2010年1月10日 (日)

星とたんぽぽ

星とたんぽぽ  金子みすゞ

青いお空の底ふかく、
海の小石のそのやうに、
夜がくるまで沈んでる、
晝(ひる)のお星は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。

 岐阜市を流れる長良川 ・・・ その長良川と金華山が一体となった景観は、すばらしいです。

 1月7日の朝、金華山頂は、雪に包まれていました。けれど、そこには、まぎれもなく岐阜城が存在していました。

Photo Photo_2

  「見えぬけれどあるんだよ 見えぬものでもあるんだよ」

 今日は、日曜日 ・・・ 神様を直接見ることは、人にはほとんどできません。けれど、神様のおつくりになったこの世の被造物によって、目には見えない神様を人は知ることができます。

 今日は日曜日、キリスト教会では聖書に基づいて神様からのメッセージが牧師先生を通して語られます。 どうぞ、礼拝におでかけくださいますように。

 よき日となりますように。

聖書のことば   ローマ 1章 20節

 世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

こころ

おかあさまは

おとなで おおきいけれど

おかあさまの

おこころは ちいさい。

だって、おかあさまは いいました

ちいさい わたしで いっぱいだって。

わたしは こどもで

ちいさいけれど、

ちいさい わたしの

こころは おおきい

だって、おおきい おかあさまで、

まだ いっぱいに ならないで、

いろんな ことを おもうから。

続きを読む "こころ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

女の子

女の子って

ものは、

木のぼりしない

ものなのよ。

竹馬乗ったら

おてんばで、

打ち独楽(ぶちごま)するのは

お馬鹿なの。

私はこいだけ

知ってるの

だって一ぺんずつ

叱られたから。

続きを読む "女の子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

つもった ゆき

うえの ゆき

さむかろな。

つめたい つきが さしていて

したのゆき

おもかろな

なんびゃくにんも のせていて

なかの ゆき

さみしかろな

そらも じべたも みえないで

続きを読む "つもった ゆき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

つゆ

だれにも いわずに おきましょう。

あさの おにわの すみっこで、

はなが ほろりと ないた こと。

もしも うわさが ひろがって

はちの おみみへ はいったら、

わるい ことでも したように、

みつを かえしに ゆくでしょう

続きを読む "つゆ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

みんなを すきに

わたしは すきに なりたいな、

なんでも かんでも みいんな。

ねぎも、トマトも、おさかなも、

のこらず すきに なりたいな。

うちの おかずはみいんな、

かあさまが おつくりなったもの。

わたしは すきに なりたいな、

だれでも かれでも みいんな

おいしゃさんでも、からすでも、

のこらず すきに なりたいな。

せかいの ものは みィんな

かみさまが おつくりなったもの

続きを読む "みんなを すきに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

ほしとたんぽぽ

あおい おそらの そこ ふかく

うみの こいしの そのように、

よるが くるまで しずんでる

ひるの おほしは めに みえぬ

みえぬけれども あるんだよ、

みえぬ ものでも あるんだよ。

ちって すがれた たんぽぽの、

かわらの すきに、 だァまって

はるの くるまで かくれてる、

つよい その ねは めに みえぬ。

みえぬけれども あるんだよ、

みえぬ ものでも あるんだよ。

続きを読む "ほしとたんぽぽ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

わたしと ことりと すずと

わたしが りょうてを ひろげても

おそらは ちっとも とべないが

とべる ことりは わたしのように

じべたを はやくは はしれない。

わたしが からだを ゆすっても

きれいな おとは でないけど

あの なる すずは わたしのように

たくさんな うたは しらないよ。

すずと、 ことりと、 それから わたし、

みんな ちがって、 みんな いい。

続きを読む "わたしと ことりと すずと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

ふしぎ

わたしは ふしぎで たまらない

くろい くもから ふる あめが

ぎんに ひかって いることが

わたしは ふしぎで たまらない

あおい くわの は たべている

かいこが しろく なる ことが

わたしは ふしぎで たまらない

たれも いじらぬ ゆうがおが

ひとりで ぱらりと ひらくのが

わたしは ふしぎで たまらない

たれに きいても わらってて

あたりまえだ、 と いう ことが 

続きを読む "ふしぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)