2019年3月22日 (金)

ハーモニカ ・・・ 90歳のかたの音楽タイムに参加して

 3月21日 我が家から数分歩けば行ける公民館で、90歳の男性が講師になって歌う会が開かれるとのことで、参加させていただきました。うーむ・・・ たくさんのことを体験させていただきました。
1.達者なハーモニカでスピード感のある伴奏 ・・・ 二本のハーモニカを同時に演奏するシーンもありました。懐かしのメロディの前奏・間奏もしっかりと頭に入っていて軽快に演奏されました。
2.ビー紙に書いた歌詞を掲示する工夫・・・上辺を二枚の薄い板ではさんで紐とじにし、その板の両端をカーテンレールなどにフックでかける
3.指示棒を主催者の一人に渡し、歌詞の進行状況を明示してもらう
4.テンポと歯切れのよいトーク・ユーモア ・・・  「子は 自立 女房 はつらつ わしゃ 孤立」 「赤い糸 留守の間に そっと切る」
などの川柳を織り込んで 楽しく展開 男は 久しぶりに会っても「元気か」 「まあまあ あんたは?」「見た通りや」 くらいで話が終わってしまう。 その点、女性は どんだけでも しゃべっとる じょうずや という具合。 「わしゃ 独り暮らしやで きのうは 何も しゃべらなかった」 「うちは 二人で 一日過ごしたが おんなじや 何にもしゃべらなかった」「スマホは あかん 隣の部屋からメールが来たりする かなわん」  などなど。
5.「来年も来てくれ と言われるのは ありがたいが 約束は ようしません」・・・ 何しろ この年齢やで と話して笑いをとる ・・・この明るさ が 会場の全員に伝わる 前向きのエネルギー
 ぜひ、これからの ムーミンパパとママの音楽タイムに 活かして 励みたいと エネルギーをいただきました。 ありがとうございました。
 良い日となりますように。

| | コメント (1)

2019年3月10日 (日)

指揮者 佐渡裕さん

  テレビの「題名のない音楽会」の司会者を務めていた一人、指揮者の佐渡裕さんが2011年5月にベルリンフィルを指揮することになってからそのコンサートが実現する三か月間を密着取材した番組が、NHKテレビのプレミアムカフェで「情熱のタクト」という題名で再放送されていました。

  そのコンサートは、成功を収めたのですけれど、心を打たれたのは、佐渡さんは小学校の卒業文集に、「ベルリンフィルハーモニーオーケストの正指揮者」とはっきり書いて、独学で指揮を学び続け、研鑽を積んでいたことです。

  ベルリンフィルからオファーがくるずっと前から、ベルリンフィルのコンサートホールから歩いて3分のところにマンションを購入していた・・・そのマンションを奥様が選んだと佐渡さんが語っていましたから、ご夫婦で心をそろえて夢の実現を目指して歩まれたことが伝わってきました。

  ベルリンフィルの楽団員と通訳者なしに語り合うためにドイツ語での会話も流暢に出来るように磨いておられました。 楽譜や音楽書をドイツ語やイタリア語などなどで読むために積んだ語学の学習も、並大抵の量・質ではなかったことがうかがわれます。

  ベルリンフィルの楽団員との初の顔合わせの時には、3月11日の東日本大震災に遭った人たちのために励ますコンサートをいち早く開いてくれたベルリンフィルの方々への感謝をまず、述べてからリハーサルを始められました。

  ベルリンフィルに客演指揮者として呼ばれるのは毎年20名、その中で再び声がかかる指揮者は、ほんの一握りという厳しさだそうです。 正指揮者になるというのは、とてつもない厳しい道程が待っているようです。

  この番組から、夢を夢で終わらせないために、ちゃんとその夢の器を作ることの大切さ、素晴らしさを感じました。

  イチロー選手が早くから大リーグで活躍することを目指して切磋琢磨していたことも、よく知られています。

  また、今年の箱根駅伝の優勝チームの監督は、優勝したときの胴上げに備えてダイエットを完了させて正月を迎えました。

  すごいですね。

  今日も、良い日となりますように。

  日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

ヴァイオリニスト 五嶋(ごとう) みどりさん

 テレビの「題名のない音楽会」で司会を務めていたヴァイオリニスト 五嶋龍さんのお姉さん、五嶋みどりさんは、NPO法人ミュージック・シェアリング の理事長を務めておられます。
0005_2 そのNPO法人の活動として、学校や施設の訪問活動、そして特別支援学校の子どもたちが直接音楽に関わり、その喜びが多くの人々の愛で成り立つことを知り、生涯音楽を通して仲間が集える、そんな夢を手伝うことをライフワークとするようになられたとのこと。
 2017年6月21日、大阪府立大阪南資格支援学校合奏グループのパブリック・デビュー・・・保護者の方が「ウチの子にも社会との交流が出来るのですね」ととても喜ばれたそうです。
 ◇    □    ○    ※   ☆
  この日のために練習を積み重ねてきた子どもたちをがっかりさせないようにと激しい豪雨をついて開かれたコンサート ・・・ 翌日の東京での活動に備えて豪雨のために停電でダイヤの乱れた列車にともかく乗り込んだ五嶋みどりさんは、ハッとその日のコンサートのリハーサルとコンサートの間に集合写真・グループ写真を撮影するときにご自分が指示していた言葉を思い出されたそうです。
  目の不自由な子どもたちに「もう少しこっちを向いて。こっち こっち」 ・・・興奮で冷静さを失っていたなんて、言い訳にもならない自己本位に私の自尊心は思いっきり打ちのめされた。
  それでも、ごったがえす駅の構内で背筋を伸ばされたそうです。 夢を限りなく広げてくれる勇気をもらった一日だったと自分に言い聞かせながら。
                 『文藝春秋』 2017年9月号 「二十五年目のライフワーク」より
      ◇    □    ○    ※   ☆

  この文を読んで、五嶋みどりさんは 卓越したヴァイオリニストであると同時に、とても誠実に生きておられる方だと 心を打たれました。

  教師として生きてきた私にも、こんな自分が教師を続けていいんだろうかと、自分の在り方・生き方を問い直さざるを得ない 慚愧に堪えない 出来事があるのです。

  けれど、そのことも糧にして歩んでまいりました。 そして、歩んでまいります。

  今日も、良い日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

岐阜県交響楽団のファミリーコンサート

0017
  チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一楽章などが身近で聴けますので、ご都合がついて関心のおありの方は、ご予定にお入れくだされば幸いです。  遠方の方にはお越しいただけないと思いますけれど。

  若い日の一時期、この岐阜県交響楽団にトランペッターとして上手ではありませんでしたけれど参加していましたので、聴きにいきたいと思います。

  2月28日(木)朝のテレビで、私より少し高齢の方が、達者にハーモニカを吹いておられました。 健康のために口・喉・肺・腹筋・横隔膜などを用いて演奏することは、とてもよいことがその番組で語られていました。 きっとフェイスラインも(少しは)すっきりすることと思います。

  学校勤めの時は、ともかく、トランペットなどの金管楽器の練習場所はなかなか確保しにくい面があります。けれど、ハーモニカやオカリナなどであれば騒音公害をあまり心配せずに練習できそうですので、楽しみつつハーモニカに取り組んでみようという気になりました。 

  まだあきらめていない楽器にギターがあります。あまり練習が伴いませんけれど意欲だけは(残り火のようにですけれど)あるのです。

  ちょっとした装置を準備すれば、ギターを弾きながらハーモニカを吹くということも出来るかも知れませんけれど、まずはそれぞれに向かってみます。

 郷愁を感じさせるハーモニカの音色もいいものですね。

 ポスターを見て、若かった日の血が騒いで 少し長くなりました。

 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

リンゴの唄 並木路子さん

 1945年 「そよ風」という映画が作られ、その主題歌「リンゴの唄」が戦後最初のヒット曲となりました。 作曲した万城目正さんは、「そよ風」の主演女優でもある並木路子さんに「悲しそうに歌うな」といったそうです。

 戦争で、お父さん・お兄さん・お母さんを亡くしていた並木さんが「無理です」と答えると「東京の町を見てきなさい。悲しい目に遭ったのは君だけではない」と万城目さん。

 そうした過程を経て、並木路子さんの歌声は津々浦々に届くようになりました。

 並木路子さんの言葉が、1月30日のテレビで紹介されました。「私はリンゴの唄を歌って、たくさんの方を応援しました。そして多くの方々はその歌を聴いてくださることで私を応援してくださったのです」

 そういう並木路子さんでしたけれど、後に、万城目正さんの告別式では、どうしても悲しみを出さずにリンゴの唄を歌うことができず、「お叱りを受けてしまう」と語っていたそうです。

 この季節、リンゴを見ると、上記の話を思い浮かべることになりそうです。

 1月31日、岐阜市内の古民家カフェでの音楽タイムでこのお話をしましたら、「私は、並木路子さんが岐阜に来られたときに聴きに行ったことがある」とお話ししてくださるご婦人がおられました。

  今日も、よい日となりますように。

  日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

岐阜県は日本有数のバイオリン生産地

   今日もこのブログを訪れてくださいまして、ありがとうございます。

1月16日 ・・・2019年も、あと350日となりました。 うーむ、早いものですね。改めて書かなくてもよいことですけれど。

 さて、長く住んでいるところについて、他のところで生まれ育ったところの方よりも詳しく知っているとは言えないことをこの岐阜新聞の記事を読んで思いました。

  この記事を書いておられる大藪先生は、ご専門は家庭科なのです。そして英語も堪能で、書写指導の基本を学生たちに教えることにも力を発揮しておられます。 今回は、バイオリンのこと、そしてバイオリンの指導法として世界に知られた鈴木メソッドのことについて書いておられ、興味深く読ませていただきました。

0002_2

 記憶の歩留まりはだんだん下がっていますけれど、例えば、穴の開いたバケツにも水を注ぎ続ければ目減りはしてもどれだけかの水を蓄えていることはできるというような感じで、新しいことを知り続けたいと思います。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

フランスの作曲家の夜想曲 ピアノコンサート

 1月7日、すてきなピアノコンサートがありました。岐阜新聞1月8日朝刊から引用紹介させていただきます。

0002
0005  岐阜大学の活性化経費助成公演ということで、整理券は必要でしたが、無料でした。 夢のような時間で感無量!!

  演奏者自らの解説付きで、すてきなピアノ曲に浸らせていただきました。

  「プーランクは、1899年の1月7日に生まれました」というお話があり、そうしたこともあって、フランスの作曲家がこのコンサートで一気に身近に感じられるようになりました。

   解説を交えながらプログラムの9曲、そしてアンコールのドビュッシーの「月の光」などをすべて暗譜で美しく曲想豊かに弾いてくださった仲田久美子先生、そして整理券をお送りくださった方にお礼申し上げます。

  ありがとうございました。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

野外での音楽会 

0004
 すでに終わったことなのですけれど、上記の音楽会を、偶然、行き合わせて聴くことが出来て楽しかったものですから、遅ればせながら、お裾分けを・・・。

 昨日のブログで、自然の中に身を置くこと、音楽のことに内容が及びましたので、野外音楽会のこともいいかな、と思いました。

 二胡・アイリッシュフルート・アイリッシュハープなど、いろいろな楽器の演奏をちょうど薄曇りになってきた暑くない環境で、堪能させていただきました。

 フィナーレは、QBBというジャズバンド。

 幼児を背負ったお母さんトロンボーン奏者の見事なソロで始まり、すばらしく盛り上がってのフィナーレとなりました。「サマータイム」のソロ・トランペットも女性 ・・・ これもすばらしい出来映えでした。

0003 緑の木々を背に芝生の上で展開するFOREST MUSIC in 百年公園 今回が三回目だそうです。

 小鳥の声、風もさわやかで、上質の時間を過ごさせていただきました。

 ありがとうございました。

今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください(^J^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

母と みたらし団子

  この「母と みたらし団子」が、なぜ音楽という項目に収まるのか・・・それをこれからお話しさせていただきますね。

   ◇    □    ○  ※  ☆

  私が小学校に上がる前のこと。食事中に父が私に何か話しかけました。食べることに集中していたのか、父の言葉を聞き漏らしましたが、ともかくも、まず、と思って「はい」と返事しました。

 すると、父が「そうか。それならば、習いに行きなさい」 ・・・(?!)

 これが、私がピアノを習いに行くことになったそもそもの出だしでした。

  父は、牧師。高山教会に、中国でドイツ人の先生についてピアノを学んだかたが礼拝に来られるようになり、次男である私が将来、礼拝で讃美歌などの奏楽が出来るようになればいいな、と考え、本人に習う意志があるかどうかを確かめてみようと聞いてくれたようです。

   (余談ですが、朝市が開かれる陣屋前に、夏になると大きなテントを張って天幕伝道というキリスト教の布教活動が行われていました。父やほかの牧師さんたちは、臨時の楽隊を編成して、町を一巡して広報 ・・・ 太鼓 アコーディオン タンバリン ・・・父はどの楽器も手がけていましたが、タンバリンを肘も使って器用に打ち鳴らす姿が印象に残っています。)

  そんなきっかけで始まったピアノ教室への入門 ・・・ 長続きしそうにないとお思いになるでしょう ?  それが続いたのは、ピアノ教室への行き帰りに付き添ってくれた母と、練習の帰り道に時々食べさせてくれたみたらし団子のおかげなのです。 先月の岐阜新聞に みたらし団子の由来が掲載されていて、上記のことを改めて思い浮かべました。※ 画像をクリックすると、読みやすくなるかと思います。

Photo
 記事には、1本5円とありますが、私がピアノ教室に通い始めた昭和27年頃は、10円で3本だったという記憶が・・・。現在は1本70円だと思います。

 母は、ふだんの練習にも付き合ってくれました。「子守歌」をつたなく練習していると、「上手に弾いていたから、寝てしまった」、とうつらうつら・・・疲れからか、演技なのか ・・・ どうも、励ますための演技だったと今では思うのですが・・・。

 小学三年生の時の担任の先生が文集にクラスの子の一口紹介を書いてくださったのですが、私の項目は、こうでした。

 「ピアノが上手で 本の虫」

 ・・・ ピアノが上手と言えるかどうかは分かりませんけれど、本を手放せない小学生であったことは確かです。 もし、あの頃、ピアノの練習の虫であったら ・・・ひょっとしたらレコードが出せるくらいの域に達していたかも知れません。 そう、思いつつ、けれど、教会のオルガニストの一人として、そして「音楽療法」というより、双方が音楽を通して活力を満たす時間を過ごすのだから「音楽両方」という呼称がいいな と楽しみながら 音楽とすごす時間を生活の一部と出来ることに喜びと感謝を覚えている72歳です。

 芸術の秋  食欲の秋 ・・・ よい日々となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

余韻  遠藤伸子さん シャンソンコンサート

0002 9月8日の 遠藤伸子シャンソンコンサート ~愛の詩~

 からしばらくの日が経過しました。

 でも、感動覚めやらぬ と申しましょうか。 今も、胸が熱くなります。

 歌われた曲目は、下記のプログラム プラス アンコール曲「愛の賛歌」です。

※ 画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなると思います。

 たくさんの聴衆 そして にこやかに語り 歌われる遠藤伸子さんと一堂に会して すてきなひとときを 共有させていただきました。

 上質の時間をいただくと、こんなわたくしも 何だか上質になったような気がいたします。

0004

   浦島太郎は、お土産の玉手箱を開けて一気に老け込んでしまいました。

 このシャンソンコンサートの感動の余韻をエネルギーにピアノの蓋を明けると、青春時代の熱さがよみがえってまいります。

 「青春とは 人生の特定の時期を指すのではない。 心の在り方を指す」

 芸術の秋 ・・・ どうぞ、すてきな感動の味わえる日々を 創り出してくださいますように。

 遠藤伸子さん 企画・運営に携わった皆様方 会場でお目に掛かった方々 本当に良い時をありがとうございました。

 今日も、よい日となりますように。 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧