2019年4月19日 (金)

我は今日 林檎の木を ・・・

413
  根尾の薄墨桜の記事が4月13日の岐阜新聞に掲載されていました。
1500年以上、花を咲かせてきて、今年も多くの人を喜ばせた桜です。けれど、花を咲かせたままおおきな枝が折れたとのこと・・・記事を読んで、花を咲かせてくれる桜の老樹と、その生命活動をささえ続けてくださる方々の共存関係を思いました。 この薄墨の桜の樹の近くには、この木の子や孫の桜木が育っています。 その意味では、命は引き継がれているのですけれど、やはり、老樹そのものの命は、ほかにかけがえのない存在ですね。
 こう書いてきて、かけがえのない存在だった我が家の愛犬のことを思い浮かべました。当時の人気番組、「フランダースの犬」にちなんで、この犬にパトラッシュと子どもたちは名付けました。(大型犬ではなかったのですけれど)岐阜市から下呂の上原(かみはら)に転勤したときも一緒に連れて行きました。 上原での三年目、毛が抜ける病にかかった狸と山の散歩中に出会って勇敢に闘ったパトラッシュはその病気がうつって、体力を落とし、痩せていきました。小屋から出てくるのも大儀になったパトラッシュがある夕方から夜にかけて、小屋から出て来て踏ん張って立っていました。 とても優しい目で私たち家族を見つめてくれました。 ・・・それがお別れとなりました。 子どもたちの幼年期・少年期をともに歩んでくれた優しい犬でした。 ある日の食事に向かって小さく吠えたことがありました。鰹節を掛けたご飯が温かくて鰹節がゆらいで見えたのにおびえたのです。(猫に間違えていつもこういうご飯を出していたわけではありません) 中学生になった長男が試験期に早めに帰宅した時、時間帯がいつもと違ったからか、よその人と間違えて長男に吠えたことがありました。長男に叱られて、きまりわるそうに、「いえ、そういうわけではありません」と横を向いて小さな声で照れ隠しするように吠えていたこともありました。
 
0001_5  その春、転勤して岐阜に戻ってきてしばらくして、次男は「パトラッシュの歌」を作りました。数年後に就職した長男の夢にパトラッシュが出てきて「仕事に臨むときには気をつけなさい」と、なぜか人間の言葉で話し、その日、いつも以上に用心して安全が守られたこともありました。
 大樹も、動物も、そして人も この世での命には限りがあります。けれど、それまでこの地上で歩んだこと、力を出し合って一緒に暮らしたこと、心を通わせあって築いてきたこと、紡いできた生活が全て無駄になり、消え去るのではないと思います。
 「もし、明日 地球が滅ぶと聞かば、我は、今日を植えん」 諸説ありますが、宗教改革推進の中心となったルターの言葉といわれています。
 薄墨桜の記事に誘われて、私には大きすぎることを書いてしまいました。 ルターの言葉の意味するところも、しっかりと理解している自信はありません。 けれど、ルターの言葉にあるように生きたいと、願っています。
 21日、キリスト教会では イースター ・・・ 復活祭の礼拝が献げられます。 イエス・キリストの復活について、聖書をもとにしてメッセージが語られます。 どうぞ。
 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (1)

2019年3月31日 (日)

324

 先週の日曜日、私の通う「睡蓮の池のほとりに佇つ教会」で、礼拝を見守っていてくれた花たちです。色、形、香りなどとりどりの花がそれぞれの個性を生かし合いながら音楽でいうと美しいハーモニーを響かせている感じがいたしました。

 私たち人間も、それぞれの個性を調和させ合いながら、花畑を織りなしているのかもしれませんね。どの一人もかけがえのない存在として。

 良い日となりますように。

 今日は、日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

 

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

ニワトリの居る教会

私の通うキリスト教会は「睡蓮の池のほとりに佇つ教会」です。農業用水の池なのですが、冬季は鴨やオシドリなどが翼を休める憩いの場となっています。

 この教会の牧師先生の娘さんが、岐阜市の畜産センターで小国鶏(しょうこくどり)というニワトリの卵を分けてもらって孵化することにチャレンジ・・・三回目にして見事に成功。 現在は、このように立派に成長しています。

0005
 小国鶏にちなんで、小(しょう)ちゃんと名付けられた彼は、ここまで育ててくれた娘さんをとても信頼し、安心して暮らしています。

 教会に通う人の中には、しょうちゃんに九官鳥のようにしゃべらせようと企んでいる人もいます。 それも、なんと「フライドチキン」という言葉を・・・ しょうちゃんがその言葉の意味を知ったらどういう行動をとることでしょう。 知りませんからね。

 それにしても、小ちゃん、堂々としていますね。ブレーメンの音楽隊のお話に出てくるニワトリのようです。

 よろしかったら、会いに来てください。

※ 小国鶏について

 一般的には小国鶏(しょうこく)と呼ぶことが多く、「おぐにどり」と呼ばれることもあります。昭和16年1月に天然記念物に指定されました。主な飼育地は京都府、三重県などです。平安時代のはじめに、今の中国の昌国(しょうこく)から日本に連れて来られたからこの名前がつきました。闘鶏の一種として古くから飼われ、多くの日本鶏の成立に関わった。体重は、雄2,000g、雌1,450gである。鳴き声は長く、時間を正しく知らせたことから「正告」または「正刻」とも呼ばれました。「尾長鶏(おながどり)」は、このトリから改良されたものだといわれています。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

グレースチャペルの新会堂

1月20日のこのブログに新しい教会堂がスタートとしたことを書かせていただきました。その新しい教会堂の写真を披露させていただきます。

 グレースチャペルの牧師夫人作成の聖書の言葉入りのカードからです。ありがとうございます。

 まず、昼の景観です。礼拝堂の外装・内装は明るい作りです。

A
 そして、夜の景観です。

B岐阜市近辺においでになることがありましたら、ぜひ、日曜日の礼拝などにおいでください。

岐阜大学への留学生なども集い、国際的な広がりも備えていますよ。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

新しい教会の誕生 献堂式

 私の通う尾崎キリスト教会は、長良キリスト教会の第二会堂です。それに続いて、岐阜大学の近くのマンションの一室を借りて、「グレースチャペル」という伝道所が2004年5月にオープンいたしました。

  学生さん、留学生さん、地元の方が集まるようになり、2018年、マンションの一室が手狭になったので、新しい教会堂を建てようと着工。

  昨1月19日に竣工を祝い、神様に感謝して献堂式が開催されました。2004年に開設以来、グレースチャペルを訪れた方の国籍は日本を入れて、実に19カ国となりました。

  新会堂が出来、十字架も屋根に掲げられ、これからは、もっともっとインターナショナル グローバルに 展開しそうです。岐阜市のマーサ、ニトリの横の環状線をお通りになる方は、その通り向かいに位置するグレースチャペルを交通安全を守りながら、発見なさってください。

  写真は、そのグレースチャペルを設計・施工を監督した建築士さんが設計された講壇です。

Photo_2
 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。グレースチャペルに限らず、どうぞ、お近くのキリスト教会にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

『科学者も神を信じている』

0010
   「宗教は、科学が発達していなかった時代の人の無知による産物で、科学が発達した今では必要のないものだ」 「科学がいろいろなことを明らかにした分、宗教の世界は狭くなっている」 ・・・ という考え方があります。

  冒頭の画像をクリックして読んでいただくと、上記の考え方が本当に合理的なのかどうか、という疑問に対面することになると思います。 出典は、クリスチャン新聞福音版2018年9月号(いのちのことば社 発行)です。

 『科学者も神を信じている』 ・・・ 書評によると、かなり歯ごたえがありそうな本ですが、近いうちに読みたいと思っています。

 勉強したいことは、減っていかずに増えていきます。どうしてでしょう。楽しいには楽しいのですけれど (^J^)

  よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

神様の創造のわざ

92 
  キリスト教会の礼拝 ・・・ クリスチャンは、その会堂を清掃し、整える当番の奉仕を、喜んで果たしています。

  9月2日には、あるお母さんクリスチャンが、このような花をたててくださいました。この日の花は、やはりクリスチャンである息子さんのお庭などからの花の集合体だそうです。一輪の姫芙蓉(底紅)は、この日にあわせてベストコンディションで咲きますように、と願っておられた一輪だそうです。とてもすてきですね。

  礼拝の中心は聖書朗読・聖書からの牧師さんのメッセージです。 そして祈り、讃美歌・・・ その礼拝を優しく見守る心のこもった花 創造主である神様は、最高のデザイナーでもあります。

  明日は日曜日。キリスト教会の礼拝においでください。 よい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

聖書の学びと 持ち寄りランチ

0004 私の通う教会 ・・・ 「睡蓮の池のほとりに佇つ教会」では、毎週水曜日の午前中に、聖書の学び会があります。

  そのあと、ペアなどに分かれて、祈りの時をもち、そして持ち寄りランチをいただきます。

 誰が どんなものを持ってこようか

0011 打ち合わせることはないのですけれど、不思議と 素敵な組み合わせになるので、それが楽しみの一つとも、なっています。

  紅茶に浮かんでいるのは、カモミールの花です。

 わぁ、参加してみようかな とお思いになった方 おられますか。

 しばらく この聖書の学びは、夏休みに入ります。 再開予定は、また、お知らせしますね。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

睡蓮の 池のほとりに 佇つ教会

0007
  私たち夫婦のお世話になっているキリスト教会のキャッチフレーズは、「睡蓮の 池のほとりに 佇つ教会 です。

  あの睡蓮の絵で有名なモネが訪れたことはありませんが、なかなかの景観です。今年も、睡蓮が咲き始めました。 よろしければ訪れてください。

0009 下記をクリックしていただくと、教会のホームページを見ていただくことができます。

http://ozakich.crayonsite.com/

 この教会のホームページの制作者は、牧師さんの奥さんです。(牧師夫人と呼ばれるより、牧師の奥さんと呼ばれるのが好きだとおっしゃっています。)

今日も、よい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

「ごちゃまぜ バンザイ」

0023
 4月8日(日) 飛騨高山教会では、朝の礼拝と午後に 創立五十周年記念感謝礼拝との二回の礼拝が捧げられました。

 朝の礼拝に、牧師の兄と以前から交流のある牧師さんが、聖書からのメッセージをしてくださいました。

 そのタイトルが「ごちゃまぜ バンザイ」 なのです。

 わぁ、こういうタイトルでのメッセージには出会ったことがないなぁと思いました。

 かいつまんでお伝えしますと、バベルの塔に関する話でした。

  ブリューゲルという画家の「バベルの塔」・・・展覧会を見にいかれたそうです。 すると誕生祝いに、この絵がジグソーパズルになったものをプレゼントされたそうですが、実物は、とても小さかったとのこと。

 その塔の絵の下のほうに、塔を建てようとした権力者に無理矢理働かされている人々が描かれています。 空まで届くほどの塔を建てようと権力者はいい気分でしょうが、こき使われるほうは大変です。 お話を聴きながらエジプトのピラミッドのことを思いました。一人の王様のお墓を造るためにいったいどれほどの人々の苦役があったことでしょう。

  その塔の建設をやめさせるために神様がとった方法が、それまで一つの言語だったのを「ごちゃまぜ」 ・・・バベルとはそう意味だそうです・・・にすることだったのです。   横山牧師さんは、世界が一つの言語だったら、ギリシャ語やラテン語やヘブライ語などの学びで苦しまなくて済むので、どんないよかっただろうと思ったことがおありだそうです。 けれど、言葉が「ごちゃまぜ」になったからこそ、たくさんの国、民族の多様性が守られ、独裁者の思い通りに世の中が支配されることがなくなった と語られたのです。 そのように、この日のお話を聴いて私はそう理解しました。

  目が開かれた思いがいたしました。あなたは、どうお思いでしょうか。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧