラの友だちより

回答 ガメラはバレエを習ったのだと思います。バレリーナは、どんなに早く回転しても目が回らないそうです  ナミヤ雑貨店

 私の心に残ったのは、ある悩みへのこんな回答です。

 ・・・どうか信じていてください。今がどんなにやるせなくても、明日は今日より素晴らしいのだ、と。

 よろしかったら、どうぞ。

 

 

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

『みつばの郵便屋さん』

0008_20201108144601 『みつばの郵便屋さん』

小野寺史宜 著

ポプラ社 2014年8月5日 第1刷発行

 この本のタイトル、なんとなく、 蜜蜂の郵便屋さんと思い込みかけていました。「うなぎのひつまぶし」を「うなぎのひまつぶし」と読み間違えるような勝手な作用が多くならないように気をつけますね。

 みつばという住宅地区に配達を担当する郵便配達員の青年・平本秋宏が主人公で、彼には年子の兄がいます。その兄がちょっとした人気タレントで、時々、間違われそうになることがあります。

 責任感強く、配達員の仕事をなし遂げようとする彼には好感を覚えました。たくさんのかたに人気がある作品らしく、シリーズになって進行中のようです。

 一通の葉書・手書きを届けることは、人と人との心を結ぶこと・・・こんな言葉を思い出しました。

 もし、私たちが 一年に何通か、心のこもった手紙を発送し合ったら、どんなにすばらしい世の中になることでしょう。  ー ヘレン・ケラー ー

 今日も、良い日となりますように。

 

 

| | コメント (1)

より以前の記事一覧