2019年5月11日 (土)

予防医学

 5月6日岐阜新聞に19世紀のロンドンでコレラの拡大を食い止め、予防に努めた医師のことが紹介されていました。

0002_18
   この医師は、まだ流行病(はやりやまい)の原因となる細菌も分かっていない状況の中で、その地区の井戸の水に含まれている「何か」が原因だとつきとめ、ともかく、その井戸の使用を中止することでコレラの拡大を防いだのだそうです。
 上の記事は、そのことを紹介して、たばこについて「いまだにたばこの煙による肺がん発生のメカニズムは完全には解明されていない」と、たばこの有害性を否定しようとする人に警告しています。 タバコの煙を吸うと肺がんになることは十分すぎるほど実証されているのに、メカニズムの解明を優先することの不合理をこの記事の筆者は言いたかったのですね。
 さて、たばこを吸う人は、たばこの根元にあるフィルターを通して吸っています。自分を守ることになるでしょうけれど、フィルターのない先端から流れ出る煙を吸うのは、自分以外の人だから守られなくてもよいと考える人でないとたばこは吸えないことになりますね。
 さすがに、禁煙の区域が広がって、それ以外のところで吸う人が増えてきています。 けれど、肺の中に残っている煙が、たばこを吸い終わって戻ってきた人の口から放出されて、たばことは無煙、いえ無縁の人が肺がんになってしまった例があります。(保険の外交員の方など、たくさんの喫煙者と面談する機会がある人など)
 実は、5月7日夜、あるテレビ番組でこんなシーンがありました。健康がテーマの番組です。
 説得力のある医師が「コーヒーは心筋梗塞・脳梗塞を予防する成分があります。けれど、飲めば飲むほど良いのではなく、一日に3杯か4杯がいいのです」と述べました。
 司会者が、お医者さんに「あなたは一日何杯のみますか」 医師 ちょっとためらいながら、でも正直に「私は10杯ほどです」
 司会者 「人には3杯か4杯がよい と言っているのに 自分では10杯ですか」
 正論を言っている司会者ですが、その場面の少し前に、その司会者は「私は酒もたばこも飲んでいます」と堂々と話していました。
 笑い声もたくさん上がる「健康番組」でした。 人は「分かっちゃいるけど やめられない」弱さをもっている存在で、私もその一人ですから頭ごなしにもの申そうというのではありません。 でも「赤信号 みんなで渡ればこわくない」という世界になってしまうことも嬉しいことではありません。
 新聞記事とテレビ番組から抱いた思いを綴りました。
 今日も、良い日となりますように。
 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝においでください。
 

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

卓球療法

 卓球療法 ・・・ 5月4日の岐阜新聞で、初めてこの言葉を見ました。岐阜県内の介護施設の紹介特集の中にこの言葉があったのです。大分県のお医者さんが考案し、各務原市の老健や特養が力を入れ、5年前に日本卓球療法協会が発足しているのだそうです。

0002_17
 介護職員の中には卓球の全国大会で2位になったことのある方もおられるそうです。楽しみながら反射神経、バランス感覚を養い、交互に打ちますから、心のキャッチボールと申しますか、コミュニケーションが図れるところがよいのでしょうね。
 こういう面から卓球を考えたことはあまりなかったので、自分のためにも深めてみたいと思います。
 楽しんで出来ることで、身体、心に良いこと・・・そういうことを日課にとりいれると、「○○療法」と名付けても名付けなくてもいろいろなことに広げていけそうですね。
 今日も、良い日となりますように。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

さりげなく 深いアドバイス

 ご夫婦で、それほど高くない山になかなかの頻度で登っておられるかたが、こんなアドバイスをしてくださいました。

「杖は低い山でも必需品 第二の足だと思ってね」 ・・・ そういえば、スキーのストックのような杖を持参して山を上り下りしている人って多くおられるように思います。

 それに続く一言に目を開かれました。

「特に、人がたくさん登り降りする山は滑りやすい」 ・・・ う・・・ 思いがけなかったので戸惑いました。 安全だから、たくさんの人が登り降りしているのではないのだろうか と 思ったのです。

 しばらく考えて分かりました。山に登るとき、気を配るべきは杖と靴だ、とアドバイスの前置きにあったのです。しっかりした靴底の靴を装備した人がたくさん登り降りすると、その山道は・・・そうです 丈夫な靴に岩なども角が削り取られ、そして表面が滑らかになっていくのですね。

 落ち着いて考えると到達できるのですが、端的に「人がたくさん登り降りする山は滑りやすい」とアドバイス出来る人は、その根っこに豊かな体験がある、ということなのですね。

 「経験者の言うことは 聞きなさい」 というのは、こういうところから来ているのではないでしょうか。

  ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。 もし、今回のアドバイスのような言葉を登山に限らず教えてくださる方がありましたら、コメント、よろしくお願いいたします。学びのチャンスとなりますから。

 今日も、良い日となりますように。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

声を出して読んでみましょう  ワ行

 NHKの「今日の健康」のテレビテキストから、ワ行の訓練の例題を引用・紹介させていただきます。 

0003_2 最初は、ゆっくり、明瞭な発音を心がけながら →  自信がつきましたら 少し スピードアップしてみましょう。

 目で読むだけでなく、実際に声を出してくださいましね。

 もう一つ、例題が掲載されていました。

0002_3  ワイン 和楽器 影絵 ・・・ 何だか すてきですね。

  それが 一文の中に そろっていると なかなか いい雰囲気と申しますか、しつらえと申しますか。

  アナウンサー 声優 ・・・ そうしたお仕事を していなくても こうした 声をしっかり出しての 発音練習は きっと 積み重ねの成果を現してくることと思います。

 今日も、良い日となりますように。

 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

口の運動

0005 NHKテレビ きょうの健康のテキスト2019年1月号掲載の「声を出して読んでみよう」はパ行・バ行 です。

 くちびるの運動になって、よいように思います。

  そして、もう一つ効果が・・・こうした発声練習を積み重ねると、なんとフェイスラインがすっきりとしてくるのです。

 えっ、その割にはムーミンパパのフェイスラインは・・・というまなざしが痛くて、あまり申し上げないことにしていますけれど (^_^;

0009

  いかがでしょうか。「口が軽い」というと、別の意味になってしまいますが、綺麗で明瞭な発音をするのには、やはり眺めているだけでなく、実際に声を出してみることが大切です。

  音楽療法の立場から申しますと、一日一曲朗々と歌うと、その積み重ねは大きな宝となって現れてきます。 

  ただし、音楽療法に副作用はない という意見には、一つだけ留意事項が御座います。  静寂が好きな方には、時と場所をわきまえない歌声は、騒音公害になってしまうということです。 そのことだけ、ご配慮ください。

  今日も、良い日となりますように。

  明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

忘却と認知症

 この時期、忘年会を梯子しているかたもおありかもしれません。忘年会と趣旨は異なりますが、認知症は忘れない方がよいことも記憶が呼び出せなくなるのですね。

12月25日(火)の岐阜新聞朝刊の記事を引用掲載させていただきます。 0004

 リンゴとトマトが認知症の予防によいと結び近くに書かれています。 このことは私には新鮮でした。

 内藤記念くすり博物館は、各務原市川島町にあり、入場料無料で豊富な資料を見ることができます。

  薬草園も見学出来ます。

  関心のある方は、機会を作ってお出かけください。

  この川島町立の中学校に勤務したことがありますのでPRも兼ねて掲載させていただきました。

  今日も健康で よい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

目薬のさし方

0017  ことわざに「二階から目薬」とありますが、もちろん、ご存じのとおり、そうしなさいということではありません。

  緑内障予防のため、眼圧を下げる目薬を処方していただいている目医者さんの待合室に「ゲンコツ法」と「アカンベー法」が掲示されていましたので、撮影させていただきました。

  幸い、眼圧の状態が低い数値で安定していますので、「少し、弱めの薬に」と変えてくださいました。

  そのときに薬剤師さんが「少しドロッとしていますよ」とおっしゃいました。

  なるほど、ちょっとドロッとしていました。使い終わる時期が近づいたので、目医者さんのところに行き、使用感など申し上げましたら、「こちらの薬にしましょうか。少し沁みますけれど、効果はほぼ同じだと思います」と目医者さん。

 新しい薬をいただいての帰り道で気がつきました。前の薬についての「少しドロッとしていますよ」 今度の薬の「少し沁みますけれど」 ・・・は、どちらも効能書きを読んだだけの言葉ではなく、目医者さんを初め、薬剤師さん、職員の皆さんが体感しての言葉だろうと。

  この医院全体に、何かそう感じられる温かさがあるのですね。

  学校に勤めているとき、「自分の子を通わせたい学校」を目指しました。 安全点検も、「我が家だったら、この状態にしておくだろうかという目でしっかり確かめましょう」と目指しました。どれだけ、それが実現できたかというと自信がありませんけれど。

  今日も、家族、周囲の方と心を合わせて、ぬくもりを発信できますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

発音練習 カ行・ガ行

0019 

  「小学生じゃ あるまいに」とお思いの方もおいでになるかも知れませんが、プロのアナウンサーも、基本的な発音練習や腹筋運動などを欠かさないそうです。

  最近、ピアノに向かって練習していて、今更ですが、「あっ、この練習は指にこの曲を覚えさせるためにしているんだなぁ」と気がつきました。 しばらく弾かない曲を弾こうとすると頭ではなく指が迷う そんな感覚が生じたのです。

  あるチェリストは「耳を育てるために練習します」とラジオで語っていました。

 頭脳 眼 耳 指 筋肉 呼吸 ・・・ 練習は思わぬところも含めての総合的な連携をとってのコラボレーションなのでしょうね。

 すみません。 もし、よろしければ、生活の中に 歌ったり 発声練習したりする 健康時間を どうぞ。 元気なあなたに いつかお目にかかれたら嬉しいですから。

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ、お出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

口の運動 ナ行

 NHKの「今日の健康」テレビテキストから、今回は「ナ行」の練習です。

拝借させていただき、ありがとうございます。

0017
  目で読むだけでなく、実際に声を出して読んでみましょう。 手間を掛けることは、それだけのメリットがあることを感じます。

  たとえば、筆記用具を持って、文字を書くことは手間が要りますけれど、いろいろな筋肉を参加させるので、記憶にも留まりやすくなります。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

目医者さんの掲示板から

0009 目医者さんの待合室にこんな掲示がありました。

 狼とおばあさんが赤ずきんちゃんの視力低下を心配しているポスター ・・・

 それぞれの立場を越えて、一緒になって気遣っているところが なんとも言えませんね (^J^)

 秀逸だと思いました。

 読書の秋ですが、照明、姿勢など気をつけましょうね。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧